私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« イン・フラックス/ラヴィ・コルトレーン | トップページ | On A Misty Night/Peter Leitch Trio »

2005/05/12

Royal Ballads/Clifford Jordan Quartet

1025
またまたCriss Crossレーベルに戻ってきました。順番聴き復活。今日はクリフォード・ジョーダンです。彼のテナーはこのアルバムでは優しいメロディが多いのですが、テナーかアルトかと思うほどに、通常使用している音域が高めなのです。メカニカルで高め、というミュージシャンは多いのですが、そういう意味では私の好みに近い、印象的な音色で吹いてくれています。ただ、やっぱりこのレーベルの前期はスタンダードが多め。オリジナルをリーダー作にたくさん入れるCDが多くなるのは、もう少し後の時代になってから。彼のこのレーベルでのリーダー作、参加作品はこれで最後になります。


Royal Ballads/Clifford Jordan(Ts) Quartet(Criss Cross 1025)(輸入盤)- Recorded December 23, 1986. Kevin O'connell(P), Ed Howard(B), Vernell Fournier(Ds) - 1. Lush Life 2. Pannonica 3. Royal Blues 4. Little Girl Blue 5. Armando 6. Don't Get Around Much Anymore 7. Everything Happens To Me 8. 'Round About Midnight

(05/05/08)Clifford Jordan作は3曲目、ドラムス作が5曲目。あとはスタンダードやジャズメン・オリジナル集。タイトル通りにバラードの曲が多い。サックスの高音部の多いクリアな音質が、優しく、爽やか。メロディアスで包み込むように語りかけてくる、ある程度のノリもある1曲目、セロニアス・モンクの曲を艶のあるサウンドで、ややスローな4ビートと共に語りかけてくる2曲目、現代的なコード進行の部分もあるゆったりしたブルースの3曲目、しっとり系のサックスで軽やかにメロディを奏でていく4曲目、やや軽めのリズムで時にフワリとしたサックスの演奏の5曲目、デューク・エリントン作をミディアムの4ビートで奏でていく6曲目、優しい曲をやはり柔らかく演奏する7曲目、期待通りのおなじみ「ラウンド・ミッドナイト」の8曲目。

« イン・フラックス/ラヴィ・コルトレーン | トップページ | On A Misty Night/Peter Leitch Trio »

Criss Cross1001-1050番」カテゴリの記事

Criss Crossレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/4038325

この記事へのトラックバック一覧です: Royal Ballads/Clifford Jordan Quartet:

« イン・フラックス/ラヴィ・コルトレーン | トップページ | On A Misty Night/Peter Leitch Trio »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メールアドレス

友人が運営しているサイト