私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« インディラ/マイケル・ケイン | トップページ | The Master/Jimmy Raney Quartet »

2005/02/20

Green Chimneys/Kenny Barron Trio

1008
レーベルの順番聴きもまた思い出したように復活します(笑)。Criss Crossレーベルは発足当初、LPのみの発売だったと思いますが、後からCD化されたものは未発表曲や別テイクが多くついているものが多いです。このアルバムも別テイク1曲、’87年になってからソロ・ピアノで録音したものを4、8-9曲目にちりばめていて、聴く時間は長くなっていいのだろうけれども、もともとのアルバムの方向性とは全然違ったものになってしまっているので、果たして別テイクや未発表曲をむやみやたらに入れるのもどうかと。

それでもさすがケニー・バロン、安定しています。ハイスピードで突っ走っていても余裕のある足回りを見せつけてくれ、やっぱり力量のあるピアニストは違うなあ、と思いました。ソロ・ピアノの時は基本的にストライド奏法。普段私はなかなか聴かないピアニストだったので、このアルバムを聴いて良かった、と思います。


Green Chimneys/Kenny Barron(P) Trio(Criss Cross 1008)(輸入盤) - Recorded July 9, 1983 and December 31, 1987. Buster Williams(B), Ben Riley(Ds) - 1. Softly As In A Morning Sunrise 2. Don't Explain 3. There Is Noe Greater Love 4. Skylark 5. Green Chimneys 6. Straight No Chaser 7. Time Was 8. When Lights Are Low 9. Morning Blues 10. Time Was (Take 2)

(05/02/20)ケニー・バロン作は9曲目のみで、スタンダード、ジャズメン・オリジナル集。彼のピアノが堪能できます。CDには’87年の録音が4、8-9曲目に混ざっていますが、そちらはソロ・ピアノ。1曲目はアップテンポでバリバリと飛ばし、これだけ弾きまくってくれると気持ちが良い。一転バラードでしっとりと聴かせてくれる2曲目、明るい4ビートでノリも良く、よく歌う11分台の3曲目、温かく、余裕を感じさせるバラードの4曲目、マイナー系で元気の良いモンク作のタイトル曲の5曲目、モンク作にしてはアクが少なく、バンバン飛ばす6曲目、大排気量の自動車のようにフレーズが速くても安心して聴ける7曲目、ストライド・ピアノのソロで明るくハネるように歌い上げている8曲目、じっくりとブルースを安定して聴かせる8曲目。

« インディラ/マイケル・ケイン | トップページ | The Master/Jimmy Raney Quartet »

Criss Cross1001-1050番」カテゴリの記事

Criss Crossレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/3004601

この記事へのトラックバック一覧です: Green Chimneys/Kenny Barron Trio:

« インディラ/マイケル・ケイン | トップページ | The Master/Jimmy Raney Quartet »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メールアドレス

友人が運営しているサイト