私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« ハンドフル・オブ・ソウル/ダスコ・ゴイコヴィッチ | トップページ | ザッツ・ホワット・アイ・セイ/ジョン・スコフィールド »

2005/06/21

Piano Improvisations Vol.1/Chick Corea

1014
Piano Improvisations Vol.1/Chick Corea(P)(ECM 1014) - Recorded April 21 and 22, 1971. - 1. Noon Song 2. Song For Sally 3. Ballad For Anna 4. Song Of The Wind 5. Sometime Ago, Where Are You Now? -A Suite Of Eight Pictures- 6. Picture 1 7. Picture 2 8. Picture 3 9. Pitcure 4 10. Picture 5 11. Picture 6 12. Picture 7 13. Picture 8

全曲彼のオリジナルですが、タイトルからすれば当然(?)。端正なピアノのフレーズはやっぱり美しく、彼の個性があったからこそ成立したピアノの世界。これがジャズかどうかは議論の分かれるところ。でも、メロディアスなフレーズの曲ばかり で、正面から向き合うというよりは、自然に耳に入ってくる聴き方の方が合う気もします。インプロヴィゼーションとはいえ、ここではゴリゴリのフレーズではなく、あたかも作曲されたものを演奏しているような雰囲気。本当に美しい1曲目、哀愁の漂うスパニッシュな2曲目、淡々と語りかけてくるような3曲目、ジャズのノリの片鱗をうかがわせる4曲目、8分台のドラマチックな展開の5曲目。そして7曲目からは「8枚の絵の組曲」で、小品を8曲組み合わせた、色彩感覚豊かな展覧会。

« ハンドフル・オブ・ソウル/ダスコ・ゴイコヴィッチ | トップページ | ザッツ・ホワット・アイ・セイ/ジョン・スコフィールド »

ECM1001-1050番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

度々、お騒がせしています。
この14番はまがうことなくECMサウンドですね。素晴らしいです。
さてガルバレクのafric pepperbirdは過渡期なんで、どんな感じで変容するのか楽しみで、再び過去から聴き進みます。

>kenさん

TBどうもありがとうございます。

久しぶりに番号順にホームページを眺めたところ、このアルバムでECMのサウンドや方向が固まったかのように見えますね。チック・コリアとECMの相性もかなりいいので、気に入っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60514518

この記事へのトラックバック一覧です: Piano Improvisations Vol.1/Chick Corea:

» [ECM1014] Chick Corea: Piano Improvisations Vol. 1 (1971) 1971年のチック [Kanazawa Jazz days]
[1月7日 記載]   ECMのLPレコードを買い続けて、2年くらいになる。気がつくと200アルバムを突破していた。LPレコードなので1980年代の後半まで。カタログ上は約500枚くらいのレコードがあるような感じなので、直に半分くらいまでいきそうだ。特に1000番代、1100番代...... [続きを読む]

« ハンドフル・オブ・ソウル/ダスコ・ゴイコヴィッチ | トップページ | ザッツ・ホワット・アイ・セイ/ジョン・スコフィールド »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メールアドレス

友人が運営しているサイト