私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Zephyros/藤井郷子 | トップページ | Empreintes/Bruno Angelini »

2004/08/13

Standard Influence/John Tropea

Johnstandard
CDショップ(+α)のオススメCD日記」’04年2月のオススメCDです。

実は昨年の10月に出たCDで、少々買うのが遅れてしまったのですが、聴きやすさでヘビー・ローテーションになっているのが下記のCDです。
ジョン・トロペイというと、フュージョン系のセッション・ギタリストというイメージが強いですが、ここではけっこうジャズしています。ただ、スティーヴ・ガッドにアンソニー・ジャクソンという取り合わせなので、オーソドックスなジャズを目指しつつも純ジャズではないところが、また面白いと思います。

スタンダード・インフルエンス/ジョン・トロペイ(G)(Videoarts)(Standard Influence/John Tropea(G)) - Recorded July 14-16, 2003. Steve Gadd(Ds), Anthony Jackson(B), Chris Malmero(Org, Key), Lou Marini(Ts), Nicki Parrott(B) - 1. Sandu 2. How Insensitive 3. It Don't Mean A Thing 4. Full House 5. Sir Richard 6. Sack'o Woe 7. If You Don't Know Me By Now 8. I Can't Get Started 9. The Thumb 10. What Are You Doing The Rest Of Your Life 11. No Trix, No Clix, No Fix

スティーヴ・ガッド(Ds)、アンソニー・ジャクソン(B)、ルー・マリーニ(Ts)、クリス・パルメロ(Org、Key)、ニッキ・パロット(B)。売れっ子のセッション(フュージョン)・ギタリストがジャズに挑戦したアルバム、というよりも、もともとジャズ出身の力加減と渋さを持っていて、ずっとこういう演奏をやってきたかのような味わいがあります。彼のオリジナルは2曲のみで、あとはジャズメン・オリジナルとスタンダード。メンバーがベテランで強力かつ個性的なので、オーソドックスではないけれど、カッコ良いサウンドで、かつ幅広い演奏。3曲目のように、3人だけで演奏している曲もけっこう良いです。ウェス・モンゴメリーの曲も2曲演奏していて、オクターヴ奏法もやっていて、大きい影響があるのかな、と思わせます。うーん、この人のオリジナルは抑制が効いていて渋い、やっぱり。6曲目のブルースや、7-8、10曲目のバラードのメロディもなかなかのもの。(10月29日発売)

« Zephyros/藤井郷子 | トップページ | Empreintes/Bruno Angelini »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/1120284

この記事へのトラックバック一覧です: Standard Influence/John Tropea:

« Zephyros/藤井郷子 | トップページ | Empreintes/Bruno Angelini »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メールアドレス

友人が運営しているサイト