私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« マゴッジャッ/トリアングロ・レベルデ | トップページ | Live At The Blue Note/Michel Camilo »

2004/08/07

Mo'Bop/渡辺香津美

Mobop
CDショップ(+α)のオススメCD日記」は古くなるにつれてだんだん階層が奥に行ってしまうので(ブログもそうですが)、ちょっと最初から振り返ってみて再掲載をしてみたいと思います。どんなアルバムをオススメにしていたんだろう、と自分を振り返る目的もあったりします。

以下は昨年(’03年)8月の原稿です。

8月はあまり新譜を聴いていないのだけれども、見事SJ誌に無視された(JL誌には大々的に書いてありました)話題作を取り上げてみたいと思います。内容的にはファンク、フュージョンの分野ですが、3人ともスッゲェーメンバーです。こういう方面が好きな方は聴いておいて損はないかも。

私の場合、他のページで書いた原稿をここに転載する形で、それに何らかのコメント、あるいは日記のようなものを付け加えてアップすることが多いと思います。


Mo'Bop/渡辺香津美(G) New Electric Trio(ewe) - Recorded May 22-24 and 26, 2003. Richard Bona(B), Horacio " El Negro" Hernandez(Ds) - 1. Mo'Bop 2. Dada 3. Robo 4. Ring Of Life 5. Backdrop 6. Naima 7. Momo 8. Neo 9. Partida 10 Tricorn

リチャード・ボナ(B)、オラシオ・”エルネグロ”・エルナンデス(Ds)とのトリオ。全10曲中7曲が渡辺香津美のオリジナル。キメは決まりまくるし、抑え気味のところも、爆発的な全開のところもけっこう楽しめます。そして随所に印象的なメロディが。ほんのりとした国際色が独特なサウンドに仕上がっています。タイトル曲の1曲目はミディアムテンポのゆったりと構えたファンクですが、実はここが導入部で、ここだけでもけっこう満腹感が味わえます。2-3曲目は変幻自在なトリオが魅力。音数もかなり多いです。4曲目はしっとり系で、5曲目はエキゾチック。6曲目には何とジョン・コルトレーンの「ネイマ」を、ファンクで料理しています。メランコリックなメロディでワルツの7曲目、ノリが良くてロック的な8曲目、明るくはじまってハードに展開する9曲目、硬派だけれどもドラマチックなメロディでせまってくる10曲目。(8月10日発売)

« マゴッジャッ/トリアングロ・レベルデ | トップページ | Live At The Blue Note/Michel Camilo »

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/1120168

この記事へのトラックバック一覧です: Mo'Bop/渡辺香津美:

« マゴッジャッ/トリアングロ・レベルデ | トップページ | Live At The Blue Note/Michel Camilo »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

メールアドレス

友人が運営しているサイト