私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Back Room Blues/Brian Lynch Quintet | トップページ | Musical Baton(ミュージカル・バトン) »

2005/06/24

Facing You/Keith Jarrett

1017
Facing You/Keith Jarrett(P)(ECM 1017) - Recorded November 10, 1971 - 1. In Front 2. Ritooria 3. Lalene 4. My Lady, My Child 5. Landscape For Future Earth 6. Starbright 7. Vapallia 8. Semblence

キース・ジャレットの、長い長い即興ソロ・ピアノ時代の幕開け的アルバム。まだ1曲がそれほど長くなく、タイトルもついていました。ピアノの音が他のアルバムと比べて人工的な感じも。豪快な8ビート・フォーク調の出だしから静かな場面へと変わっていく10分台の1曲目は将来への予感。緊張感のある耽美的なフレーズが紡ぎ出されるバラードの2曲目、フォーク調に淡々と、時に素早くメロディを綴っていく3曲目、家族の事を想って演奏されたと思われる美しい4曲目、心象風景を表現しているかのような比較的ゆったりした5曲目、星のきらめきが感じられる6曲目、ゆったりとした左手の上を舞う右手の7曲目、メロディと伴奏が絡み合って聞こえてくる8曲目。全体を通して、不思議なタイム感覚。(01年8月22日発売)

« Back Room Blues/Brian Lynch Quintet | トップページ | Musical Baton(ミュージカル・バトン) »

ECM1001-1050番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

キースの原点みたいなアルバムですね。後年の神がかった部分を削いだ、彼の根っこを聴いているような気がします。その意味で、物足りない部分もありますが、作曲行為の密度も高く、いいアルバムだなあ、と思います。

>kenさん

TBどうもありがとうございます。

自分の中で、このアルバムは微妙で、ECMでのソロの幕開け的アルバムですけど、気持ち的にはケルンやソロ・コンサートの方に向かってしまったりしています。ただ、ここが起点なのかな、と思ってはいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60514514

この記事へのトラックバック一覧です: Facing You/Keith Jarrett:

» [ECM 1017] Keith Jarrett: Facing You (1971) 素朴なfolk songs [Kanazawa Jazz days]
きっと怒濤のようだった、に違いない1971年。このアルバムもオスロでの録音。当時、マイケル・ヘンダーソンを含むマイルス・バンドの一員(つまりファンク時代に突入)であったキースが吹き込んだはじめてのソロ・ピアノ。ソロ・ピアノ、と書いたのは、vortexでソロ・多...... [続きを読む]

« Back Room Blues/Brian Lynch Quintet | トップページ | Musical Baton(ミュージカル・バトン) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メールアドレス

友人が運営しているサイト