私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« How Many? と South Wind が再発 | トップページ | Ultimatum/George Colligan »

2004/07/20

Straight Street/Tom Williams

1091
最近はゲイリー・トーマスの参加作品がなかなか見当たらなくて残念なのですが、’80年代後半から’90年代にかけてはけっこうあちこちに顔を出していて、その旋律転換法(わざと無機的なフレーズをだす奏法)のフレーズが非常にカッコよく感じられて、当時私は追いかけていました。

そこで、今日、明日とゲイリー・トーマスのサイド参加作品を出してみたいと思うのですが、’93年録音のここでのアルバムはやっぱりゲイリー・トーマスがひとり浮いている、という感じもなきにしもあらずでした。彼にとってはベースとドラムスがオーソドックスというか。ピアノはそれなりにアウトしますけれど、全体的にはバランスの問題もあったかと思います。ただ、こういう録音も、聴いてみると面白い部分も多いわけで。ジャズメン・オリジナルばかりを取り上げている、ということで、その料理法はなかなか興味深かったでした。


Straight Street/Tom Williams(Tp) Quintet(Criss Cross 1091)(輸入盤) - Recorded December 18, 1993. Gary Thomas(Ts, Ss), Kevin Hays(P), Peter Washington(B), Kenny Washington(Ds) - 1. If 2. Straight Street 3. Jitterbug Waltz 4. Duke Ellington's Sound Of Love 5. Nefertiti 6. Short Story 7. To Wisdom, The Prize 8. Do Nothing Till You hear From Me

(04/07/17)ジャズメン・オリジナルばかりのアルバム。フレーズ的にはTom Williamsはじめ、ケヴィン・ヘイズやゲイリー・トーマス(彼がダントツ?)らがトンガッている部分もありますが、全体的には現代的ながらややオーソドックスな印象。ウディ・ショウ作の1曲目から元気な4ビートを見せています。ジョン・コルトレーン作の現代的なアレンジのテーマでよみがえった2曲目、ファッツ・ウォーラー作のモダンな感じにまとめ上げている3曲目、チャールズ・ミンガス作のしっとり感の高いバラードの4曲目、「ネフェルティティ」を前半レゲエ風味の緊張感のある味付けで展開する5曲目、ケニー・ドーハム作のハードバップ的な4ビートの6曲目、ボッサでちょっと思索的な雰囲気の7曲目、デューク・エリントン作の緩急自在な進行の8曲目。

« How Many? と South Wind が再発 | トップページ | Ultimatum/George Colligan »

Criss Cross1051-1100番」カテゴリの記事

Criss Crossレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/999563

この記事へのトラックバック一覧です: Straight Street/Tom Williams:

« How Many? と South Wind が再発 | トップページ | Ultimatum/George Colligan »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メールアドレス

友人が運営しているサイト