私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« 死ぬ時は別/Wha-ha-ha | トップページ | エゴ/トニー・ウィリアムス・ライフタイム »

2005/02/14

下駄はいてこなくちゃ/Wha-ha-ha

Whahahageta
今日はバレンタインデーなのですが、それには関係なく(笑)聴いた順にアルバムを紹介しています。昨日聴いたWha-ha-haのファーストアルバムが意外に真面目だったのですが、実は冗談のセリフや音楽がこちらのB面(CDなので5曲目以降)に凝縮されていました。懐かしいです。でも実は私は今までこのアルバムを聴いたことがなく、それなのになぜ内容を知っているかというと、中の歌や演説、セリフなどを良く覚えていた友人が昔いて(笑)、彼がいつも口ずさんでいたからだったのです。今考えると彼は驚くべき再現度だったですね。まあ、ジャズとかフュージョンのくくりからすると外れてしまうかもしれない内容なのですが、爆笑度も高く、そういう意味では面白いアルバムと言えるでしょうね。


下駄はいてこなくちゃ/Wha-ha-ha(Better Days)
Getahaitekonakucha//Wha-ha-ha(Better Days) - Recorded September and October, 1981. - 1.アカテレ 2.チック・タック 3.ノジャリ 4.敬老の日々 5.Part1 演説 6.Part2 Wha-ha-ha ラジオ劇場 7.Part3 Wha-ha-ha音頭 8.女でよかった

’81年録音。坂田明(As、Vo)、をしみわがお(小川美湖)(Vo)、千野秀一(Key)、神谷重徳(G、Syn)、村上”ポンタ”秀一(Ds)、仙波清彦(Per)、川端民生(B)。Wha-ha-haの2枚目の作品で、前半は比較的マジメ系フュージョンタッチ、当時のLPのB面にあたる5曲目以降の後半はギャグの連発。8曲目が不思議感のあるボーナストラック。荘厳にはじまったと思ったらオリエンタルなメロディのヴォーカルのポップスが聴ける1曲目、リズムが前半は中心で、後半はスペイシーなファンクの中にさまざまな音が通過する2曲目、ややスパニッシュなマイナーで哀愁を感じるメロディの3曲目、シンプルなビートをもとにしたフュージョンとも言える4曲目、5-7曲目は組曲になっていて、曲の上に基本はセリフや演説で爆笑モノですが、6曲目(何と13分台)にはタイトル曲の「下駄はいてこなくちゃ」が出てきたり、歌モノの場面も出てきて変化に富んでいます。印象深い言葉や曲が満載です。(05年1月26日発売)

« 死ぬ時は別/Wha-ha-ha | トップページ | エゴ/トニー・ウィリアムス・ライフタイム »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/2898288

この記事へのトラックバック一覧です: 下駄はいてこなくちゃ/Wha-ha-ha:

« 死ぬ時は別/Wha-ha-ha | トップページ | エゴ/トニー・ウィリアムス・ライフタイム »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メールアドレス

友人が運営しているサイト