私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Introducing Brad Mehldau | トップページ | The Art Of The Trio Vol.1/Brad Mehldau »

2005/01/02

Details/David Kikoski Trio

1249
このアルバムのように、ベースがラリー・グレナディア、ドラムスがビル・スチュワートという組み合わせのジャズ・アルバムが最近増えているように感じますが、やっぱりこの2人は実力派なのでしょう。このメンバーでハズレのアルバムって、あまりありません。

ところで、最近ピアノ・トリオのアルバムが多いですけれど、美旋律系、メカニカル派、ゴリゴリ系、黒っぽいサウンド系などさまざま。ここでのデヴィッド・キコスキーはどこに当てはまるかというと、美旋律も少し抱合しながらメカニカルなサウンドで現代っぽく勝負しているという感じがします。決め手は5、7曲目にエレキピアノをあえて使っていることろ。個人的には最近のジャズばかり聴いているので、好みはスタンダードやジャズメン・オリジナルよりも、リーダーのオリジナルの配分が多い方が。そんなわけで、まわりに広めるよりは自分だけでそっと聴きたいCDの1枚になりました。と言いつつここに書いている自分(笑)。


Details/David Kikoski(P) Trio(Criss Cross 1249)(輸入盤) - Recorded December 18, 2003. Larry Grenadier(B), Bill Stewart(Ds) - 1. In Your Own Sweet Way 2. Detachment 3. 7/4 Ballad 4. Inner Urge 5. Juriki 6. Adorable You 7. K's Blues 8. Presage 9. Tag Blues

(04/12/31)David Kikoskiの作曲は9曲中7曲。鉄壁のリズム隊。曲によってはエレキピアノを使って今っぽいジャズをうまく表現しています。デイヴ・ブルーベック作の1曲目は、原曲を重視したかと思ったら、比較的自由に展開していって、結果、12分もの演奏。複雑なパッセージとリズムフィギュアで攻めてくるアップテンポの2曲目、タイトルの通り、ミステリアスな4分の7拍子のバラードの3曲目、ジョー・ヘンダーソン作だけれどもオリジナルにも聴こえる力強いサウンドの4曲目、エレキピアノで水彩画のような世界を展開する5曲目、哀愁漂う非旋律系のワルツの6曲目、やはりエレキピアノで現代的なブルースを弾く7曲目、しっとり系のバラードで切なさを誘う8曲目、熱く燃えつつもどこかクールなブルースを奏でている9曲目。

« Introducing Brad Mehldau | トップページ | The Art Of The Trio Vol.1/Brad Mehldau »

Criss Cross1201-1250番」カテゴリの記事

Criss Crossレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

>自分だけでそっと聴きたい1枚
を、意識せずに買ってしまいました。
しかも、コレッと指名買いというよりは
なんとなく手に取ったという感じが強かったのですが..
あたりをつかめてニンマリといった感じです。
TBさせていただきます。

>oza。さん

メールでのトラックバック通知には2度入っているのですけれど、こちらにはなぜかトラックバックが入ってませんね。昨日ニフティのメンテがあったので、トラブルか何かでしょうか。すいませんが、またトライしてみてください。

これは私もメンバーで迷わず買ったクチです(笑)。内容も、もちろん良かったでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/2428202

この記事へのトラックバック一覧です: Details/David Kikoski Trio:

» David Kikoski Trio Details [JAZZとAUDIOが出会うと...]
デビッドキコスキのクリスクロス盤 2003年の作品です。 これは、リズム隊買いです。そのリズム隊は、Larry Grenadier(B), Bill Stewart(Ds)です。 全9曲のうち、2曲を除いて、キコスキのオリジナルで固められています。 デビッドキコスキってピアニストの存在は知っていたのですが、過去にあまり印象にない(もしかしたら、 聴いていない、持っていないのかとも思いますが、ベーシストとドラマーは、言わずと知れたなので 安心して買ってこれました。(でも、これも安..... [続きを読む]

« Introducing Brad Mehldau | トップページ | The Art Of The Trio Vol.1/Brad Mehldau »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メールアドレス

友人が運営しているサイト