私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« The Spirits Up Above/Steve Turre | トップページ | Raney '81/Jimmy Raney Quartet »

2004/11/11

Giovanni Mirabassi & Andrzej Jagodzinski Trio

Giovannitrio
澤野工房というとピアノ・トリオのイメージが強いですが、たまにピアノ・トリオでないアルバムを発売します。アコーディオンが入っていてちょっと変則的なクァルテットですけれど、これがアコーディオンじゃなくちゃいけない必然性があるのが見事。澤野の取り扱うCDは、マニアック性の強い直輸入盤仕様のものは別にして、澤野工房のシールを貼って出している国内盤仕様のものは聴きやすいものが多く、けっこう売れているようです。そんな中でもこのアルバムの強い哀愁は、この秋の季節感とも重なって、強く聴く人の心をひきつけるんじゃないかと思います。


ジョバンニ・ミラバッシ(P)&アンドレィ・ヤゴジンスキー(Accordion)・トリオ
Giovanni Mirabassi(P) & Andrzej Jagodzinski(Accordion) Trio(Deadlines DR-003) - Recorded September 29, 2002. Czestaw "Maty" Bartkowski(Ds), Adam Cegielski(B) - 1. Panta Rei 2. Des Jours Meilleurs 3. El Pueblo Unido Jamas Sera Vencido 4. La Petite Valse Brillante 5. Place De La Mairie 6. Frankfurt Serenade 7. You Don't Know What Love Is 8. Behind The White Door 9. Bobo's Theme 10. Requiem 11. La Valse A Nini

アコーディオン、ベース、ドラムスのトリオにジョバンニ・ミラバッシが客演するという形だけれども、彼の作曲が11曲中8曲もあって、事実上は彼のアルバムと言っても良いくらい。過去に録音した曲の再録音もあります(2-3、5、10曲目)。やはり欧州特有の哀愁をたたえつつ、アコーディオンのもの悲しげな音色との相乗効果で、全体的により日本人好みの味わいになっていると思います。マイナーで同じ色調ながらも4曲目はアップテンポでけっこう盛り上がります。アンドレィ・ヤゴジンスキーはポーランドのミュージシャン。やはり東欧系の哀愁は強い!と思います。7曲目はピアノとアコーディオンによるデュオの割と自由なアプローチですが、こういうスタンダードも新鮮かも。それにしてもアルバム全体の色調の統一感が見事。(04年10月27日発売)

« The Spirits Up Above/Steve Turre | トップページ | Raney '81/Jimmy Raney Quartet »

ジャズ」カテゴリの記事

澤野工房」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/1889317

この記事へのトラックバック一覧です: Giovanni Mirabassi & Andrzej Jagodzinski Trio:

« The Spirits Up Above/Steve Turre | トップページ | Raney '81/Jimmy Raney Quartet »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メールアドレス

友人が運営しているサイト