私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Green Chimneys/Kenny Barron Trio | トップページ | フロム・レフト・トゥ・ライト/ビル・エヴァンス »

2005/02/22

The Master/Jimmy Raney Quartet

1009
アルバム発売当時でかなりのベテランギタリストだったのですが、まさに職人芸ともいえる音色やフレーズ。私なんかは現代色の濃い、個性的なギタリストばかりを普段聴いているので、たぶんフルアコの太い弦で、ここまで正攻法で演奏されるとやっぱりベテランは違うなあ、とも思ってみたり。何よりも現代のギタリストは個性でせまる分、昔のようなオーソドックスな歌うようなフレーズがなく、そういう点ではさすがジミー・レイニー、少々地味めながらもおいしいところを安心して聴かせてくれます。そんなギタリストです。クァルテットの編成なのも、ギター度が高く、マル。


The Master/Jimmy Raney(G) Quartet(Criss Cross 1009)(輸入盤) - Recorded February 16, 1983. Kirk Lightsey(P), Jesper Lundgaard(B), Eddie Gladden(Ds) - 1. The Song Is You 2. Billie's Bounce 3. Along Came Betty 4. Just One Those Things 5. It's Allright With Me 6. Lament 7. Tangerine 8. The Song Is You (Take 1) 9. Tangerine (Take 2)

(05/02/20)スタンダードやジャズメン・オリジナル集。クァルテットなので、ジミー・レイニーの明るめな流れるようなギターを堪能できます。メロディが流麗に流れていく、ややアップテンポのスタンダードの1曲目、チャーリー・パーカー作の印象的なテーマからミディアムでやはり腰も軽く演奏していく2曲目、ベニー・ゴルソン作のやはりミディアムでソフトな肌触りを持つ3曲目、速射砲のようにスピーディーなフレーズをこれでもかと繰り出してくるような、アップテンポでカッコ良い4曲目、歌いこむようなテーマで哀愁を感じつつも、そのメロディアスさに惹かれるものがある5曲目、J.J.ジョンソン作の、落ち着いていてしっとりと歌い上げていくようなバラードの6曲目、なかなかいい雰囲気でのソロやセッションを聴くことができる7曲目。

« Green Chimneys/Kenny Barron Trio | トップページ | フロム・レフト・トゥ・ライト/ビル・エヴァンス »

Criss Cross1001-1050番」カテゴリの記事

Criss Crossレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/3007842

この記事へのトラックバック一覧です: The Master/Jimmy Raney Quartet:

« Green Chimneys/Kenny Barron Trio | トップページ | フロム・レフト・トゥ・ライト/ビル・エヴァンス »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メールアドレス

友人が運営しているサイト