私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Belonging/Keith Jarrett | トップページ | Ring/The Gary Burton Quintet with Eberhard Weber »

2005/07/21

Captain Marvel/Stan Getz

Stancaptain
メンバーからしてもけっこう売れそうなのに、まだ国内盤CDが発売されたことのない1枚。今回は3曲ものボーナストラックがついて輸入盤で再発されています。これを機会に買ってみましたが、チック・コリアのエレキ・ピアノに、スタンリー・クラークのベース(アコースティック)、そしてトニー・ウィリアムスのドラムス、アイアート・モレイラのパーカッションと、何だかスゴいことになっていますね。ほとんどがチック・コリアの作曲なのも、何か契約関係でこうなってしまった、というような感じもしますが。まあ、当時のクロスオーヴァーの出はじめのサウンド、あるいはリターン・トゥ・フォーエヴァーの延長線上のサウンドと言えなくもなく、そういう関係が好きな方はソンはないんじゃないかな、と思います。


Captain Marvel/Stan Getz(Ts)(Columbia/Legacy)(輸入盤) - Recorded March 3, 1972. Stanley Clarke(B), Chick Corea(Key), Airto Moreira(Per), Tony Williams(Ds) - 1. La Fiesta 2. Five Hundred Miles High 3. Captain Marvel 4. Times Lie 5. Lush Life 6. Day Waves 7. Crystal Silence 8. Captain Marvel 9. Five Hundred Miles High

(05/07/13)7-9曲目がボーナストラック。1-4曲目がチック・コリア作、6-7曲目が彼と他の人との共作なので、チック・コリアのリーダー作としてもいいアルバム。メンバーもスゴいし演奏もスゴい。ピアノはエレキ・ピアノ。スタン・ゲッツも、もちろん良し。特に1-2曲目は有名な曲で、1曲目から丁々発止のアップテンポでのやり取り。8ビートを中心として、時にラテンビートへと変幻自在に盛り上がっていく2曲目、心地良くアップテンポ、かつスリリングに展開していくラテン系のタイトル曲の3曲目、ちょっとほのぼのすると思ったらすぐに盛り上がり、粘りのあるラテンになる4曲目、バラードでホッと一息の5曲目、静かからはじまるもののボッサやラテンで中盤で盛り上がる6曲目、かなり静かで、この編成では珍しい曲の7曲目。

« Belonging/Keith Jarrett | トップページ | Ring/The Gary Burton Quintet with Eberhard Weber »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/4954650

この記事へのトラックバック一覧です: Captain Marvel/Stan Getz:

« Belonging/Keith Jarrett | トップページ | Ring/The Gary Burton Quintet with Eberhard Weber »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メールアドレス

友人が運営しているサイト