私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« シルヴァー・レイン/マーカス・ミラー | トップページ | Opalessence/Hod O'Brien Quintet »

2005/04/04

Cotton/神保彰

Jimbocotton
昔、友人からこのCDをドライブ中(だったかな?)に聴かされたことがあって、中身は良く知っているCDでした。神保彰のCDが3月9日に5枚再発されましたけれど、これはそのファーストアルバム。これらのソロ・アルバムが入手困難になってから久しく、今回の再発を待っていた人はけっこういたらしいです。

このアルバムは全曲ヴォーカル入りで、しかも歌っているのはあのL.A.ヴォイセス。神保彰の名前を知らなくても、曲や歌がけっこういいので、聴いてみる価値アリです。じっくり聴いてもいいし、BGMにも向いています。発表されてから20年近くが経っているとは思えないほど、ポップで都会的な、今っぽいフュージョンアルバムです。


Cotton/神保彰(Ds)(Tokuma Japan)
Cotton/Akira Jimbo(Ds)(Tokuma Japan) - Released 1986. Abraham Laboriel(B), Don Freeman(P), Greg Phillinganes(P), Paul Jackson Jr.(G), Carlos Rios(G), Paulinho Da Costa(Per), L.A. Voices: Sue Rainey(Vo), Melissa Mackay(Vo), John Bahler(Vo), Michael Redman, Jr.(Vo), Gene J,merino(Vo), Med Flory(Vo), Rick Brown(Tp), Walt Fowler(Tp), Bluce Fowler(Tb), Brandon Fields(Sax, Fl), Bryan Parris(Steel Ds), Clayton Haslop(Vln), Arthur Zadinsky(Vln), Sid Page(Vln), Larry Corbett(Cello) - 1.Red Lotus Man 2. Twilight Eyes 3. The Silent Road "Hellen" 4. After Midnight 5. The Light Around Us "Chris" 6. It's A Holiday 7. Blue Imagination 8. The Mood In The Melody 9. Hot Winter Night In The Valley

全曲神保彰の作曲で、英語の作詞は何人かの作詞家に依頼しています。ラテン風味のポップなサウンドで、全曲英語の歌詞付きのヴォーカルやコーラス。そして、メインとなるヴォーカリストはスー・レイニーをはじめとするL.A.ヴォイセス。どの曲も、すでに有名な曲だったのかな、と聴いていて思うほどにこなれていて、歌の素材も良ければその表現も良いということで、インパクトは強いです。そして、豪華な参加ミュージシャン。曲に合わせてドラムソロっぽい場面がちょっとある(4曲目)にしても、他はリズムキープに徹していて、なかなかいい感じに仕上がっています。割と元気な曲の中にまぎれて3、8曲目のようなバラードが入っていて、これまた分厚いコーラスに身を包み込まれるような雰囲気。アレンジもセンスよく、都会的。(05年3月9日発売)

« シルヴァー・レイン/マーカス・ミラー | トップページ | Opalessence/Hod O'Brien Quintet »

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/3495940

この記事へのトラックバック一覧です: Cotton/神保彰:

« シルヴァー・レイン/マーカス・ミラー | トップページ | Opalessence/Hod O'Brien Quintet »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メールアドレス

友人が運営しているサイト