私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Cotton/神保彰 | トップページ | SAKURA STAMP/矢野沙織 »

2005/04/05

Opalessence/Hod O'Brien Quintet

1012
最近、Hod O'Brienの「Live at Blues Alley」(Reservoir)がけっこう売れているようです。それについてはいずれ聴いてみたいと思いますが、ここではそれとは関係なく、’85年当時の録音の彼のCriss Crossでのアルバムを聴いてみました。廃盤ではないはずなのに市場になかなか出ておらず、やっとネットで北海道の古本屋さんで発見、今回は中古盤を購入。

何と言ってもここではペッパー・アダムスの存在感がスゴく、あのバリトン・サックスをブリブリ言わせながら、まさにテナー・サックスのような速いフレーズを曲によっては吹きまくっています。ホッド・オブライエンやトム・ハレルも、何曲かを除けばけっこうゴキゲンなバップを演奏している、という感じ。逆に現代な感覚を持っている曲はトム・ハレル作の2曲目。なかなかインパクトの強い組み合わせではありました。


Opalessence/Hod O'Brien(P) Quintet(Criss Cross 1012)(輸入盤・中古) - Recorded January 2, 1985. Tom Harrell(Tp, Flh), Pepper Adams(Bs), Ray Drummond(B), Kenny Washington(Ds), Stephanie Nakasian(Vo on 5) - 1. Opalessence 2. Touchstone 3. Nits And Pieces 4. Joy Road 5. A Handful Of Dust 6. The Blues Walk 7. Detour Ahead 8. Joy Road (Take 1)

(05/03/30)Hod O'Brien作は1、3、5曲目。ベテランのペッパー・アダムスが参加していて、サウンドにやや重く、しかし明るめの彩りを添えています。1曲目のタイトル曲は哀愁含みのハードバップで、テーマ部の構成もちょっと変化に富んでいます。バリトン・サックスをソロでブリブリいわせているのが印象的。トム・ハレル作のちょっと乾いた風を感じさせるボッサ・タイプで後半ソロが盛り上がる2曲目、アップテンポで明るくメロディアスな、と楽しい感じかつ速めのソロで進む3曲目、速めのアンサンプルテーマで、ややアップテンポの「ジャズ」を聴かせる4曲目(8曲目別テイク)、唯一しっとり系のヴォーカルの入るバラードの5曲目、ゴキゲンな展開をしていくクリフォード・ブラウン作の6曲目、ほんのりしたスロー4ビート系の7曲目。

« Cotton/神保彰 | トップページ | SAKURA STAMP/矢野沙織 »

Criss Cross1001-1050番」カテゴリの記事

Criss Crossレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/3496873

この記事へのトラックバック一覧です: Opalessence/Hod O'Brien Quintet:

« Cotton/神保彰 | トップページ | SAKURA STAMP/矢野沙織 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メールアドレス

友人が運営しているサイト