私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Mixed Bag/Jim Snidero Quintet | トップページ | Communications/Steve Nelson Quartet »

2005/05/25

'Bout Time/Mike LeDonne Quintet

1033
Criss Cross順番聴き3日目。今日はマイク・ルドンのリーダー作ですけれど、最近ではハモンド・オルガン奏者としての方が目立っているような気がします。このアルバムではピアノ専業。なかなかピアノもいいフレーズを弾くのですが、ここではオーソドックスなジャズのイメージに、フレーズ、作曲共に近いような気がしました。もちろん8曲目のような今っぽい曲もありますが。フロント陣がトランペットとバリトン・サックスという変わった編成で、トム・ハレルのトランペットももちろん良いのですが、Gary Smulyanがバリトン・サックスをブリブリ言わせてけっこう速いフレーズを吹きまくっていて印象に残りました。レーベル自体の参加ミュージシャンはこの時代には若手中心に移りつつあります。


'Bout Time/Mike LeDonne(P) Quintet(Criss Cross 1033)(輸入盤)- Recorded January 11, 1988. Tom Harrell(Tp, Flh), Gary Smulyan(Bs), Dennis Erwin(B), Kenny Washington(Ds) - 1. Boo's Blues 2. Minor Contention 3. All Too Soon 4. Olla Padrida 5. Why Was I Born 6. Kelly's Gait (Take 2) 7. B.P. Bossa 8. Jay Street 9. 'Bout Time

(05/05/24)全9曲中Mike LeDonneは6曲作曲。彼はここではピアノ専業で、オリジナルが多い割にはけっこうオーソドックスなジャズを演奏しています。クインテットでもバリトン・サックスがスパイス効果があります。1曲目はいわゆるブルースの中で、小気味良いフレーズを聴かせています。ハンク・ジョーンズ作のアップテンポでスリリングなテーマを持つ2曲目、デューク・エリントン作の味わい深いゆったりしたバラードの3曲目、やや憂いを帯びたラテン調で変化に富む4曲目、心もち軽い感じでメロディアスなスタンダードの5曲目、じっくりとしたテンポでブルージーにせまる6曲目、やや元気のあるボッサ調の曲で渋い7曲目、アップテンポで直線的なテーマと一球入魂のアドリブの8曲目、さわりだけ(1分弱)のタイトル曲の9曲目。

« Mixed Bag/Jim Snidero Quintet | トップページ | Communications/Steve Nelson Quartet »

Criss Cross1001-1050番」カテゴリの記事

Criss Crossレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

おじゃまします。某所の足跡たどってみたら、なんと!あの
http://homepage3.nifty.com/kudojazz/
のオーナーさんでいらっしゃいましたか!
「ジャズCDの個人ページ 」ディスコグラフィーではないとおっしゃいますが、間違いなく日本語でのJazzのレコード・CDの資料としては有数の情報量ではないでしょうか?以前からブックマークにいれてちょくちょく拝見しておりました。

M-Base(爆)ものすごく久しぶりにその言葉を見ました。

他のページで某所について「発言も場合によってはあまり多くなく、自分が欲しいようなディープな知識が得られにくい」とお書きになっておられますが、工藤さんがディープすぎます(巨爆)。ワタシはいろんな事情があって10数年間まったく音楽から離れておりましたが、その空白期間がなかったとしてもここまで新しいレコード聴いてたかなあ?とわが身を振り返ってしまいます。

オレも大好きだったベニー・ウォレスはともかく、スティーブ・コールマンなんてそれこそ20年近く聞いてない名前見つけて一瞬眩暈がしました。

>Koolpawさん

どうも、はじめまして。
某所とはMixiのことですね(笑)。最近、あちこちさまよっているので、足跡がベタベタついてしまいます(笑)。インプレッションズで「あまりディープでない」という書き方をしてしまいましたが、実はコミュニティによってはディープなところもあって、それも楽しみのひとつです。私は50ヶ所以上コミュニティの参加登録をしているのですが、全部は見きれませんし、まだまだ面白そうなところが、あるかもしれません。

ホームページやここBlogにもご訪問ありがとうございます。数年前まではディスコグラフィー化はあまり意識していなかったのですが、最近は輸入盤で、ミュージシャンによっては穴があいているところを集めたりしていますので、だんだん揃ってくるところもあるようです。今、Criss Crossレーベルにかかりっきりになっている部分が多いので、私自身M-BASEのアルバムを最近はほとんど聴いていないんですよ(笑)。

またよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/4261196

この記事へのトラックバック一覧です: 'Bout Time/Mike LeDonne Quintet:

« Mixed Bag/Jim Snidero Quintet | トップページ | Communications/Steve Nelson Quartet »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールアドレス

友人が運営しているサイト