私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Mind Over Matter/Mark Shim | トップページ | ディープ・ソング/カート・ローゼンウィンケル »

2005/03/13

Allegory/Adam Rogers Quintet

1242
Criss Crossレーベルはオーソドックスなジャズがメインですけれど、このアルバムのように現代的な、ある意味においてはトンガッているアルバムも出しています。アダム・ロジャースにクリス・ポッター、エドワード・サイモンのラインナップですと、バップフレーズは出てこないです。9曲目のようにアップテンポの4ビートでバリバリと盛り上がっても、その温度感が極めて低く、その感覚はアルバム全体を通して感じます。あるいは無機的、あるいは浮遊感覚。それでもこれが彼らのジャズなんですね。現代的。サウンドを例えていうならば、夜プールの上に木を渡して、その上を目隠ししながら歩いていく感覚、とでも言うのでしょうか(笑)。好みが分かれそうなアルバムですが、私は好き。


Allegory/Adam Rogers(G) Quintet(Criss Cross 1242)(輸入盤) - Recorded December 21, 2002. Chris Potter(Ts), Edward Simon(P), Scott Colley(B), Clarence Penn(Ds) - 1. Confluence 2. Phyrigia 3. Was 4. Genghis 5. Abgle Of Repose 6. Orpheus 7. Red Leaves 8. Cleveland 9. Purpose 10. Angle Of Ropose - Reprise

(05/03/08)全曲Adam Rogersの作曲。ギターのトーンはオーソドックスですが、フレーズは現代っぽいトンガリ系。けっこうバリバリくる場面も。ちょっと無機的なテーマで、途中からアップテンポでハードにせまってくる1曲目、モーダルな感じでエキゾチックな香りもして盛り上がる2曲目、ゆったりした浮遊感のあるメロディにまとわりつくギターの3曲目、ゆっくりしたテンポながらも妖しげな浮遊感のまま中盤にクライマックスがくる4曲目、インタールード的で静かなバラードの5曲目(リプライズで10曲目)、寒色系の情緒を持ちつつ不思議空間へと誘う6曲目、アコースティックギターでしっとり哀愁系バラードの7曲目、やや寒色系のサウンドとエキゾチックさが同居する8曲目、アップテンポの4ビートでも冷たくて彼ららしい9曲目。

« Mind Over Matter/Mark Shim | トップページ | ディープ・ソング/カート・ローゼンウィンケル »

Criss Cross1201-1250番」カテゴリの記事

Criss Crossレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

正直申しまして、最近作"Time & The Infinite"を初めて聴いたとき、なんで話題になっているんだろう?てな感じだったのですが、旧作を聴いてその疑問が完全に氷解しました(笑)


TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

>oza。さん

TBどうもありがとうございます。

アダム・ロジャース、けっこういいと思ったんですけれども、最近はちょっと内省的ですかねえ。

サイドにまわった時でもいいギタリストだと思うので、これからもどんどん活躍してほしいですよね。

こんにちは。
なんだか、昔のエントリーで恥ずかしいのですが。。
結構、芸風違いますねぇ。。
試行錯誤の時代モンです。

当時から、工藤さんのhp眺めていたと思います。
聴き直してみようと思ってます。
ロジャーズ、、かわいかったな。

>すずっくさん

TBどうもありがとうございます。

>結構、芸風違いますねぇ。。
>試行錯誤の時代モンです。

よし、これから見に行きます!!今のすずっくさんのブログの元なんで、研究しないと。

>ロジャーズ、、かわいかったな。

かわいい、、ですか? そう言われてみれば、そうかもです(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/3222253

この記事へのトラックバック一覧です: Allegory/Adam Rogers Quintet:

» Adam Rogers ALLEGORY [JAZZとAUDIOが出会うと。。。]
先日のApparitions(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/archive/2008/12/06)から、Adam Rgersづいてまして、この盤も中古で見つけたら、思わずレジに運んでいました。 メンツも、Apparitionsと同じで以下の通りでした。 Adam Rogers(G)、Chris Potter(Ts)、Clarence Penn(Ds)、Edward Simon(P)、Scott Coll..... [続きを読む]

» Allegory/AdamRogersQuintet [MySecretRoom]
リンク先で、AdamRogersの新譜がでたって、話題になっていました。げげ、新譜聴きたい、っていうより、トラバしようと思ったら、Allegoryの事まだ書いてないということに、気づいた。新譜... [続きを読む]

« Mind Over Matter/Mark Shim | トップページ | ディープ・ソング/カート・ローゼンウィンケル »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メールアドレス

友人が運営しているサイト