Twitter

無料ブログはココログ

2019/10/18

Four/Satoko Fujii/Joe Fonda

Fujiifour 輸入盤なんだけど国内盤扱いの藤井郷子さんのアルバムが新譜で届いてます。あと1枚は今日(18日)に届く予定なので、ちょっとこの辺アクロバットかな。ジョー・フォンダとのアルバムも4作目になると、かなり緊密度が増していて、フリー・インプロヴィゼーションなのに1曲目の美しさはまるで作曲されたもののようです。その反面7曲目のようにフリーらしいフリーの演奏もあり、変化に富んでいます。ライヴ収録だけど、曲がつながっているように聴こえていて、観客の拍手はないです。今回はこのように曲がつながった感じがなかなかいいですね。むしろ1-5曲目を1曲ととらえてみてもいいのかも。藤井さんは多作ですが、やはりアルバムごとに特色があるのがいいですねえ。

 

Four/Satoko Fujii(P)/Joe Fonda(B, Fl)(Long Song Records) - Recorded September 6 and 7, 2018. Natsuki Tamura(Tp on 6-7) - 1. Painted By Moonlight 2. Diamonds In The Rough 3. Cannot Do More 4. Gift From Billy 5. The WInd As It Bends 6. Stars In Complete Darkness 7. We Meet As 3

「Four(4)」とは4作目の意味かだろうか。1-5曲目が2人の、6-7曲目が3人のフリー・インプロヴィゼーション。完全なフリーとは思えないほどに、1曲目のタイトルが示す通り、詩的なメロディが現れてきて、耽美的な美しいサウンド。曲が先でタイトルが後なのかもしれませんが。ベースのアルコとピアノのやや激しい語り合いの続く2曲目、やはりアルコとピアノで、深淵の世界をのぞき込むような3曲目、ジョー・フォンダが出だしのみフルートに持ち替えて、ピアノも空間的な訥々としたやり取り、ベースも特殊な音を出素4曲目、そのまま嵐に突入する5曲目、目の前の暗闇からエネルギーが湧き出てくるようなドラマチックな22分台の6曲目、静かでフリーな対話から盛り上がっていく、ベテランならではの12分台の7曲目。 (19年10月12日発売)

2019/10/17

Harmony/Bill Frisell

Billharmony新譜がもう少しパラパラと入ってきています。今日は到着したばかりのビル・フリゼールのBlue Note移籍盤が4日に発売されてたのを見逃していて、急きょ購入して聴きました。次の通販の注文を待っていると、11月中旬ぐらいになってしまいそうなので。ストリーミングが聴けるようになってから、このアルバムもそうですが、先にストリーミングで聴いてしまいます。そのうちCDを買わなくなる日も近いのかもしれないです。このアルバム、ぺトラ・ヘイデンのヴォーカルとの相性が良いですね。やはり無理やりジャンル分けするとフォークになってしまうのかな。フリゼールのファンは多いと思うので、ジャズかそうでないかは気にする必要は、もう無くなっているでしょうね。

 

Harmony/Bill Frisell(G)(Blue Note)(輸入盤) - Released 2019. Petra Haden(Voice), Hank Roberts(Cello、), Luke Bergman(G, Baritone G, B, Voice) - 1. Everywhere 2. God's Wing'd Horse 3. Fifty Years 4. Hard Times 5. Deep Dead Blue 6. There In A Dream 7. Lone Some 8. On The Street Where You Live 9. Haw Many Miles? 10/ Lush Life 11. Honest Man 12. Red River Valley 13. Curiousity 14. Where Have All The Flowers Gone?

(19/10/16)ビル・フリゼール作が1-3、5、7、9、11、13曲目、チャーリー・ヘイデン作が6曲目、他はスタンダードやトラディショナルなど。再演曲もあり。これをジャズかというと、時に明るく、時に陰影のあるフォーキーなヴォーカルアルバムに近いんじゃないかと思いますが、何せビルのギターはワン・アンド・オンリーなので、これでいいのだと思います。ヴォーカルは冒頭エフェクトを使ったり、コーラスの曲はオープン・ハーモニー主体で心地よいし、だから「ハーモニー」なのかな。ギターが派手ではないんだけど、やはり好きな人は好き、という趣き。どの曲も良いメロディを持っているので、やはり彼はメロディ・メイカー。アップテンポの曲もなく、はっきり言って地味な感じだけど、多くの人を引きつける魅力がつまっています。

2019/10/16

Roma/Enrico Rava/Joe Lovano

2654ECM新譜聴き5日目でECMは一段落。これもライヴの持ち込み音源のようです。聴いていると、このアルバムに関してはECM的とも言えるのですが、それでもスピリチュアルというか、フリーというか、そんな面も強く感じます。エンリコ・ラヴァとジョー・ロヴァーノのフロントだったら聴いてみたい、と思う人は多いと思います。ただ、このレーベルとメンバーだと、こういう方面に行ってしまうんだな、ということを感じました。適度に緊張感があって良いライヴの音源を収録してくれたと思いますが、やはりちょっとクセがある(私は好きですが)というところではないのかなあ、と思います。

 

Roma/Enrico Rava(Flh)/Joe Lovano(Ts, Tarogato)(ECM 2654)(輸入盤) - Recorded November 2018. Giovanni Guidi(P), Dezron Douglas(B), Gerald Cleaver(Ds) - 1. Interiors 2. Secrets 3. Fort Worth 4. Divine Timing 5. Drum Song - Spiritual - Over The Rainbow

(19/10/15)ライヴ。66分収録。エンリコ・ラヴァ作が1-2曲目、ジョー・ロヴァーノ作が3-5曲目前半、ジョン・コルトレーン作が5曲目中盤、スタンダードが5曲目後半。15分台の1曲目からなかなかエキゾチックにせまってくれます。バラード的な感じではあるけど、かなり自由でフリー的な音使いもあって、徐々に盛り上がっていきます。リズムはゆるいファンクな感じで、少し密度の濃い目なソロとバッキングに耳が行く2曲目、続いていくような感じでベースが4ビートを刻んでいる、それでも8ビート的に聴こえる、勢いのある12分台の3曲目、メロディが漂うように流れるも、緊張感のあるサウンドの4曲目、自由度が高い中でサックスが舞い、その後メドレーで続いていく18分台もの5曲目。8分の6拍子とバラードへの変化が。

2019/10/15

Characters On A Wall/Louis Sclavis

2645 ECM新譜聴き4日目。今日のアルバムはルイ・スクラヴィスのECM13枚目のアルバムだそうです。他レーベルへの吹込みも残しながら、けっこう長いお付き合いになっていますね。しかもECMではこのところ変則的な編成が多かったのですが、ピアノ・トリオをバックに演奏するというのも珍しい。ECMのアルバムにはありがちなんですけど、出だしはゆったり静かにはじまって、後半に行くにつれてバラエティに富んで、しかもシリアスになっていく、というパターンを踏襲しているような気もします。まあ、一歩踏み込んだら沼だった、それがまたいいわけで。フランスのジャズはそれでなくてもシリアスなものが多いような気がして、あまりたくさんは聴いてないけど、ハマります。

 

Characters On A Wall/Louis Sclavis(Cl, Bcl)(ECM 2645)(輸入盤) - Recorded October 2018. Benjamin Moussay(P), Sarah Murcia(B), Christophe Lavergne(Ds) - 1. L'heure Pasolini 2. Shadows And Lines 3. La Dame De Martigues 4. Extases 5. Esquisse 1 6. Prison 7. Esquisse 2 8. Darwich Dans La Ville

(19/10/14)4人でのインプロヴィゼーションが5、7曲目、Benjamin Moussay作が2曲目で、他は全曲Louis Sclavis作曲。オーソドックスなクァルテットはECMでは久しぶり。しっとりとした静かな雰囲気で温度感の低めな曲が目立ちます。おおむねあまり難解ではなく(それでも少しその要素はある)、メロディも哀愁があるものも。ただそのメロディが、不思議な異世界に連れて行ってくれるような雰囲気。ある種の映画音楽的、現代音楽的とも言えるかも。ヨーロピアンでのクァルテットなので、ビート的には、8ビート的だったり、ゆったり系のバラードだったり。クラリネットやバスクラリネットのメロディや音色がエキゾチックに感じます。その中でも5、7曲目は異質か。6曲目はややアップテンポの5拍子系。8曲目はシリアスな展開。

2019/10/14

Common Practice/Ethan Iverson Quartet/Tom Harrell

2643ECMの新譜聴き3日目。トム・ハレルのECMのアルバムへの参加、たぶん初めてでしょう。このアルバムがひとつの転換点になっていることは、おそらく持ち込み音源であることを考慮に入れても、言えると思います。大半をスタンダードで占めていて、しかもそのほとんどが、ごく普通に4ビートのジャズをやっているという点で。このアルバム、その部分をブラインドで出したら、ECMとは分からないんではないのでしょうか? 以前からキース・ジャレット・トリオがスタンダードをやってましたけど、ゲイリー・ピーコックとジャック・ディジョネットという組み合わせで、ある種独特な4ビートではないリズム感が生まれてましたし。そういう意味では面白いアルバムです。

 

Common Practice/Ethan Iverson(P) Quartet/Tom Harrell(Tp)(ECM 2643)(輸入盤) - Recorded January 2017. Ben Street(B), Eric McPherson(Ds) - 1. The Man I Love 2. Philadelphia Creamer 3. Wee 4. I Can't I Get Started 5. Sentimental Journey 6. Out Of Nowhere 7. Polka Dots And Moonbeams 8. All The Things You Are 9. Jed From Teaneck 10. I'm Getting Sentimental Over You 11. I Remember You

(19/10/13)Ethan Iverson作は2、9曲目のみで、ほとんどがスタンダードやブルースのライヴ。トム・ハレルの参加がここでは聴きもの。やはりECMっぽさを意識しているような雰囲気はありますが、ECMらしからぬ選曲と温かみのあるサウンドは、これが持ち込み音源(だと思う)だからか。急速なアップテンポの4ビートはないにしても、バラードからミディアム・テンポまで、普通にジャズしている場面が多いのも、このレーベルにしては、有名なミュージシャンだけに許された特徴。2曲目はオリジナルながらブルース進行で攻めてきます。9曲目もそれっぽい。3曲目は割と活きのいい4ビートだし。4ビートの5-6、8-11曲目なども含めて、これはトム・ハレルへの配慮か。それが貴重なECMへの参加につながったかと思う。

2019/10/13

Playing The Room/Avishai Cohen/Yohathan Avishai

2641 ECMの新譜聴き2日目。今日はアヴィシャイ・コーエンとヨナタン・アヴィシャイのデュオです。意外にジャズメン・オリジナルが多いなあ、と思ったのですが、それでもマンフレート・アイヒャーのプロデュース。最初はいかにもECMらしくはじまりましたけど、5曲目あたりからバラエティに富んだ曲がいろいろと出てきました。なかなか面白いし、それでいてECMらしさも残っていてと、まあ、こっち方面が好きな方には満足できる内容ではないかと思います。それにしても、2人ともECMでは何枚目かの登場だし、しばらくこのペースが続くんじゃないかな。トランペットは正直、彼の吹きまくるところを聴きたい、というのはありますけれども。

 

Playing The Room/Avishai Cohen(Tp)/Yohathan Avishai(P)(ECM 2641)(輸入盤) - Recorded September 2018. - 1. The Opening 2. Two Lines 3. Crescent 4. Azalea 5. Kofifi Blue 6. Dee Dee 7. Ralph's New Blues 8. Sir Duke 9. Shir Eres (Lullaby)

(19/10/12)ECMでの2人の共演は3度目だけど、クインテットやクァルテットだったので、デュオは初めて。Avishai Cohen作の1曲目、Yohathan Avishai作の2曲目、ジョン・コルトレーン作の3曲目、デューク・エリントン作の4曲目、アブドゥーラ・イブラヒム作の5曲目、オーネット・コールマン作の6曲目、ミルト・ジャクソン作の7曲目、スティーヴィー・ワンダー作の8曲目など。ECMでジャズメン・オリジナルが多いのは珍しいのですが、最初の方はECMらしいゆったりとした静かなバラードの曲で、詩情感あふれる演奏です。5-8曲目は明るめで、バラエティに富んでいます。この曲がこう来たか、という感じですね。イスラエル勢のデュオといっても、特にイスラエル色が目立つわけでもなく、ごく自然な演奏が繰り広げられています。

2019/10/12

Danish String Quartet/Bach/Schnittke/Beethoven/Prism II

2562 ECMの新譜が5枚来ていて、初日だけNew Series。番号順に聴いていきたいと思いますが、ストックがないので、今回の台風19号の影響で停電などあった場合は、更新がストップするかもしれませんね。このDanish String Quartetの「Prism I」は昨年出ていて、しかも2561という前の番号。2565まではまだ空いているので、かつてのアンドラーシュ・シフのピアノソナタ集のように、時間をかけてVまで出てくる可能性もあります。そこまで力を入れているストリング・クァルテットなので、New Series好きの方、クラシック好きの方は、聴いてみてもいいのかもしれません。こちらは台風が家を破壊することなく、何とか通り過ぎてくれるといいなあと、そればかりを祈っているのですが。

 

Danish String Quartet/Bach/Schnittke/Beethoven/Prism II(ECM New Series 2562)(輸入盤) - Recorded May 2017. Rune Tonsgaard Sorensen(Vln), Frederik Oland(Vln), Asbjorn Norgaard(Viola), Fredrick Schoyen Sjolin(Cello) - Johann Sebastian Bach: 1. Fugue In B Minor BWV869 Alfred Schnittke: 2-4. String Quartet No.3 Ludwig Van Beethoven: 5-10. String Quartet No.13 In B-flat Minor Op.130

(19/10/11)バッハは18世紀ドイツの作曲家、、ショスタコーヴィチは20世紀ロシアの現代音楽家、ベートーベンは18-19世紀ドイツの作曲家。と、「Prism I」と同じ作曲家による別の演奏です。もしかするとシリーズになるのかも。新たな視点での演奏ということですが、それは熟練した聴き手にまかせて、バロック音楽、現代音楽、クラシック音楽の76分収録の新旧抱き合わせのこのアルバムをECM流に楽しめます。落ち着いた演奏か。

2019/10/11

Nofo Skies/Alex Sipiagin

Alexnofo 飛び飛びにですけど、また新譜です。と言いつつこのアルバム、4月22日の発売となってました。情報が遅れた上に、注文でもまとめてなので時間がかかり、今になってしまったというわけ。フロント3管がAlex Sipiagin、Chris Potter、Will Vinsonときては聴かずにいられないです。でも、聴いた感じではすごいことをやっているんだけど、こういうサウンドだとやはりマニア受けなのかなあ、とは思いますけれども。演奏自体は素晴らしいんだけど、これを受け入れる人は多くないのでは、という気もしています。やはりジャズも沼に落ちる、というような表現が的確かもしれませんね。ともあれ、常人にはできないようなフレーズやアンサンブルが満載なので、まずストリーミングで聴いてみては(と書くのも時代の流れかなあ)。

 

Nofo Skies/Alex Sipiagin(Tp)(Blue Room Records)(輸入盤) - Recorded September 5 and 6, 2018. Chris Potter(Ts), Will Vinson(As), John Escreet(P, Key), Matt Brewer(B), Eric Harland(Ds), Alina Engibaryan(Vo) - 1. Rush 2. NoFo Skies 3. Recovery 4. Savoir 5. Sky 1 6. Shadows 7. Start Of... 8. Sky 2 9. Between AM's 10. For You

(19/10/10)9曲目の作曲とすべての作詞をAlina Engibaryanが、他は全曲Alex Sipiaginが作曲。収録時間は76分。まず、メンバーがスゴい。よくこれだけ集まったなあ、と思う。1曲目から4ビートではなくて現代のアコースティック・ジャズという感じで進んで行き、ちょっとラフなサウンドだけどその混沌加減もいいし、キメのハーモニーの部分がかなりカッコいい。おおむねそういう路線ではあるも、曲によってサウンドの色合いが違っていて、まとまり具合とか外し具合がやはりこのくらいの腕の人たちでなければ出来なさそうな感じ。3、6、9-10曲目のヴォーカル曲では、浮遊感漂う、不思議なメロディでさりげなくせまってきます。ベースもアコースティックとエレクトリックの曲と両方。4曲目も複雑な3管のテーマのノリの良い曲。

2019/10/10

Patience/Tom Van Der Geld And Children At Play

1113 ECMの未CD化作品のストリーミング聴きが続きます。このアルバムは、やはりリーダーの知名度と演奏の内容で、CD化されなかったのかな、と思います。演奏内容も内省的な部分もあるし、盛り上がるところもあるけど、マニアックな感じもけっこうプンプンしてます。まあ、それを今になって聴けたのは幸いですけれども。「ECM Catalog」によれば、メンバーは皆アメリカンだそうですが、名前からして、ヨーロピアン主体のようなサウンドを奏でているのはECMマジックでしょうか。何となく4曲目は日本の雅楽の影響が感じられたのだけど、実際そうなのかどうかは、分かりません。でも雰囲気はけっこうでてましたねえ。こういうアルバムも聴いていくと、ECMに関して感じる欠けたピースが埋まっていきます。

 

Patience/Tom Van Der Geld(Vib, Per) And Children At Play(ECM 1113)(ストリーミング配信) - Recorded May 1977. Roger Jannotta(Ss, Bs, Fl, Oboe, Bcl), Kent Carter(B), Bill Elgart(Ds, Per) - 1. Patience 2. Golden Stars 3. Alison 4. Celia 5. And Then...

(19/09/30)5曲目が全員のインプロヴィゼーション、2、4曲目がRoger Jannotta作、1、3曲目がTom Van Der Geld作。内省的なフリーという感じで、静寂から時間をかけて穏やかな演奏に持っていく、空間を非常に活かした形でのサウンドのタイトル曲の1曲目、3連4拍子という感じの、割と元気の良くてヴァイブラフォンが熱を冷ますような演奏をしてある意味スピリチュアルとも言える、不思議なテーマをラスト近くに持つ2曲目、ヴァイブラフォンではじまり、少し端正なテーマで静かに進行していく千鳥足的バラードの3曲目、オーボエやドラムスなど、雅楽を聴いているような出だしから、穏やかなヴァイブラフォンのメロディが流れる4曲目、フリー・インプロヴィゼーションといっても静かなやり取りで、後半盛り上がっていく5曲目。

2019/10/09

Desert Marauders/Art Lande And Rubisa Patrol

1106 ECM未CD化作のストリーミング聴き。アート・ランディのルビサ・パトロールの2作目を聴きました。1作目はCD化されて、この2作目がCD化されてないのも、音源を聴くと謎なんですけど、とりあえずは何度も言うように、聴けて良かったのワンパターンになってしまいますね。特にここには16分もあるグループ名の曲が1曲目にあるので、なんでかなあ、と思うことも多いです。このグループの特徴はエキゾチックだったりミステリアスだったりするイメージがけっこうありますね。曲によっては変拍子なので、なおさら。こうやって秘密の部分になっていたLP廃版音源の実態が分かってくるにつれて、当時のECM(’70年代後半)は革新的だったのと、音楽的に豊饒だったことが分かります。

 

Desert Marauders/Art Lande(P) And Rubisa Patrol(ECM 1106)(ストリーミング配信) - Recorded June 1977. Mark Isham(Tp, Flh), Bill Douglass(B, Fl), Kurt Wortman(Ds) - 1. Rubisa Patrol 2. Livre (Near The Sky) 3. El Pueblo De Las Vacas Tristes 4. Parelandra 5. Sansara

(19/09/30)2曲目がMark Isham作で、他の曲は全曲アート・ランディ作。グループ名義の2作目。幻想的にはじまり、ミステリアスな8分の9拍子基調のリズム(後半は8分の5基調に)、メロディ・ライン、かつ徐々にドラマチックに盛り上がったり変化していく16分台のグループ名のタイトルの1曲目、ちょっと乾いた白っぽい感じの浮遊感のあるサウンドの、バラード(と言っていいのか)調の2曲目、やはり少しエキゾチックでメロディアスなテーマに、軽くボッサ調のベースがつくようなちょっと構築感のある3曲目、幻想的なフルートのソロから、現代音楽的なピアノが入ってきてまたまた深いところに入っていく4曲目、比較的明るくてシンプルなテーマとラテンのリズムで、このグループにしてはノリの良い曲で締めくくっている5曲目。

«Patchwork/Steve Khan

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メールアドレス

友人が運営しているサイト