私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Donna Lee Live At Budokan '82/Jaco Pastorius | トップページ | So Alive/The Ronnie Plaxico Group »

2004/10/03

Mo'Bop2/渡辺香津美 New Electric Trio

Mobop2
今月は買ったCDやいただきものCDが大量にあって、まだ聴いていないものが20枚以上あります。そんな中で今月のベストに近い作品に出会いました。それがこの「Mo'Bop2」です。これもジャンルとしてはハード・フュージョンの部類に属するのでしょうが、これだけのテクニシャンがトリオを組むことってめったにないわけで、びっくりするほどの音が詰まっています。同じメンバーで2枚目の作品。

だんだん紹介するものがメインストリートのジャズから離れていくような気もしていますが、広義のジャズという点からすればその範囲の中に入っていると思うし、私と同世代(40代)以下の方ってかなりロックやフュージョンの洗礼を受けているわけで、抵抗感なくこのカッコよいハードなサウンドを受け入れることができるのではないかな、と思います。


Mo'Bop2/渡辺香津美(G、Synth) New Electric Trio(ewe) - Recorded May 12-15, 2004. Richard Bona(B), Horacio "El Negro" Hernandez(Ds) - 1. Cleopatra's Dream 2. Blue Spiral 3. Mystic Sand 4. Mosaic Stone 5. Dante's Point 6. Cry Me A River 7. Death Valley 8. Havana 9. Favor Return Of Enshu Swallow

オラシオ・”エル・ネグロ”・エルナンデス(Ds)、リチャード・ボナ(B)とのトリオ。このメンバーの2枚目で、渡辺香津美は9曲中5曲作曲。相変わらず強力なメンバーの、ハードなフュージョンタッチ。特に、1曲目のけっこうハードな「クレオパトラの夢」、6曲目の「クライ・ミー・ア・リヴァー」はおなじみのメロディなので、こんなサウンドもあったのかと、驚きと納得の曲に仕上がっています。テーマがちょっと浮遊感を伴うコード進行で、ロック的でもあるファンクの2曲目、テーマのメロディが優しく、目まぐるしく変化するやはり硬派の3曲目、最初ややソフト路線でせまりつつけっこう盛り上がる4曲目、ミステリアスな雰囲気をたたえたテーマとファンクのアドリブの5曲目、何となくエスニックな雰囲気のある7曲目、スピード感があって明るめな8曲目、メカニカルで目まぐるしい曲調とアップテンポの4ビートもある9曲目。(04年9月21日発売)

« Donna Lee Live At Budokan '82/Jaco Pastorius | トップページ | So Alive/The Ronnie Plaxico Group »

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/1579651

この記事へのトラックバック一覧です: Mo'Bop2/渡辺香津美 New Electric Trio:

« Donna Lee Live At Budokan '82/Jaco Pastorius | トップページ | So Alive/The Ronnie Plaxico Group »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メールアドレス

友人が運営しているサイト