私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Generations/Gary Burton | トップページ | ブログの利用法に関するある方からのアドバイス »

2004/06/10

Anything Goes/Brad Mehldau

Bradany
なぜかブラッドメルドーの公式ホームページのリンク集から私のホームページのブラッドメルドー特集((追記)現在はリンクがなくなりました)にリンクされていて、コンプリートなディスコグラフィーでもないのに恐縮しまくっております。そんなわけで最近Criss Crossレーベルの彼の参加作品を3枚買い集めたり(まだホームページにはアップしてませんが)、短いアルバムコメントも手直ししなければなあ、と思いつつもまだ手付かずだったりするわけで。

今回のAnything Goesは、カヴァー集なので、けっこう聴きやすいです。やっぱりヘビー・ローテーションだった時期があります。ただ、ちょっと不思議なのは’02年録音をなぜ’04年になって出してきたのか。まあ、あまり気にしてもしようがなく、楽しめればいいや、とも思えますけれども。


Anything Goes/Brad Mehldau(P)(Warner Bros) - Recorded October 8 and 9, 2002. Larry Grenadier(B), Jorge Rossy(Ds) - 1. Get happy 2. Dreamsville 3. Anything Goes 4. Trees Palabras 5. Skippy 6. Nearness Of You 7. Still Crazy After All These Years 8. Everything In Its Right Place 9. Smile 10. I've Grown Accustomed To Her Face

全曲スタンダードやジャズメン・オリジナル、ポップス、ロックなどのカヴァー集。相変わらず曲によって変拍子(タイトル曲の3曲目が5拍子)だったりしてトリッキーなところはありますが、曲のせいか聴きやすく感じます。ピアノの彼らしさやトリオ度も、十分。1曲目からリズムが変わっていますが、ピアノ・ソロのところもやりたい放題で、楽しい。5曲目のモンクの曲は、モンクらしいどころか、ピアノのフレーズが自然にアウトしまくりなのがうれしいところ。しっとり系のバラード(2、6、10曲目)やラテン(4曲目)もあって、心安らぐ調べが漂ってきます。7曲目はポール・サイモン作の個人的に好きな曲をあまり崩さずに。ミステリアスな雰囲気が漂う8曲目、メロディアスなはずなんだけど右手はメロディ、左手は浮遊感のある9曲目。(04年3月10日発売)

« Generations/Gary Burton | トップページ | ブログの利用法に関するある方からのアドバイス »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/740724

この記事へのトラックバック一覧です: Anything Goes/Brad Mehldau:

« Generations/Gary Burton | トップページ | ブログの利用法に関するある方からのアドバイス »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メールアドレス

友人が運営しているサイト