私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« オッド・アンド・ブルー/ローラン・ド・ウィルド | トップページ | New Morning/Johnny Coles Quartet »

2005/02/07

Isotope/Kirk Lightsey Trio

1003
このところ忙しくて手をつけていなかったのですが、Criss Crossレーベルを番号順に聴いていく、ということにそろそろ取りかかりたいと思います。実は個人的にはこのレーベル、’90年代以降に録音された若手ミュージシャンのものが面白いと思っていて、それは番号でいけば1050番前後からかな、と考えます。ただ、初期の頃から手をつけていかなければレーベルの全貌が見えてこないので、順番にいくわけです。現在多少の抜けはあるものの、1031番まで手元にあります。ただ忙しいシーズンのこと、どこまで聴けるかは、やっぱり行き当たりばったりになるんだろうなあ、と思いつつ。


Isotope/Kirk Lightsey(P) Trio(Criss Cross 1003)(輸入盤) - Recorded February 14, 1983 and December 13, 1991. Jesper Lundgaard(B), Eddie Gladden(Ds) - 1. Isotope 2. Oleo 3. Pee Wee 4. Witch Hunt 5. A Monk's Dream 6. Little Daphne 7. I'll Never Stop Loving You

(05/02/05)ジャズメン・オリジナル集。ボーナス・トラックの7曲目のみ’91年録音のスタンダードで異色。演奏も選曲も男っぽいという感じのピアノ・トリオかと思います。ジョー・ヘンダーソン作の1曲目はメカニカルな雰囲気で、それでいて汗臭さを漂わせているピアノのフレーズ。速いテーマとアドリブでけっこう迫力満点に聴かせるソニー・ロリンズ作の2曲目、トニー・ウィリアムス作の8分の6拍子の個性的なメロディを漂わせている3曲目、ウェイン・ショーター作のちょっと淡い魔術的なサウンドに幻惑される4曲目、ジョニー・グリフィン作のミディアムでメロディアスな雰囲気の5曲目、ボッサ進行があったり4ビートになったりしつつ、やはり硬派なピアノを見せつけている12分台の6曲目、ソロ・ピアノでしっとり系のバラードの7曲目。

« オッド・アンド・ブルー/ローラン・ド・ウィルド | トップページ | New Morning/Johnny Coles Quartet »

Criss Cross1001-1050番」カテゴリの記事

Criss Crossレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/2814479

この記事へのトラックバック一覧です: Isotope/Kirk Lightsey Trio:

« オッド・アンド・ブルー/ローラン・ド・ウィルド | トップページ | New Morning/Johnny Coles Quartet »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メールアドレス

友人が運営しているサイト