私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Eternal/Branford Marsalis | トップページ | Donna Lee Live At Budokan '82/Jaco Pastorius »

2004/10/01

Live In Tokyo/Brad Mehldau

Bradtokyo
私は本来コンサートにはあまり行かないのですが、実はこのCDになったブラッド・メルドーのコンサートは、ある方からチケットをいただいてしまいまして、観ています。今回発売された国内盤は何曲かカットされている(と思う)ものの、ほぼコンサートでの曲順どおりで1部、2部、アンコールと入った15曲入りCD2枚組、輸入盤は8曲入りのCD1枚組で曲順も編集されています。どちらが好みかは悩むところです。輸入盤の方は良い曲を効果的な曲順でと、練られているだろうし。両者の値段もかなりの開きがあります。私の場合、現場を体験してしまっているので多くの音を聴きたくて国内盤を選びましたが、2枚組で発売されることが決まったのも国内盤発売1ヶ月ほど前と、かなり急だったようです。

ソロ・ピアノなのでかなり好みが分かれると思いますが、私にとっては非常に素晴らしいコンサートでした。いわゆるジャズ・ピアノらしさは少ないですけれど、後半に行くにしたがって情念がふつふつと燃え上がって盛り上がっていく感じでした。じっくり聴くことをオススメします。


Live In Tokyo/Brad Mehldau(P)(Nonesuch) - Recorded February 15, 2003. - 1. Intro 2. 50 Ways To Leave Your Lover 3. My Heart Stood Still 4. Roses Blue 5. Intro 2 6. Someone To Watch Over Me 7. Things Behind The Sun 8. C Tune 9. Waltz Tune 10. From This Moment On 11. Alfie 12. Monk's Dream 13. Paranoid Android 14. How Long Has This Been Going on? 15. River Man

東京のすみだトリフォニーホールでのライヴ録音でソロ・ピアノ。日本盤のみ2枚組でコンサートに近い構成。雰囲気としてはジャズピアノの部分もあったにしても、クラシックに近い感触が多いピアノ。ソロというフォーマットでキース・ジャレットに匹敵する演奏かもしれません。適度な長さの、親しみやすそうな曲、繊細そうな曲の演奏が多い。スタンダードやポップス、オリジナルなどをとりまぜて、2部構成で演奏。前半の1枚目はゆったりめにスタートしつつ、後半の2枚目は集中力があるような気がしました。12曲目のセロニアス・モンクの「モンクス・ドリーム」の盛り上がりが強力、そして19分にも及ぶ13曲目で、ウネウネ動く左手が右手をプッシュして、これまた壮大な曲。メロディもハーモニーも、けっこう感動もののアルバム。(04年9月23日発売)

« Eternal/Branford Marsalis | トップページ | Donna Lee Live At Budokan '82/Jaco Pastorius »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/1556603

この記事へのトラックバック一覧です: Live In Tokyo/Brad Mehldau:

« Eternal/Branford Marsalis | トップページ | Donna Lee Live At Budokan '82/Jaco Pastorius »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メールアドレス

友人が運営しているサイト