私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« ニューヨーク・アンカヴァード/国府弘子 | トップページ | Live At Murphy's Law/Jesse Van Ruller »

2004/11/01

Nightfall/Charlie Haden & John Taylor

Charlienight
チャーリー・ヘイデンは、オーネット・コールマンのバンドやキース・ジャレットのアメリカン・クァルテットなどでの共演が有名でしたけれど、実はデュオのアルバムもたくさん残しています。私の持っているものだけでも、デュオアルバムで共演者が、ハンク・ジョーンズ、パット・メセニー、ケニー・バロン、リー・コニッツと、様々な方面のジャズ・ミュージシャンと録音しています。デュオの場合は総じて聴きやすい系統のアルバムが多かったと思います。今回のジョン・テイラーとのデュオもしっとり系の淡々としたアルバム。ヨーロピアンなピアノのあっさりした感じがいいと思います。夜、寝る前にヴォリュームを絞って聴きたいアルバム。


Nightfall/Charlie Haden(B) & John Taylor(P)(Naim)(輸入盤) - Recorded October 8 and 9, 2003. - 1. Chairman Mao 2. Nightfall 3. My Love And I 4. Au Contraire 5. Windfall 6. Touch Her Soft Lips 7. Song For The Whales 8. Bittersweet 9. Silence

(04/10/31)ここでも淡々と2人で語り合っています。ベテラン同士の味わい。チャーリー・ヘイデン作が3曲、ジョン・テイラー作が2曲で、他はスタンダードなど。静かな中に訥々としたベースのサウンドが印象的な1曲目、メロディアスに、しかもちょっと距離を置いてせまってくるタイトル曲の2曲目、しっとり系の優しいメロディにゆったりと包み込まれるような3曲目、研ぎ澄まされた静けさとでも言うのか、そんな世界の4曲目、やや冷めた哀愁味を持ち、速いフレーズも混ざる5曲目、やはりメロディでゆっくりと語りかけてくる6曲目、初出ではないものの、鯨の鳴き声を表わすような音と哀愁が印象に残る7曲目、落ち着いて聴き込むことのできる、やや温かみのあるバラードの8曲目、これもおなじみのやや沈んだ味わいの9曲目。

« ニューヨーク・アンカヴァード/国府弘子 | トップページ | Live At Murphy's Law/Jesse Van Ruller »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

最中さまの記事から、工藤さま発見!
リリース直後のレビューですね。

90%以上がめちゃお気に入りだったのに、、鯨さんをちょっと毛嫌いしすぎて、
今、聴き直すと、毛嫌いするほどでないですね。
当時は、なんか流れ的に好きになれませんでした。

>すずっくさん

TBどうもありがとうございます。

というより、よくこんな古い(’04年です)エントリーが分かりましたね。私も忘れていました。と言いつつ、今年3月にmonakaさんのところにコメント書いているんですよね。最近忘れっぽくて(笑)。

ジョン・テイラーが相手ということで、研ぎ澄まされた感じはあって、ほのぼのとしているだけではないでしょうけれども、やはり落ち着く系統でしょうか。確かに鯨の鳴き声のようなものが入っている曲がありますね。

工藤さん,こんにちは。当方ブログへTBありがとうございました。

このアルバム,本人たちのオリジナルもいいのですが,どうやったらこんな曲を見つけてこれるのかという他人の曲が何とも美しくて,私には似合わない表現ですが,思わずうっとりしてしまいました。

Hadenは闘士のような顔を見せつつも,メロディに対する感度が素晴らしく鋭いというのが二面性を感じさせて面白いですね。Liberationの裏でQuartet Westというのも二重人格的と言えば,そういう感じです。

ということでこちらからもTBさせて頂きます。

>中年音楽狂さん

TBどうもありがとうございます。

ジョン・テイラーとチャーリー・ヘイデンという組み合わせ、けっこういい感じのようです。そう言えば「美メロ」という表現もピッタリですね。

探せばまだまだヘイデンのデュオアルバムで聴いていないものはありそうですが、このアルバム、けっこう気に入った記憶(実は現物、まだCD棚から探せてないのです(笑))があります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/1821710

この記事へのトラックバック一覧です: Nightfall/Charlie Haden & John Taylor:

» カルフォルニアの空高く Nightfall / C・ HADEN  & J・TAYLOR [JAZZ最中]
チャーリー・ヘイデンがピアニストだったり、ギタリストだったりとDuoを演ずるアルバムはシリーズののようにあり、だいぶ溜まりました。 持っていないものを見つけると、どうするかちょっと悩みますが、今日は購入、相手はJhon Tayler, 2003年10月の録音でヘイデンが4曲テイラーが2曲、3曲が別の人の曲です。 ジョン・テイラーはECMに多いのですが、あまり聞きませんでした。CAMからでたアルバムは大変気に入りましたので、今回は拾いました。 http://blog.goo.ne.jp/monak... [続きを読む]

» Nightfall/CharlieHadenJohnTaylor [MySecretRoom]
今日も、寒い、、。すぐそこまで夏が来ているのに、寒い日々が続く。冷たい雨も降る。。低温は植物の生育にはよくない、、でも、咲いてる花は長持ちする。くぐもった光の中では花は... [続きを読む]

» 強烈な美メロにまいる"Nightfall" [中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar]
Nightfall Charlie Haden John Taylor (Naim)ブログ界で話題沸騰のKeith JarrettとCharlie Hadenのデュオ作(記事はこちら)は非常に穏やかな [続きを読む]

« ニューヨーク・アンカヴァード/国府弘子 | トップページ | Live At Murphy's Law/Jesse Van Ruller »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メールアドレス

友人が運営しているサイト