私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Journey/Fourplay | トップページ | Petra Haden And Bill Frisell »

2004/07/11

Follow Me/Jean-Michel Pilc

Jeanfollow
どちらかというと、繊細な美旋律などがウリで聴かせるピアニストよりは、個性的なピアニストが好きです。ここのジャン=ミシェル・ピルクや、ミシェル・カミロ、大御所ではマッコイ・タイナーなどです。まあ、ビル・エヴァンスは別格にしても。いわゆる私自身の耳の良さ・悪さ、ということもあるのでしょうが、繊細さの部分よりも、分かりやすいダイナミックな部分にスリルを感じるように、どうしてもなってしまうようです。

追いかけているピアニストの中ではジャン=ミシェル・ピルクは比較的新しい方なのですが、あまり似た例のないようなスタイルで、個性的でした。ただ、トリオに比べて、美しくおとなしめのフレーズを奏でている曲もありましたが、けっこうトリッキーな曲からこういった方面まで、幅広く表現しています。順番からいくと、まずトリオの作品、「ウェルカム・ホーム」「カーディナル・ポインツ」(ともにDreyfus)を聴いてからの方がいいんじゃないかと思いますが、このソロ作から入っても楽しめると思います。


Follow Me/Jean-Michel Pilc(P)(Dreyfus) - Recorded December 2 and 3, 2003. - 1. Follow Me 2. Les Amants D'un Jour 3. St Louis Blues 4. My Favorite Things 5. If I Should Loose You 6. St James Infirmary 7. Happiness Seven 8. One For My Baby 9. The Racoon 10. Autumn Leaves 11. Ain't Misbehavin' 12. Beaver Dam 13. Vous Qui Passes Sans Me Voir 14. B Minor Waltz 15. Oleo 16. Les Copains D'abord

ソロ・ピアノの演奏で、50分台の長さに何と16曲も。ジャン=ミシェル・ピルクの作曲はタイトル曲の1曲目を含め、4曲。あとはスタンダードやジャズメン・オリジナル、ブルース、シャンソンなど。トリオのアルバムの時は、ちょっと風変わりなフレーズでインパクトのあるピアニスト、という感じだったのですが、ソロ・ピアノでもそういう面もあるものの、1-2、7、12、14曲目のようなしっとり感の高い美しいフレーズも聴くことができ、けっこう繊細だったんだ、と思わせます。3曲目以降、スタンダードやジャズメン・オリジナル、ブルースなどでは個性的な演奏が多いですが、それもあまり風変わりではなく、安定しているサウンド。6曲目あたりが超個性的か。8曲目は口笛入り。そして、やはり10曲目の「枯葉」が彼らしいかも。(6月23日発売)

« Journey/Fourplay | トップページ | Petra Haden And Bill Frisell »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/928382

この記事へのトラックバック一覧です: Follow Me/Jean-Michel Pilc:

« Journey/Fourplay | トップページ | Petra Haden And Bill Frisell »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メールアドレス

友人が運営しているサイト