私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« The Lure Of Beauty/Gary Smulyan Quintet | トップページ | From Kirk To Nat/Kirk Lightsey Trio »

2005/07/16

Drum Ode/Dave Liebman

1046
Drum Ode/Dave Liebman(Ss, Ts, Afl)(ECM 1046) - Recorded May 1974. Richard Beirach(P), Gene Perla(B), John Abercrombie(G), Jeff Williams(Ds), Bob Moses(Ds), Patato Valdez(Per), Steve Satten(Per), Barry Altschul(Per), Badal Roy(Per), Collin Walcott(Per), Ray Armando(Per), Eleana Steinberg(Vo) - 1. Goli Dance 2. Loft Dance 3. Oasis 4. The Call 5. Your Lady 6. The Iguana's Ritual 7. Satya Dhwani (True Sound)

参加メンバーで分かる通り、パーカッションが前面に出たアルバム。ECMとは思えないほどに元気あふれるパーカッシヴなサウンド。1曲目は派手なパーカッションをバックにデイヴ・リーブマンのナレーションが入る短い30秒ほどの曲。1曲目はやはり全開のパーカッションの上を走るテナー・サックスとエレキ・ピアノとエレキ・ベース。3曲目で女性ヴォーカルが聴けるややリラックスした曲に。4曲目もドラム(パーカッション)のみをバックにしたエコーを効かしたサックス。5曲目はジョン・コルトレーンの曲で、比較的静かながらエレクトリックで、アフリカの香りがするパーカッション。6曲目は10分台の曲で、当時のエレクトリックなジャズの影響も。7曲目はギターやタブラの響きもエキゾチックな渋い曲。(99年10月1日発売)

« The Lure Of Beauty/Gary Smulyan Quintet | トップページ | From Kirk To Nat/Kirk Lightsey Trio »

ECM1001-1050番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

今のECMからすると規格外、ですが、素晴らしい内容ですね。当時は十分アリの音だった、と思います。この方面も頑張って欲しかったなあ、と改めて思いました。

>kenさん

TBどうもありがとうございます。

自分のアルバムコメントを見るとやたらパーカッションと書いてますが、それだけそこにインパクトが強かったんだろうと思います。このアルバム、それでも本国で遅れながらもCD化されているところを見ると、まだこういうアルバムはアイヒャーも振り返られるのかな、と思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60514467

この記事へのトラックバック一覧です: Drum Ode/Dave Liebman:

» [ECM1046] Dave Liebman: Drum Ode (1974) 時代の音を素晴らしく昇華させた [Kanazawa Jazz days]
 この数週間、ロシアのメロディア盤に心奪われ、時間が空いた。ECMへの興味を失った訳ではないが、勢いは削がれた。静謐系については。でも、当時のECMは必ずしも静謐系のレーベルではなかったと、気持ち整え、ECM聴き再開。  このアルバムの録音はニューヨーク。メン...... [続きを読む]

« The Lure Of Beauty/Gary Smulyan Quintet | トップページ | From Kirk To Nat/Kirk Lightsey Trio »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メールアドレス

友人が運営しているサイト