私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Exit/田村夏樹 | トップページ | Flamingos/Max Nagl, Otto Lechner, Bradley Jones »

2004/07/23

Brain Dance/Peter Bernstein

1130
最初は書きだめをしておけば、余裕で毎日更新できると思ったのですが、けっこう追いかけられるものですね。つい安心してしまって書きだめ分のストックがなくなることも最近はしばしば。このところ、たまたま直近に聴いていたものをアップする機会が多かったわけですが、以前聞いていたものを紹介する機会があってもいいかなあ、とも思っています。何をセレクトするかは、また、いずれ。

このところピーター・バーンスタインが続いてますが、あと1枚リーダー作が揃えば、Criss Crossでの5枚のリーダー作を聴き終えます。ただし、まだ入手はしていないんですけれども。粒立ちのはっきりしたフレーズが好みで、最近よく聴いていますけれど、ピアノと組むよりはオルガンと組んだ方が合っているような気もしています。


Brain Dance/Peter Bernstein(G) Quintet(Criss Cross 1130)(輸入盤) - Recorded December 2, 1996. Eric Alexiander(Ts), Steve Davis(Tb), Billy Drummond(Ds), Larry Goldings(Org) - 1. Brain Dance 2. Chant 3. Means And Ends 4. Dual Nature 5. While We're Young 6. You Leave Me Breathless 7. Lady Bug 8. Dance Zone

(04/07/19)Peter Bernsteinの作曲は4曲(1、3-4、7曲目)。オルガン入りのベースレス・クインテットは彼らしいかも。ホーンは曲によって抜けます(2、5-6曲目)。タイトル曲の1曲目はメロディアスでスピーディーながらけっこう難しそうな展開を持つテーマの曲。ホーンが生きています。オルガンジャズ的な渋さを持っているデューク・ピアソン作のミディアム・テンポの2曲目、後にVenusのアルバムで「Venus Blues」となるメリハリのあるテーマのブルースの3曲目、ちょっと浮遊感を伴うようなホーンがまとわりつくテーマの4曲目、スタンダードをちょっとエキゾチックなオルガンでの5曲目、しっとり感たっぷりのバラードの6曲目、ジャズロック的なノリなのにフレーズはなかなかの7曲目、ゆったりとした進行の中を朗々と唄う8曲目。

« Exit/田村夏樹 | トップページ | Flamingos/Max Nagl, Otto Lechner, Bradley Jones »

Criss Cross1101-1150番」カテゴリの記事

Criss Crossレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/1004456

この記事へのトラックバック一覧です: Brain Dance/Peter Bernstein:

« Exit/田村夏樹 | トップページ | Flamingos/Max Nagl, Otto Lechner, Bradley Jones »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールアドレス

友人が運営しているサイト