私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Camera In A Bag/Ray Drummond Quintet | トップページ | Blues For A Reason/Chet Baker Quintet »

2004/11/26

Blue Afternoon/Jim Snidero Quintet

1072
Marvin "Smitty" Smithの参加作紹介4日目で、これで一段落です。曲は静かなバラードもありますが、1、3、5、7曲目のようにドラムスの露出度の高い曲もあり、聴いていて、久しぶりにこれが彼のドラミングだということを堪能しました。特に1曲目は全員が速射砲のようにバンバン飛ばしていて、聴いていてスッキリとストレス解消、といった感じです。

このアルバムのリーダーのJim Snidero、賑やかな曲ばかりではなくて4、6曲目のようなバラードの情感も豊かで、なかなかいいメロディを吹くなあ、と思いました。


Blue Afternoon/Jim Snidero(As) Quintet(Criss Cross 1072)(輸入盤) - Recorded December 23, 1989. Brian Lynch(Tp), Benny Green(P), Peter Washington(B), Marvin "Smitty" Smith(Ds) - 1. Enforcement 2. Forethought 3. The Trifle 4. Sould Eyes 5. Blue Afternoon 6. Infant Eyes 7. Toro

(04/11/21)Jim Snideroの作曲は7曲中4曲(1-2、5、7曲目)。やはり現代的なジャズという感じ。1曲目はタイトルの通り、まさにいきなり火を吹くようなアップテンポでアドリブが展開して行き、かなりのスリルです。ドラムスのキャラクターもアリか。都会的しっとり型のやや浮遊感のバラードで、静かな夜を思い浮かべるような感じからやや盛り上がる場面もある2曲目、Brian Lynchのメカニカルなユニゾンのテーマで元気型の8ビートの3曲目、ピアノとのデュオでマル・ウォルドロン作の切ない哀愁を漂わせているバラードの4曲目、渋めのミディアムの4ビートで直球勝負のタイトル曲の5曲目、ウェイン・ショーター作のバラードをクァルテットでていねいに吹いていく6曲目、リズムパターンが交互に変わり、やはり現代的な7曲目。

« Camera In A Bag/Ray Drummond Quintet | トップページ | Blues For A Reason/Chet Baker Quintet »

Criss Cross1051-1100番」カテゴリの記事

Criss Crossレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/2021844

この記事へのトラックバック一覧です: Blue Afternoon/Jim Snidero Quintet:

« Camera In A Bag/Ray Drummond Quintet | トップページ | Blues For A Reason/Chet Baker Quintet »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メールアドレス

友人が運営しているサイト