私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« ライヴ・イン・ジャパンVol.1-2/スティーヴ・キューン&スティーヴ・スワロウ | トップページ | カウンター・ポインツ/マッコイ・タイナー »

2005/01/10

ライヴ・アット・ザ・ジャズ・ベイカリー/デニー・ザイトリン&デヴィッド・フリーゼン

Dennudavid
デニー・ザイトリンは好きなピアニストのひとりですけれど、本業が精神科医ということもあって、あまりアルバムが発表されません。過去のアルバムの再発も少なめです。そんなわけで手元にあるのも数枚といったところ。サウンド的にはビル・エヴァンスに近いところに位置するのではないかと思いますが、ザイトリンはけっこう硬質な温度感の低いサウンドを持っていて、割と個性的なピアニストです。そんな彼が’96年に行ったベースとのデュオのライヴの演奏。原盤はIntuitionレーベル。日本ではAnother Side Of Jazzが出していますが、ここの会社、なかなかマニア好みでいい音源を出してくれます。今後が楽しみかも。


ライヴ・アット・ザ・ジャズ・ベイカリー/デニー・ザイトリン(P)&デヴィッド・フリーゼン(B)(Another Side Of Jazz)
Live At The Jazz Bakery/Denny Zeitlin(P), David Friesen(B)(Another Side Of Jazz) - Recorded May 10 and 11, 1996. - 1. Equinox 2. Nefertiti 3. Other Times, Other Places 4. Triptych 5. Epiphany 6. The Touch Of Your Lips 7. Upon The Swing 8. Goal In Mind

’96年のライヴ録音。全8曲中、デヴィッド・フリーゼンの曲が3曲(3、7-8曲目)、デニー・ザイトリンの曲が2曲(4-5曲目)。硬質な感じのピアノが好み。ジョン・コルトレーン作のブルースのような進行の抑制の効いた演奏が続く、ピアニストの性格の複雑さが分かるようなフレーズの1曲目、「ネフェルティティ」を前半勢いのあるアップテンポで、後半はミディアムで攻めていく2曲目、しっとりとしている綾織り系の色彩感覚のバラードである3曲目、カチッとしているけれどフリー一歩手前で硬質感の塊のような16分にも及ぶ4曲目、ガラスのようですがメロディが印象に残る5曲目、温かみのある唯一のスタンダードの6曲目、アップテンポで自由奔放にフレーズが飛び出してくる7曲目、パステル系のサウンドでメロディアスな8曲目。(04年12月15日発売)

« ライヴ・イン・ジャパンVol.1-2/スティーヴ・キューン&スティーヴ・スワロウ | トップページ | カウンター・ポインツ/マッコイ・タイナー »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/2467216

この記事へのトラックバック一覧です: ライヴ・アット・ザ・ジャズ・ベイカリー/デニー・ザイトリン&デヴィッド・フリーゼン:

« ライヴ・イン・ジャパンVol.1-2/スティーヴ・キューン&スティーヴ・スワロウ | トップページ | カウンター・ポインツ/マッコイ・タイナー »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メールアドレス

友人が運営しているサイト