私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Simplicitas/Edward Simon | トップページ | Afternoon Of A Georgia Faun/Marion Brown »

2005/06/13

Paul Bley With Gary Peacock

1003
Paul Bley(P) With Gary Peacock(B)(ECM 1003) - Recorded April 13, 1963 and May 11, 1968. Paul Motian(Ds), Billy Elgart(Ds) - 1. Blues 2. Getting Started 3. When Will The Blues Leave 4. Long Ago And Far Away 5. Moor 6. Gary 7. Bigg Foot 8. Albert's Love Theme

’63年当時でオーネット・コールマンの曲を2曲取り上げている点や、スタンダードも1曲あります(4曲目)が普通のジャズのようでいて妙にフレーズが引っかかる点など、個性は当時から強いです。 他にポール・ブレイ、ゲイリー・ピーコックや、アーネット・ピーコック作の曲があります。音質重視のECMでは珍しく、2つのセッションの音が違います。ポール・モチアンは’63年録音の1-5曲目に参加。1、3曲目のオーネット・コールマンの曲は、当時なら新しいけどもこんなものかな、納得、という感じ。彼なりのリリシズムあふれる2曲目、当時としては進んでいたと思える演奏の5曲目。’68年録音の6-8曲目の方が、深みを帯び、凄みさえ感じさせます。そんな中で7曲目は比較的オーソドックスな展開。 (00年9月23日発売)

« Simplicitas/Edward Simon | トップページ | Afternoon Of A Georgia Faun/Marion Brown »

ECM1001-1050番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

音の悪いECMですね。ブレイの私家録音なのでしょうか。
面白いのは、そこに(多分)イコライズして、ECMサウンドにしていること。驚きます。
演奏自体は苦手のブレイのなかでは好きな方。
彼は短い曲のほうが良い、と思い出しました。

>kenさん

TBどうもありがとうございます。

確かに音はちょっとなんですが、昔からアイヒャーはイコライジングのつまみだけはマスター時には手放さなかったとも聞いています。こういう録音がこういう形で出てくれて、うれしいと思ったこともありました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60514540

この記事へのトラックバック一覧です: Paul Bley With Gary Peacock:

» [ECM1003] Paul Bley With Gary Peacock (1963, 1968) 録音はよくないECMサウンドの源流 [Kanazawa Jazz days]
 Just Musicのあとに聴くと、正直ほっとする。まさにECMサウンドの源流。例のジミー・ジェフリー3に参加していたのがブレイとスワローだから、当然といえば当然。なかなかゲテモノ感がある最初期のECMなのだけど、これが中心のストライク、だろう。  ボクは、ブレイ自...... [続きを読む]

« Simplicitas/Edward Simon | トップページ | Afternoon Of A Georgia Faun/Marion Brown »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

メールアドレス

友人が運営しているサイト