私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« 私の海/ロザンナ・&ゼリア | トップページ | Sonny 2/Noel Akchote »

2004/10/11

Angel Eyes/Stefanie Schlesinger

Stefanies
ステファニー・シュレジンガーというものものしい名前からするとフリー系か?と思わせそうな(そんなことないか(笑))感じですが、ドイツのヴォーカリストのアルバムです。しかも、サウンドはポップス系。Enjaでもこういうものを出すんだねー、と思いましたが、例えばピアノトリオをバックにスタンダードばかりを歌うような、いかにもジャズというアルバムは市場が狭くなって売れないんじゃないでしょうか。

参加メンバーのオリジナルが多いのですが、意外にポップスやスタンダードの有名な曲を集めたような、メロディアスで印象に残る曲が多いのが特徴です。アレンジもおとなしめで、BGMにもいいのでは。4ビートジャズではないので、そこが好みの分かれ目かも。


Angel Eyes/Stefanie Schlesinger(Vo)(Enja) - Recorded 2004. Wolfgang Lackerschmid(Vib, Gramorimba), Bob Degen(P), John Lee(B), Karl Latham(Ds), Roger Squitero(Per), Guest: Slide Hampton(Tb), Hendrick Meurkens(Harmonica), Johannes Faber(Tp) - 1.Say That You Love Me 2. Stay 3. Welcome Back 4. The Way He Makes Me Feel 5. When Sunny Gets Blue 6. Four Sweet Words 7. Angel Eyes 8. L'amore Che Non C'e 9. No Reason For Spring 10. Hoffnung 11. Close Your Eyes

クラシック畑出身の女声ヴォーカリスト。参加メンバーのウォルフガング・ラッカーシュミットの曲が半分ほどを占め、スタンダードもあるにしても、ベースはエレキベースだし4ビートもほとんどないしで、内容はジャズというよりはポップス色がけっこう強いアルバム。1曲目ではボッサ風味もある聴き心地の良いポップスとして、その後の曲も、やはりラッカーシュミットのヴァイブラホンがサウンドの要になっていて、ソフトな肌触りのサウンドに耳に響いてきます。3曲目もジャジーながらラッカーシュミット作。ミッシェル・ルグラン作の4曲目はメロディが印象に残るしっとり哀愁系の曲。スタンダードなのに現代ポップスの感じのする5曲目。タイトル曲の7曲目はポップスにしてはなかなか渋めに仕上がっています。割と気楽に聴けます。(04年9月22日発売)

« 私の海/ロザンナ・&ゼリア | トップページ | Sonny 2/Noel Akchote »

Enjaレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/1640832

この記事へのトラックバック一覧です: Angel Eyes/Stefanie Schlesinger:

« 私の海/ロザンナ・&ゼリア | トップページ | Sonny 2/Noel Akchote »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メールアドレス

友人が運営しているサイト