私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« ザ・ウェイ・アップ/パット・メセニー・グループ | トップページ | Green Chimneys/Kenny Barron Trio »

2005/02/19

インディラ/マイケル・ケイン

Michaelindira
マイケル・ケインって言うと、果たしてどれぐらいの人がご存知か、ちょっと自信がありません。以前、ジャック・ディジョネット・スペシャル・エディションにピアニストとして唯一参加したミュージシャンだと言えば、ああそうか、と思う人がいるかもしれませんが。タイプとしてはやはり頭で聴くようなピアニストかな、と思います。ベースでロニー・プラキシコも参加していますが、4ビートやジャズっぽいフレーズが出てこないので、やっぱりちょっとマニアックな人向けなのではないか、と思います。個人的には好きなんですけどね。久々のリーダー作がOnoffから出ましたが、ちょっと地味な印象もありますね。


インディラ/マイケル・ケイン(P、Key)(Onoff)
Indira/Michael Cain(P)(Onoff) - Recorded 2004. Lonnie Plaxico(B), Chris Vatalaro(Ds), Mike Gamble(G), Adam Platt(Key), Shane Endsley(Tp), Derek Lays(B) - 1. Murumba 2. Of The Morning Sun 3. Caracaayne 4. Indira Evening 5. Union 6. N'Dya's Question 7. Indira Prayer 8. Abla's Answer 9. 4 On 6 Inertia 10. Kojiri 11. Golliwog And Exile 12. Looking Away

全曲マイケル・ケイン作曲。53分で12曲と、けっこう凝縮されていて彼独特の香り。編成も曲によって違います。テーマ以外は静かに淡々と進む6拍子の1曲目、ソロ・ピアノで彼の心の内面の音世界を静かに表現する小品の2、8曲目、’70年代ジャズロックの趣きもあるエキゾチックな3曲目、エレキピアノでまさに日没後のような情景を呼び覚ます4曲目、ゆったりから徐々に盛り上がり、時折り鋭いピアノの5曲目、ベース・ソロの小品の6曲目、ドラムスがややせわしい中、スピリチュアルな流れを持つ7曲目、変拍子で攻めていきながらもやや抑制の効いている9曲目、静かな叙情的世界が広がる10曲目、ピアノとベースで提示される変拍子のフレーズが印象的な11曲目、ギターとのデュオで穏やかな12曲目。(05年1月26日発売)

« ザ・ウェイ・アップ/パット・メセニー・グループ | トップページ | Green Chimneys/Kenny Barron Trio »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/2910494

この記事へのトラックバック一覧です: インディラ/マイケル・ケイン:

« ザ・ウェイ・アップ/パット・メセニー・グループ | トップページ | Green Chimneys/Kenny Barron Trio »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メールアドレス

友人が運営しているサイト