私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« アゲインスト・ザ・クロック/アラン・ホールズワース | トップページ | イン・フラックス/ラヴィ・コルトレーン »

2005/05/08

With A Song In My Heart/トヌー・ナイソー・トリオ

Tonuwitha
澤野工房ともクサレ縁になってしまって、とにもかくにも澤野工房、SKETCHの新譜が出たら買う、ということになってしまっています(笑)。実を言うと私は異端系のジャズの方が好きなのですが、SKETCHはともかく、澤野工房は堂々とこういう王道系のピアノトリオを出してくるわけです(笑)。でも、このトヌー・ナイソーはウラジミール・シャフラノフあたりのピアニストのように、何か聴く人をひきつけるものを持っていて、一般の方にはけっこう売れるんではないのかな、と思います。ヨーロッパ的な音で、繊細かと思えば結局盛り上がってしまう曲が多かったりして、不思議なバランス感覚を持っている人です。9曲目はゆったりしたバラードなのですがそこにパラパラ、キラキラと速いパッセージを時々持ってくるのが印象的でした。


With A Song In My Heart/トヌー・ナイソー(P)・トリオ(澤野工房)
With A Song In My Heart/Tonu Naissoo(P) Trio(Atelier Sawano AS046) - Recorded February 20 and 21, 2003. Jorma Ojanpera(B), Petteri Hasa(Ds) - 1. Isn't It Romantic 2. My Favorite Things 3. You Are Too Beautiful 4. With A Song In My Heart 5. Spring Is Here 6. Things Ain't What They Used To Be 7. Close Your Eyes 8. Con Alma 9. In The Wee Small Hours Of The Morning

トヌー・ナイソー・トリオ。全曲スタンダード。エストニア出身のエキゾチックな雰囲気は希薄で、美しいピアノでやや繊細な部分もありますが、反面元気な部分も多くスウィング感もなかなか。ミキシングも含め、売れセンのトリオか。場面場面で、エンターテイナーとしての魅力も感じられる1曲目、抑えるところは抑えながらも盛り上がってエネルギーがこぼれ出す場面も多い2曲目、ヨーロッパ的な陽性のサウンドでせまってくる3曲目、メランコリックなワルツでメロディアスに聴かせるタイトル曲の4曲目、ここではじめて顔を出すしっとり系の5曲目、ブルース進行を豪快で楽しく演奏している6曲目、やや綾織り系で渋めに盛り上がっていく7曲目、ゆったりはじまっても盛り上がってしまう8曲目、じっくりと味わうようなバラードの9曲目。(05年4月20日発売)

« アゲインスト・ザ・クロック/アラン・ホールズワース | トップページ | イン・フラックス/ラヴィ・コルトレーン »

ジャズ」カテゴリの記事

澤野工房」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/3977356

この記事へのトラックバック一覧です: With A Song In My Heart/トヌー・ナイソー・トリオ:

« アゲインスト・ザ・クロック/アラン・ホールズワース | トップページ | イン・フラックス/ラヴィ・コルトレーン »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メールアドレス

友人が運営しているサイト