私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« プロクリエイション/高瀬アキ | トップページ | Ivey-divey/Don Byron »

2004/11/05

ブループリント/藤井郷子オーケストラ

Satokoblue
藤井郷子はフリー系の日本人ジャズミュージシャンでは一番ハイペースでCDを出しているんではないかと思われますが、よくネタがなくならないなあ、と思うほど、次から次へと、ソロ、デュオ、トリオ、オーケストラ(ニューヨーク、あるいは日本)と様々なフォーマットでの作品を発表しています。今回はニューヨークのオーケストラでの演奏。例によって構築されたアンサンブルの部分とフリーの部分が複雑に入り混じっていて、その境い目というのは分かりませんが、彼女自身の世界を創り上げてしまっているのは見事です。聴く人をある程度選ぶと思いますが、ハマるとコワい(楽しい?)世界かも。私はこういうアヴァンギャルドなら、大歓迎ですが。


ブループリント/藤井郷子(P)オーケストラ(Natsat)
Blueprint/Satoko Fujii(P) Orchestra(Natsat) - Recorded July 2, 2003. (September 20, 2001 on 6) Oscar Noriega(As), Briggan Krauss(As), Ellery Eskelin(Ts), Tony Malaby(Ta), Andy Laster(Bs), Natsuki Tamura(Tp), Herb Robertson(Tp), Steven Bernstein(Tp), Dave Ballou(Tp), Laurie Frink(Tp), Curtis Hasselbring(Tb), Joey Sellers(Tb), Joe Fielder(Tb), Stomu Takeishi(B), Aaron Alexander(Ds) - 1. Blueprint 2. Ocha! 3. Anemometer 4. Nagoyanian 5. Kioku 6. Untitled

おなじみニューヨークでのオーケストラの演奏。2曲目が田村夏樹作の他は藤井郷子の作曲。1曲目は印象の強い無機的な感じのするテーマと、静かになってフリー的に変幻自在なアプローチの部分とが交錯して後半は盛り上がるタイトル曲。静かでミステリアスな間のある出だしから、アンサンブルというよりは音の集団(塊)的に盛り上がって「お茶!」と叫ぶ2曲目、ややドライな感じで自由なフレーズが絡みあっていき、アンサンブルとの対比が面白い3曲目、変拍子ファンクにゆったりたゆたうアンサンブルのテーマの、やはり物語的に展開していく15分台の4曲目、時間軸に沿ってアンサンブルが日本的な間でゆったりと流れていく5曲目、これも時間の流れ的な出だしで、途中ファンクやフリーを経て大団円の6曲目。(04年10月20日発売)

« プロクリエイション/高瀬アキ | トップページ | Ivey-divey/Don Byron »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/1853465

この記事へのトラックバック一覧です: ブループリント/藤井郷子オーケストラ:

« プロクリエイション/高瀬アキ | トップページ | Ivey-divey/Don Byron »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メールアドレス

友人が運営しているサイト