私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« America!/ジョー・チンダモ・トリオ | トップページ | ブラッシュ/スーシ・フィルドガード »

2005/06/04

Paradiso - The Joy Of Film Music/ジョー・チンダモ

Joeparadiso
澤野工房がPromenadeシリーズというのをはじめて、おなじみのミュージシャンのちょっと変わった局面を見せるということらしいのですが、その第1弾はジョー・チンダモの映画音楽集。そして今回プラ・ケースなのも澤野工房にしてはちょっと異色です。内容はジャズというよりは、ジャズ、タンゴ、フレンチ、イージーリスニングなどが混ざったような、不思議な音世界。フリーのようなアグレッシヴなフレーズも一部には混ざりますけれど、大半が映画に通じるような落ち着いたサウンド。何よりも映画音楽のよく知っているメロディが耳に心地良いので、マニアよりは一般の方にウケるんではないかな、という気もしています。でも、主流派のジャズのサウンドではなくても、曲中に出てくるのはまさしくアドリブなんですね。ジョー・チンダモが何曲かでアコーディオンを弾いていますが、なかなかの味わい。


Paradiso - The Joy Of Film Music/ジョー・チンダモ(P、Accordion)(澤野工房)
Paradiso - The Joy Of Film Music/Joe Chindamo(P, Accordion)(澤野工房 JC001) - Recorded November 21 and 22, 2001. Geoff Hughes(G), Nigel McLean(Vln), David Beck(Ds), Matt Clohesy(B), Alex Pertout(Per) - 1. The Pink Panther 2. Cinema Paradiso Medley 3. The Good, The Bad And The Ugly 4. Borsalino 5. Goldfinger 6. James Bond Theme (Original Theme) 7. C'est Le Vent Betty 8. A Man And A Woman 9. The Godfather Waltz 10. Smile 11. The Devil's Playground 12. Amacord 13. Manha De Carnaval

ジョー・チンダモの映画音楽集。澤野工房の新シリーズでもあり、このアルバムはギターやヴァイオリンもいて楽器編成も少々変わっています。ジャズ的な局面もある程度はありますが、タンゴだったりフレンチだったりと、ちょっとジャズ色から外れたある種の哀愁を感じる場面も。有名な曲ばかりですけれど、それをヨーロッパ的なやや冷めた温度感で料理するものもあって、これが彼のピアノか、と思うかも。 アコーディオンの演奏もあり。そうかと思えば刃物で切れそうな11曲目があったり。6曲目などは抑え気味ではあっても十分にジャジーなのだけれども、やはり映画音楽的な渋さがあります。1曲目、8曲目、13曲目(これはスタンダードになってますが)は原曲のイメージも強く、それとアドリブとうまくブレンドされてます。 (05年5月25日発売)

« America!/ジョー・チンダモ・トリオ | トップページ | ブラッシュ/スーシ・フィルドガード »

ジャズ」カテゴリの記事

澤野工房」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/4352700

この記事へのトラックバック一覧です: Paradiso - The Joy Of Film Music/ジョー・チンダモ:

» 映画音楽って本当に良いものですね! [BOA NOITE !]
"America!"と同日に国内盤発売となったジョー・チンダモの映画音楽集"Pa [続きを読む]

« America!/ジョー・チンダモ・トリオ | トップページ | ブラッシュ/スーシ・フィルドガード »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メールアドレス

友人が運営しているサイト