私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Hatologyレーベル | トップページ | 田村夏樹の初期のアルバム2枚 »

2004/06/16

Toutakoosticks/Stephane Huchard

Stephantouta_2
あるレコード会社の人(東芝EMIではありませんが)から、「これ良いよー、聴いてみてよ」といただいたのがこのアルバム。通販で調べてみたけれど、日本では入手が非常に難しく、入手可能なところも値段がかなり高かったのでした。だからある意味、ここに掲載してもあまり意味が無いんじゃないか、とも思えるのですが、実際に聴いてみて、現代的で非常にカッコ良いジャズに仕上がっているんですね。だから、あえて書きます。

Blue Noteのフランスのアルバムで、日本ではほとんど紹介されていませんが、ビートも4ビートではなくて現代的でフュージョン的な構成とも言え、複合ビートというのか変拍子に聴こえるところも。アンサンブルやフレーズも都会的なジャズになっています。これも一時期ヘヴィーローテーションでした。


Toutakoosticks/Stephane Huchard(Ds)(Blue Note)(輸入盤) - Released 2001. Remy Vignolo(B), Pierre De Bethmann(P), Stephane Guillaume(Sax, Fl, Cl), Nicolas Folmer(Tp, Flh) - 1. Zarbi Street 2. Jakawa Jungle Spoon 3. Doux Maloya 4. Sacres Lascars 5. Mr Smile 6. Yin Before 7. Yang After 8. Bop Chez Bob 9. La Pierre Magique 10. Mrs Cartoon

(04/06/05)全曲Stephane Huchardの作曲。フランスの作品。4ビートにはあまりこだわらず、リズムやアクセント、メロディのカッコ良さで聴かせる現代的な曲が多い。1曲目も、複合的なパターンの中をサックスやピアノが展開して、ノリもいい感じ。小刻みなリズムに乗って、ドライなメロディが流れる2曲目、知的な雰囲気で都会的なサウンドの3曲目、スマートなメロディながらけっこう盛り上がったりドラマチックな4曲目、ロックビート風サウンドのゴキゲンな5曲目、ちょっと浮遊感のあるメロディを繰り返す6曲目、16ビート系の各ソロパートが燃える7曲目、快活なテーマが繰り返され4ビートが展開する8曲目、3拍子系のゆったりとしたバラードの9曲目、舞い踊るフルートやその後のピアノが印象に残る、テンポの良い10曲目。

« Hatologyレーベル | トップページ | 田村夏樹の初期のアルバム2枚 »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

ステファン・ウシャールのドラミングには2年ほど前から注目していたのですが、彼がコンポーザーとしてもかなりいいものを持っているのを本作で実感しました。
また他のメンバーもピエール・ド・ベスマンを始めとしてみんな上手いです。
曲よし演奏よしで、申し分のない作品でした。

こちらからもTBさせていただきます。

>naryさん

TBありがとうございます。

都会的な現代ジャズという感じで記憶していますが、けっこうカッコよいサウンドですよね。Blue Note(フランス?)レーベルの新譜は廃盤も早いので、出たときが勝負かもです。3作目も入手できるといいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/761029

この記事へのトラックバック一覧です: Toutakoosticks/Stephane Huchard:

« Hatologyレーベル | トップページ | 田村夏樹の初期のアルバム2枚 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メールアドレス

友人が運営しているサイト