私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« バイ・バイ・ブラックバード/ケヴィン・レトー | トップページ | Time Within Time/Marc Copland »

2005/06/18

Ballads/Paul Bley

1010
Ballads/Paul Bley(P)(ECM 1010) - Recorded March and July 1967. Gary Peacock(B), Barry Altschul(Ds), Mark Levinson(B) - 1. Ending 2. Circles 3. So Hard It Hurts

1曲目がゲイリー・ピーコック(B)、バリー・アルトシュル(Ds)とのトリオで、2-3曲目がマーク・レビンソン(B)、バリー・アルトシュル(Ds)とのトリオ。すべてアーネット・ピーコックの曲ですが聴いた感じではフリー ジャズです。ECMがスタートする以前の録音なので、サウンドはちょっといつものECMと違う感じもします。1曲目は抑制の効いたフリー・ジャズという面持ちで、比較的静かに3人のコラボレーションが展開していきます。何と17分台の大曲 です。1曲目から、何と「エンディング」というタイトル。2曲目は3分弱の小品ながら、静かな緊張感。3曲目はテンションを維持しつつ冷ややかに、3人の語り合いが淡々と進行していきます。 これまた12分台の長い作品。フリーなので聴く人を選ぶかもしれません。(00年9月23日発売)

« バイ・バイ・ブラックバード/ケヴィン・レトー | トップページ | Time Within Time/Marc Copland »

ECM1001-1050番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
設立から1年を超え、再び、「ジャズの室内楽」の原点に戻ったアルバムのように思います。
この原点から、どのような音を旋回するのか、楽しみになってきました。

>kenさん

2つのセッションの寄せ集めでも、あまり寄せ集めといった感じはなくて、統一感はあるように感じます。これも今はダウンロード・オンリーになっているのがちょっともったいないですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60514527

この記事へのトラックバック一覧です: Ballads/Paul Bley:

» [ECM1010] Paul Bley: Ballads (1967) pre-ECM期のECM [Kanazawa Jazz days]
 1963年および1968年に吹きこまれたブレイによるECM1003のアルバムの続編、といえるもの。 要は、pre-ECM期のECM。はっきりとは云えないのだけど、あとは後年のジミー・ジェフリーのアルバム(もとはVerve、これにもブレイ、スワローが入っている)くらいじゃないかな、p...... [続きを読む]

« バイ・バイ・ブラックバード/ケヴィン・レトー | トップページ | Time Within Time/Marc Copland »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メールアドレス

友人が運営しているサイト