私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Take The A Train/Manhattan Jazz Quintet | トップページ | Saxophone Summit: Gathering Of Spirits »

2004/10/07

Land Of The Sun/Charlie Haden

Charlieland
たとえ休日や夜などに書き溜めてあって、毎日1回、自動で更新をするここのアルバム紹介方法にしても、このところ新譜を聴き続けての紹介なので、さすがにきついです。でも、お宝の音源がまだゾロゾロ出てくるかもしれないと思うと、それを短い人生でどれだけ聴けるかと思うと、やっぱり追いかけてしまいますね。特に9月発売のCDにはいいものがいっぱい。このアルバムもそのひとつです。

チャーリー・ヘイデンはオーネット・コールマンのバックで演奏していたこともあり、フリー度が高いミュージシャンとして知られていますが、「クァルテット・ウエスト」名義の古きよき時代を懐かしむようなジャズサウンドのアルバムや、哀愁度の高いアルバムもあったりします。今回も比較的安らげるアルバムの登場。4ビートではありませんが、メロディもきれいなものが多く、売れそうな感じです。


Land Of The Sun/Charlie Haden(B) with Gonzalo Rubalcaba(P, Per)(Verve) - Recorded December 19-22, 2003. Ignacio Berroa(Ds, Per), Joe Lovano(Ts), Miguel Rodriguez(Tp, Flh), Oriente Lopez(Fl), Larry Koonse(G), Lionel Loueke(G), Juan De La Cruz(Bongo) - 1. Fuiste Tu (It Was You) 2. Sueno Solo Con Tu Amor (I Only Dream Of Your Life) 3. Cancion De Cuna A Patricia (Lullaby For Patricia) 4. Solamente Una Vez (You Belong To My Heart) 5. Nostargia 6. De Siempre (Forever) 7. Anoranza (Longing) 8. Cuando Te Podre Olvidar (When Will I Forget You) 9. Esta Tarde Vi Llover (Yesterday I Heard The Rain) 10. Cancion A Paola (Paola's Song)

オリジナルはなく、メキシコの作曲家ホセ・サブレ・マロキンの曲がほとんど。激しい曲は姿を見せず、しっとりとしたゆったりめのラテンの曲が多く登場します。キューバ人ピアニストのゴンサロ・ルバルカバのアレンジ。不思議な異国情緒をたたえつつも、哀愁感覚はやや少なめ。その中でも6、8、10曲目は哀愁が強いメロディ。各楽器のソロの場面もメロディと違和感なく登場させていて、4ビートはないにしてもジャズのアイデンティティをさりげなく織り込んでいます。1曲目からその優しいメロディに心を奪われ、温かい空気を感じることができます。バラード、素朴、温かみ、ラテン。居心地の良い空間にいかに各楽器がソロをどう展開していくかが楽しみでもあるし、BGMとしてかけても違和感がないようなアルバムです。(04年9月22日発売)

« Take The A Train/Manhattan Jazz Quintet | トップページ | Saxophone Summit: Gathering Of Spirits »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/1599318

この記事へのトラックバック一覧です: Land Of The Sun/Charlie Haden:

« Take The A Train/Manhattan Jazz Quintet | トップページ | Saxophone Summit: Gathering Of Spirits »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メールアドレス

友人が運営しているサイト