私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« The Art Of The Trio Vol.1/Brad Mehldau | トップページ | Songs/The Art Of The Trio Vol.3/Brad Mehldau »

2005/01/04

Live At the Village Vanguard/The Art Of The Trio Vol.2/Brad Mehldau

Bradart2
アルバムコメントは、すでにあるアルバムの手直しと新規に聴いてアップすることを比較すると、やっぱり1度聴いてアップしたものを手直しする方がだいぶ楽です。新規に聴く方はまっさらの状態から音楽を聴いて文章をアップしていかなければならないものですから。そんなわけで、この正月休みはちょっといろいろやることがあり、コメント修正の方向でもやっています。

さて、ブラッド・メルドーのアルバムで、どのアルバムから彼らしいのか、という問題があります。彼はデヴュー直後からピアニストとしていい腕を持っていましたけれど、いわゆる自由奔放さ加減と右手左手の爆発度という点で見ると、ライヴの長尺な演奏ばかりを集めたこのアルバムは、間違いなくメルドー度が高いのではないかと思います。彼らしさという点ではオススメ盤かも。ジャジーに盛り上がるというよりも、昔のキース・ジャレットに近いような、自由なフレーズとタイム感覚を特性としています。完全に現代ジャズしてますね。


Live At the Village Vanguard/The Art Of The Trio Vol.2/Brad Mehldau(P)(Warner Bros) - Recorded July 29 - August 3, 1997. Larry Grenadier(B), Jorge Rossy(Ds) - 1. It's All Right With Me 2. Young And Foolish 3. Monk's Dream 4. The Way You Look Tonight 5. Moon River 6. Countdown

スタンダードやジャズメン・オリジナルを6曲、どれも10分以上の比較的長い演奏。ライヴなので 、ここでは力強く、緊張感があります。独特のタイム感を持っていて、普通なら流れをこわしてしまうような弾き方が、彼の場合絶妙なタイミングで演奏され、スリルあるフレーズになってしまいます。 自由なタイム感覚とフレーズ、ハーモニーで個性的な曲の表現をしている1曲目、出だしとラストのソロ・ピアノの部分は格調の高ささえ感じさせ、しっとり感漂うバラードの2曲目、モンクの風も意識しつつかなり独自のサウンドの3曲目、メロディアスながら自由でスピーディな部分もあるフレーズが魅力的で盛り上がる4曲目、実力の高さが示されている起伏のあるバラードの5曲目、ジョン・コルトレーンの曲を自在に展開する6曲目。

« The Art Of The Trio Vol.1/Brad Mehldau | トップページ | Songs/The Art Of The Trio Vol.3/Brad Mehldau »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/2450023

この記事へのトラックバック一覧です: Live At the Village Vanguard/The Art Of The Trio Vol.2/Brad Mehldau:

» Brad Mehldau / The Art of The Trio Vol.2, Live at the Village Vangard [CHILI CAN Blog @ teacup]
病院に行ってきた。 それは別に面白い話じゃないから、中古で掘り出し物のCDが見つかったことを書く。 病院とか食料の買出しを除けば、ぼくはほとんど出かけない。 ... [続きを読む]

« The Art Of The Trio Vol.1/Brad Mehldau | トップページ | Songs/The Art Of The Trio Vol.3/Brad Mehldau »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メールアドレス

友人が運営しているサイト