私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« アカペラ・クリスマス/マンハッタン・トランスファー | トップページ | ゲイリー・マクファーランド・オーケストラ・フィーチャリング・ビル・エヴァンス »

2004/12/07

ライヴ・イン・ジャパン2003/クルセイダーズ

Crusader2003
久しぶりのアルバムで、ウンウン、このノリ、このサウンドなんだよねーと思わせるグループのひとつ。若い頃にのめり込んだミュージシャンやグループって、良い悪いを超えて自分の血となり肉となってしまっているので、ただひたすらに何度もCDをかけて聴いていて、評価なんてどうでも良くなってしまいます。もっとも私の場合、評価しようと思って聴いているわけではなくて、やっぱりジャズやフュージョンを楽しみたいから聴いているわけなんですけれど。

ジョー・サンプルのエレキピアノは時に繊細になる部分もありますが、やっぱりこのグループはあまり洗練されているとは言えない骨太なサウンドが魅力。ミュージシャンが変わっても雰囲気がかなり出ているので、一度「今」のクルセイダーズのサウンドを「浴びて」みるのもいいのかも。


ライヴ・イン・ジャパン2003/クルセイダーズ(PRA)
Live In Japan 2003/The Crusaders(PRA) - Recorded October 6-11, 2003. Joe Sample(Key), Wilton Felder(Ts), Ray Parker Jr.(G), Steve Baxter(Tb), Freddie Washington Jr.(B), Kendrick Scott(Ds) - 1. I Felt The Love 2. Creepin' 3. It Happens Everyday 4. Shotgun House Groove 5. Carnival Of The Night 6. Ballad For Joe 7. Way Back Home 8. Pur It Where You Want It

ブルーノート東京でのライヴ。オリジナル・メンバーはジョー・サンプルとウィルトン・フェルダーの2人だけ。曲目は前作「ルーラル・リニューラル」からのもの(2、4曲目)もあるものの、クルセイダーズ全盛期からのセレクトが多いのがうれしいところ。適度な洗練されたメロディやフレーズと、それを上回るイモっぽさの適度なブレンドがこのグループの特徴だと思いますが、そういった面を含め、けっこう懐かしい曲で当時の雰囲気を現代にあまり違和感なく再現しています。1曲目からアメリカの田舎のファンクの香りがプンプンしていて、それがまたカッコ良い。時々聴かせるレイ・パーカー・Jrのギターも適度に渋い。6曲目はタイトルに「バラード」となっていますが、適度にメロウですが適度にファンク。こういうライヴもいいですね。(04年11月25日発売)

« アカペラ・クリスマス/マンハッタン・トランスファー | トップページ | ゲイリー・マクファーランド・オーケストラ・フィーチャリング・ビル・エヴァンス »

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/2148637

この記事へのトラックバック一覧です: ライヴ・イン・ジャパン2003/クルセイダーズ:

« アカペラ・クリスマス/マンハッタン・トランスファー | トップページ | ゲイリー・マクファーランド・オーケストラ・フィーチャリング・ビル・エヴァンス »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メールアドレス

友人が運営しているサイト