私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« GENTLE HEARTS TOUR 2004/櫻井哲夫 | トップページ | Allegory/Adam Rogers Quintet »

2005/03/12

Mind Over Matter/Mark Shim

Markmind
デヴィッド・フュージンスキーの最近購入したCDが4枚あって、それらは紹介したのですが、ついでに寄り道をして、デヴィッド・フュージンスキーのページのアルバムコメントの5行化への修正をしてしまいました。その時のラストに残っていたのがこのアルバム。Blue Noteのジャズ作品なのに彼が参加しているのが不思議だったのですが、それもお互いにライヴやスタジオで交流があったということで数日前に氷解しました。それだけではなくてこのアルバム、ジェリ・アレンやラルフ・ピーターソンまで参加しているんですね。さすが、Blue Note。


Mind Over Matter/Mark Shim(Ts)(Blue Note) - Recorded February 19-20, 1997. Geri Allen(P), David Fiuczynski(G), Curtis Lundy(B), Eric Harland(Ds), Ralph Peterson(Ds, Tp) - 1. Arrival(Intro) 2. Mind Over Matter 3. Snake Eyes 4. Dumplin' 5. The Dungeon(Interlude) 6. Oveida 7. Crazy 8. The Chosen Ones 9. Remember Rockefeller At Attica 10. Mass Exodus (Outro)

24歳マーク・シムの初リーダー作で、全10曲中7曲が彼の作曲。人選もあって聴きごたえのあるアルバム。イントロの1曲目とアウトロの10曲目は小品。王道を行くややアップテンポのタイトル曲の2曲目は、いかにも現代ジャズらしい香りに満ちています。8分の6拍子でダイナミックに盛り上がっていく3曲目、ラルフ・ピーターソン作で、彼がトランペットも吹いているミディアムの4曲目、フリーの雰囲気の小品の5曲目、しっとりとしたスローなバラードの6曲目、やや複雑なテーマでアップテンポの7曲目、クァルテットの演奏の8曲目、チャールズ・ミンガス作のアップテンポの9曲目。ジェリ・アレンは1-8、10曲目に、デヴィッド・フュージンスキーは1-2、5-7、9-10曲目に、ラルフ・ピーターソンは4、6、8曲目に参加。

« GENTLE HEARTS TOUR 2004/櫻井哲夫 | トップページ | Allegory/Adam Rogers Quintet »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/3167729

この記事へのトラックバック一覧です: Mind Over Matter/Mark Shim:

« GENTLE HEARTS TOUR 2004/櫻井哲夫 | トップページ | Allegory/Adam Rogers Quintet »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メールアドレス

友人が運営しているサイト