私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Sonny 2/Noel Akchote | トップページ | Tests Of Time/Ralph Peterson Quintet »

2004/10/13

Unspeakable/Bill Frisell

Billunspeak
ビル・フリゼールの最新アルバム、と言っても輸入盤が出てからしばらく経ってしまいましたが。国内盤がなぜか今回はまだ出るという情報がありません。やはり今までの牧歌的アメリカーナの世界からはちょっと違うところを歩んでいるからかも。今回はハル・ウィルナーのターンテーブルやサンプリングがあまり目立たないにしろ前面に出ていて、そういう意味からもだいぶ今までのアルバムとは毛色が違っています。ちょっと要注意ですけれど、ビル・フリゼールを追いかけている人から見れば、こういったサウンドも、彼のひとつの側面だということが分かります。やっぱりこれもジャズと言うよりは「ギターミュージック」なんだろうなあ、と思います。


Unspeakable/Bill Frisell(G)(Nonesuch)(輸入盤) - Released 2004. Hal Willner(Turntables, Samples), Tony Scherr(B), Kenny Wollesen(Ds), Don Alias(Per), The 858 Strings: Jenny Scheinman(Vln), Eyvund Kang(Viola), Hank Roberts(Cello), Steven Bernstein(Tp), Briggen Krauss(Bs), Curtis Fowlkes(Tb), Adam Dorn(Synth, Additional Editing) - 1. 1968 2. White Fang 3. Sundust 4. Del Close 5. Gregory C. 6. Stringbean 7. Hymn For Ginsberg 8. Alias 9. Who Was That Girl? 10. D. Sharpe 11. Fields Of Alfalfa 12. Tony 13. Old Sugar Bear 14. Goodbye Goodbye Goodbye

(04/10/12)今までと趣向を変えて、Hal Willnerのキャラクターが前面に出てきたサウンドだと思います。Hal Willnerの曲や彼との共作も多く、曲によってはストリングス(ビル・フリゼールのアレンジ、なかなか面白い)やブラスが加わります。のどかな感じは奥へ引っ込み、リズムのはっきりしたサウンドで、ちょっととらえどころのないエキゾチックさの曲も。1、4、8曲目のリズムやサウンドは何となく懐かしい。ただ、ギターもロックのギターのような弾き方が目立つので、基調はロックの方に求めた方がいいのかも。そのギターは2、6、9、12曲目などに顕著。5曲目はHal Willnerとのデュオ、10曲目はプラス・ストリングス。13曲目は前半はフリーに近いアヴァンギャルドで、後半はロックビート。14曲目は のどかさと浮遊感が同居。

« Sonny 2/Noel Akchote | トップページ | Tests Of Time/Ralph Peterson Quintet »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/1659509

この記事へのトラックバック一覧です: Unspeakable/Bill Frisell:

« Sonny 2/Noel Akchote | トップページ | Tests Of Time/Ralph Peterson Quintet »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メールアドレス

友人が運営しているサイト