私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

2017/02/27

The Baltimore Syndicate

Baltimore
紙ジャケ初期の20世紀末ごろの時代はそれに伴いリマスターが紙ジャケで出たので、また音質の変化が分かりやすかったので、けっこう買った記憶があります。が、すぐに飽きて、その後はリマスターになったからといって買い増しや買い替えはほとんどしていないです。KENSOのBOXぐらいかな? 昨日たまたま川崎のタワーレコードへ寄る時間があったので、眺めているうちにクリヤ・マコトの初期作品群がリマスター廉価盤で何枚か発売されているのを発見。自分の日本の現代ジャズ(当時)の原点的な意味合いもあるので、とりあえずそこにあった3枚を購入して、足りない1枚は通販で注文しています。今回は買い増しですかね。久しぶりに聴いてみました。


The Baltimore Syndicate(Paddle Wheel) - Recorded November 8-9, 1989. Alex Norris(Tp), Steve Wilson(Ss, As), Gary Thomas(Ts, Fl), Makoto Kuriya(P), Dave Pellow(B), Billy Drummond(Ds) - 1. A Colored Fluctuation 2. Sala Uno 3. Horizon Of West Virginia 4. Siamese Floating Castle 5. You Don't Know What Love Is 6. Triclinium Suite 7. Everything Happens To Me

リーダーはクリヤ・マコトで、実質的には彼のリーダー作。彼のオリジナルが7曲中5曲を占めています。非常に複雑で知的な曲が多いのが特色。それをやってのけるミュージシャンのプレイも圧巻です。3管フロントですが、個人的にはゲイリー・トーマスの参加に注目。1曲目でいきなりパワー全開。2曲目も不思議で心地よいのですが、細かくは分析不能。楽譜にすると難しそうだけど非常に美しい3曲目、目まぐるしいコード進行の4曲目。6曲目の邦題は「三層構造組曲」。メロディーだけで6ページの組曲だそうです。スゴい。 聴いていると以外にすんなり耳に入ってきます。5、7曲目のスタンダードでホッと一息、と思ったら時々押し寄せてくるソロのフレーズで耳が離せません。ゲイリー・トーマスは5曲目が特に渋い。 (15年12月9日発売)

2017/02/26

今日の長男との楽器談やり取りその他

170226basses
101114131901fender78
昨日の私のスタジオ練習音源を横で聴いていた長男、ベースの音が埋もれている、とのこと。アッシュボディのMoonベースとアンペッグのベースアンプだと相性悪いんだよなあ、と、彼はベース弾くのをやめたはずなのに、おもむろにMoonのベースを取り出し、私のHARTKEのベースアンプにつないで、これだとグライコを400Hzあたりの山にすると中音域が良く出る、とか、説明。

ついでに、先日買ったAtelier ZのDAL-4も試奏して、これは中音域出てるけど、スラップはちょっと落ちるし、これあんまり好きじゃない、とか、中が空洞になっている(実は自分はそれに懐疑心を持っていた)とか、割と的確に説明していきます。プリアンプの音が他より大きいとか。

最後に私が若い頃買ったFenderのJazz Bass(EMGのピックアップをつけてアクティヴに改造。アッシュボディ)を取り出し、これが指引きでもスラップでも一番バランスのいい音出すんだけどなあ、と聞いてみると、なるほどっていう感じです。ただ、弱点はネックが弱くなっていることと、ジョイントが3点止めなので、クイっと力を入れるとネックが横に曲がるので、第一線を退いてます。

音楽の演奏って、耳の良さが大事だなあ、と思ったけど、本人はもうやる気がないのは、ちょっと残念。演奏する方も、聴く方も、若いのに評価軸があって的確に表現できるのが、うらやましいくらい。

(追記)Fender Jazz Bassについては後日談(というより当日談)があります。

今日の午後、Fenderのジャズベ、川崎の山野楽器にリペアに持っていきました。昔はFender Shopだったのですが、山野楽器が代理店ではなくなってしまったとのこと。ただ、今でもFenderのリペアは強いです。2-3週間の入院とある程度の出費を覚悟していたのですけど、見てもらった結果、ネックの横ズレはボディとネックをつなぐネジをきっちり締めることで、無くなりました。ついでにトラスロッドも余裕があることを確認してもらい、弦高調整までしてもらいました。ネックも弱いことはないようでしたし。それでそのまま持ち帰りでき、無料でした。何だかラッキー。重いけど、ライヴで使う候補のベースが一つ増えたのはうれしい誤算かも(笑)。

2017/02/24

ホームページ黎明期からの書籍・雑誌媒体との関わり

先日車雑誌(車雑誌としてははじめて)の取材依頼が実に久しぶりにあったけど、ホームページ黎明期の’97年8月から開設していると、いろいろな取材やコラム執筆依頼が当時舞い込んだ。やはりホームページ自体が珍しいというところから、こういうことがあったんだと思います。20世紀は私のところはインターネットやモバイルでは小さい事務所としてはすすんでいた事務所でしたが、今では小規模な1人でやっている普通の事務所で、その後事務所関係の取材依頼はたまに来ても断っているという事もありますが。こういう掲載でもお知り合いが増えました。

「マネージメントデータバンク」98年1月号(マネージメント・データバンク株式会社)で 仕事のホームページの紹介文が掲載。 まだホームページのアクセス数が500以下だった頃のこと。

「月刊税理」99年1月号(株式会社ぎょうせい)の「税理士の休日」というコラムに「ジャズとインターネット」というタイトルで1ページほど原稿を書きました。 趣味のことを書くのは筆がはかどります。

「日経ゼロワン」99年8月号(日経ホーム出版社)の特集「私のインターネット活用術 第5回」で、私と事務所の記事が掲載されました。 モバイルが中心の内容でした。

「Z-Press」(S1、S2、S3コース)(株式会社増進会出版社(通称Z会))2000年7月号の「職業人インタビュー」 という特集で、私と事務所の記事が掲載されました。中学生向けの職業紹介のページです。

「月刊SOHOコンピューティング」98年4月号(株式会社サイビズ)と2001年1月号で、私と事務所の記事が掲載されました。 当時は2度も取材されるとは、思ってもみませんでした。

「インターネットでお店やろうよ」(アスキー刊)2001年2月号で、第2特集「はじめての確定申告&売り上げ管理」の監修をしました。 25ページの特集。年末調整の時期と重なって、原稿チェックが大変でした。

「旬刊速報税理」2001年10月11日号(株式会社ぎょうせい)の「事務所経営ひと工夫」という特集で、私と事務所の記事が掲載されました。こちらもモバイルやパソコンなどIT関連が中心の内容でした。

「月刊シリエズ」((株)アックスコンサルティング 旧(株)シリエズ総研)2002年3月号の「ケーススタディ(2)電話」で、事務所と私の紹介記事が掲載されました。内容はナンバーディスプレイ、電話転送、携帯電話の活用などです。

「月刊SOHOドメイン(旧誌名:SOHOコンピューティング )」(株式会社サイビズ)2000年1月号-3月号と、5月号、9-11月号 、2001年8-9月号、2002年1-2、7-9月号、2003年7、10、12月号、2004年7-8月号で、800-1000字ほどのコラムを書きました。

ここからはジャズのホームページ。

’02年10月「レコードマップ2003」(学陽書房)音楽関係の本ではじめて1/6ページの大きさで掲載されました。

’03年2月「経済界」3月11日号((株)経済界)何だかジャンル的に異色なのですが、掲載。SITE SEEINGという特集。

’06年10月「ジャズ批評134号」(ジャズ批評社)「私の好きなジャズ・レコード」依頼原稿だけど読者投稿欄に(誤植だらけ)
これが雑誌媒体との距離を保つきっかけとなってしまう。

’10年7月「ECM catalog」(河出書房新社)トップページのURLがコラム「深い森の人々」に掲載される。(追記)現在はホームページが移転してしまいましたが。

それと、’00年前後まで、昔は電話帳みたいな、ホームページのアドレス集などが何回も発売されていて、それにも事務所もジャズのホームページも両方載り続けてました。今では考えられない本ですが、これも時代を感じますね。

2017/02/22

Caipi/Kurt Rosenwinkel

Kurtcaipi
うっかりデジパックのジャケットを、ブックレットを反対側から無理に出そうとして、破いてしまった。ショック。それにしても軽く破けてしまうんだなあと思います。EUからの輸入盤です。カート・ローゼンウィンケルの久しぶりのアルバムは、自身による多重録音の多い、ボッサ中心のアルバムになりました。こういうヴォーカル曲の多いサウンドも好きですけど、やはり自分で何もかもやろうとしないで、それぞれのプロに任せた方が良かったんじゃないか、という気もしています。ギター・ソロのところは彼らしい部分も多いのですけど、演奏全体にちょっと素人感というのか、そういうものを感じました。曲はいいんですけれどもね。


Caipi/Kurt Rosenwinkel(G, B, P, Ds, Per, Synth, Casio, Voice)(Razdaz Records)(輸入盤) - Released 2017. Pedro Martins(Voice, Ds, Key, Per), Frederika Krier(Vln), Andi Haberl(Ds), Antonio Loureiro(Voice), Alex Kozmidi(Baritone G), Kyra Garey(Voice), Mark Turner(Ts), Eric Crapton(G), Zola Mennenoh(Voice), Amanda Brecker(Voice), Chris Komer(French Horn) - 1. Caipi 2. Kama 3. Casio Vanguard 4. Summer Song 5. CHromatic B 6. Hold On 7. Ezra 8. Little Dream 9. Casio Escher 10. Interscape 11. Little B

(17/02/22)全曲カート・ローゼンウィンケルの作曲で、歌詞は別な人のものもあり。曲ごとに参加ミュージシャンが代わります(参加曲は割愛)が、基本的にはカートの多重録音と思われます。何となくボッサ的でもあり、ヴォイスもあってパット・メセニー・グループ的な旋律も持っているタイトル曲の1曲目。その後は素朴なヴォイスの曲が続き、バックも音楽的に高度なことをやるというよりは、ポップス的にあまり難しくない演奏の曲が続きます。歌詞のある曲もかなり多いし。ただし、ボッサ的なので、転調や浮遊感のあるメロディなど、曲そのものは複雑なのかも。こういう方面がやりたかったのだろうけど、ギター・ソロもありますが、ギタリストのリーダーアルバムというイメージはあまりないです。エリック・クラプトンは8曲目に参加。

2017/02/20

Antenna/David Virellesをダウンロード-やっぱりCDのブログ(ホームページ)なのかなあ...

3901
ECMで昨年、新作が10インチLPでしか出なかった「Antenna/David Virelles」(ECM3901)ですが、「Kanazawa Jazz Days」のkenさんからの情報で、MP3ダウンロードできることが判明、iTunesでミニアルバム形式のため、アルバムで700円でした。聴いてはみたものの、今まで確かCD媒体(時に映像ものはDVDやBlu-ray)で聴いたもの(観たもの)しかホームページ、ブログでアップしたことがないのです。ダウンロードのものはやってなかったかと。このアルバムも「中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar」の中年音楽狂さんの文章のリンクでは言及済みですが、自分で書いてみたいなあ、という感じも少々。聴いてスッキリはしましたけど。

実は発表はしていないものの、ダウンロード音源のみのものは他にも少しですが所有してはいます。う~ん、悩みどころです。ブログタイトルが「ジャズCD(ダウンロード含む)の個人ページ(Blog)」になってしまうなあ(笑)。

2017/02/19

Daylight Ghosts/Craig Taborn

2527
ECMレーベル新譜聴き3日目で一段落。でも、また1週間後ぐらいに予定通りなら3枚届くので、今年はECM比率がかなり高くなりそう。さて、Craig TabornのECM3作目ですが、彼とChris Speedのフロントで、予想通りうれしいくらい硬派な内容になってます。逆に言えば聴く人を選ぶっていう事にもなりますが。ECMでは一定割合こういうアルバムも混ざっているので、要注意なんですが、私はむしろこういう方面のアルバムが大好き。まあ、旋律的にはフリーのジャンルかもですけど、けっこう構築された面も持っていて、微妙なバランスで成り立っています。やっぱりこれもプロデューサーのちからかな。


Daylight Ghosts/Craig Taborn(P, Electronics)(ECM 2527)(輸入盤) - Recorded May 2016. Chris Speed(Ts, Cl), Chris Lightcap(B), Dave King(Ds, Electronic Per) - 1. The Shining One 2. Abandoned Reminder 3. Daylight Ghosts 4. New Glory 5. The Great Silence 6. Ancient 7. Jamaican Farewell 8. Subtle Living Equations 9. Phantom Ratio

(17/02/19)7曲目のみロスコー・ミッチェル作で、他は全曲Craig Taborn作。ECM的な意味でハードな内容。構築力があってドラマチックな展開の曲が目立つ。比較的カッチリした曲でもフリーの香りがする硬派な曲で、割とガンガンせまる1曲目、出だしが静かで徐々に盛り上がり緊張感を漂わせ、表情を変えていくフリー的な2曲目、どことなく怪しげな旋律で割とゆったり流れていくタイトル曲の3曲目、メカニカルな飛び飛びの音でフリーのような展開の4曲目、幽玄な雰囲気で、タイトル通り静かに進む5曲目、やや活発なビートのあるフリーの雰囲気の6曲目陰鬱さをたたえながら自由にゆっくりと進む7曲目、静けさを通り越して研ぎ澄まされた感のある8曲目、連綿たる音の連なりが叙情的な感じさえするフリー的な9曲目。

2017/02/18

The Invariant/Benedikt Jahnel Trio

2523
ECMレーベル新譜聴き2日目。このアルバムは今日到着したものです。HMVの方が1か月以上早く、しかも安く入手できるはずだったのが、入荷せずにAmazonに切り替えました。それにしてもこのアルバムも収録時間が45分台。LPでの発売を意識した録音がだいぶ多くなってきています。CDでの再生時間は60分前後がちょうどいいと思っている私は、その分安くして、と思うのですが(笑)。ただ、このアルバムを高くなっても急いで入手しても後悔はなかったです。なかなかいいトリオ。また間隔を置いてでも、このトリオでECM3枚目を出してほしいなあ、と思っているのは私だけではないはず。


The Invariant/Benedikt Jahnel(P) Trio(ECM 2523)(輸入盤) - Recorded March 2016. Antonio Miguel(B), Owen Howard(Ds) - 1. Further Consequences 2. The CIrcuit 3. Mirrors 4. Mono Lake 5. Part Of The Game 6. For The Encore 7. Interpolation One 8. En Passant

(17/02/18)全曲Benedikt Jahnelの作曲。同じメンバーではECM2作目の異国トリオ。素直ではないけれど、すんなりと入ってくる情緒感たっぷりのピアノはなかなかいい感じ。リーダーがドイツ人なだけあって、ヨーロッパ系の非4ビートの演奏なのだけど、それほど内省的という感じでもなく、ガンガン来るわけではないけれど、そんなに静かすぎるほどでもなく、いい雰囲気でピアノトリオを楽しめます。もちろんちょっと冷たさの残るサウンドですが。5曲目は変拍子系ミニマル(?)的なサウンドが心地よい。このぐらいのサウンドで、ちょっと音的に多めなピアノ・トリオというのも、ECMではあまりないので、そういう意味では個性的なのかも。それでいて6曲目のような心が洗われるメロディが出てくるところも。やはり存在感はある。

2017/02/17

My Foolish Heart/Ralph Towner

2516
ECMの新譜がまた届いています。すいません、このところ忙しくてなかなか聴く時間がありませんでした。聴こうと思うと長男が、同じ部屋で音楽をかけている時もありますし。ラルフ・タウナーの新譜、これも収録時間40分ですねえ。以前は50-60分のものが多かったんですが、LP化するものはLP1枚分を意識した収録になっているので、これもその一環かも。こういう音楽はもっと長く聴きたいなあ、とも思うのですが、ギターソロで表現できる時間というものも聴く方としては考慮に入れなければですね。明るい5曲目は2台で多重録音のようです。ただ、何度でもかけたくなるような、そんなサウンドです。じっくり聴いてもいいし、小音量でかけておいてもいいし。


My Foolish Heart/Ralph Towner(G)(ECM 2516)(輸入盤) - Recorded February 2016. - 1. Pilgrim 2. I'll Sing To You 3. Saunter 4. My Foolish Heart 5. Dolomiti Dance 6. Clarion Call 7. Two Poets 8. Shard 9. Ubi Sunt 10. Biding Time 11. Blue As In Bley 12. Rewind

(17/02/17)4曲目のタイトル曲のみスタンダードで、他は全曲ラルフ・タウナーの作曲。曲数は多いけれど、40分台の収録時間と、1曲あたりの時間が短いですが、クラシック・ギターと12弦ギターのソロで奏でられる曲たちは、叙情的でもあり、空間的でもあり、その世界に引き込まれます。1曲目からその哀愁漂うギターの世界にハマっていきます。オリジナルがほとんどながら、よりメロディアスな方向に来ているのでは。レーベル色に合致した、まっとうながらも不思議な空間が。彼が彼でいつづけることの証明として記録された音。アイヒャーのプロデュースが彼の演奏を独自なものにしています。彼にしてははっきりしている3曲目、イメージ通りの有名曲の4曲目。正直、複雑で2台による多重録音か判別しがたい曲もあり。

2017/02/13

Atelier ZのDAL-4を中古で購入

170213dal
今日、たまたま楽器屋の前を通りがかったので(無理やり予定を組んで通りがかったとの説もあるが、真偽のほどは不明)、目指した楽器の中古があるので、試奏させてもらいました。今日はフジテレビの朝のめざまし占いで、乙女座1位「うれしい出来事が次々と起こる日。細かいことはこだわらなくてOK。」なんてことが書いてあったりしましたが、それはあまり関係ないか。実はこのAtelier ZのDAL-4(5弦のDAL-5の時もあったかなあ)は、ずっと前から欲しかったのですが、過去に長男と一緒に行って試奏すると、彼によればフェンダーみたいな音であまり好みではない、とのことで、2回ぐらいパスしています。軽くていいんだけれども。

基本的に指引きが多いし、今実際にはフェンダーを使っていないため、今回試奏させてもらって、指引きだとけっこういいなあという感想でした。まあ、フェンダーから遠くない音だけれども。ただしスラップだとアッシュボディの他機種には負けるかなあ、という気持ちもありましたが、そこはお店の人に弦高を下げてもらって、より気に入った音になりました。中古でも程度がいい割に値段も他よりは低めの設定だったので、お買い上げ。だだ、モデンチェンジ後の現行タイプだそうなんだけど、その割にはシリアルナンバーが古め。まあ、音と軽さ、弾きやすさで決めているので、今やそれはどうでもいいんだけれども。購入時に、サービスで、アトリエ用と、あと他に持っているMoon用のトラスロッド回しをおまけでもらいました。でも、そこがちょっとした問題になっていくのです。

家にあったアトリエもMoonも基本的にはネックがしっかりしているので、弦高をけっこう下げても弾きやすくはなれど、ビビりがそんなにあったりしないんですね。持っている方の2台も帰って早速弦高を下げたら、弾きやすくなってしまいました(笑)。さあ、次のライヴはどれを持って行こう(笑)←イマココ。贅沢な悩みなので、悩むことにしましょうか。前回(ほぼ2年前かな)、もうこれでベースは打ち止め、と言っておきながら、また買ってしまいました。まあ、いいか。で、外見上は結局、Moonの4弦とどこが違うのか、非常に分かりづらくなっています。ナチュラルのカラーが好きなもので。音色や後ろから見た格好は、アッシュトップのアルダーバックなので、全然違うんですけれどもね。


170218bass
(追記2月23日)中古のベースは、割と程度が良くても、新品の販売価格の5-6割で買えるから、チョイキズや擦り跡があって新品にこだわらなければお得な買い物だけど、時にあれっ?という事がある。DAL-4のブリッジの弦高調整のネジが、ちょいと長いのです(写真)。同型式のブリッジ一式交換しても3千円台で取り寄せられるからいいけど、今のところ、目障りだというだけで、弾くのにじゃまになってないから、放っておくかもしれないです。

2017/02/12

Somehow, Someday, Somewhere/桑原あい

Kuwabarasome
桑原あいの5枚目になるのかな。今回はウィル・リーとスティーヴ・ガッドとのトリオなので、けっこうイケイケでグルーヴィーなファンクのアルバムを想像してましたけど、そこは桑原あいのこと、1曲目にそれっぽい曲があるだけで、全然違った雰囲気のサウンドになってます。この2人をこう使うか、みたいな。ある意味それは成功していて、自分的にはウィルにこういう面もあるのか(たまたま今まで出会っていなかっただけだと思うけど)、と聴いていて参考になりましたし。彼女にはもっとマニアックな作曲やピアノを期待している面もあるのですが、今回はこういうもっと広い層にアピールした(と言ってもマニアックさもありますが)アルバムも、いいんじゃないかなと思います。

(追記)ちなみにこれは7インチ紙ジャケなので、他のCDと一緒に並べることができず、ちょっと困ります。


Somehow, Someday, Somewhere/桑原あい(P、Vo)(T.O.M. Records)
Somehow, Someday, Somewhere/Ai Kuwabara(P, Vo)(T.O.M. Records) - Recorded October 2016. Steve Gadd(Ds), Will Lee(B, Vo) - 1. Somehow It's Been A Rough Day 2. Home 3. Somewhere 4. Never Neverland 5. All Life Will End Someday, Only The Sea Will Remain 6. B Minor Waltz 7. Extremely Loud But Incredibly Far 8. The Times They Are A-Changin' 9. The Back

桑原あい作が5曲(1、4-5、7、9曲目)、ミシェル・ペトルチアーニ作が2曲目、バーンスタイン/ソンドハイム作が3曲目、ビル・エヴァンス作が6曲目、ボブ・ディラン作が8曲目。超有名なリズム陣を従えて、いつもの彼女とはまた違った、素晴らしいピアノ・トリオ。ややファンク的なグルーヴ感が気持ち良い、メロディアスな1曲目、メロディが美しい、途中から4ビートになる2曲目、語りかけるようにピアノが歌う3曲目、目まぐるしく旋律が動くもジャズしている感覚がいい感じの4曲目、8分の7拍子と4拍子の部分がある彼女らしい曲の5曲目、しっとりとしたワルツの6曲目、エレピで変拍子ファンクと思ったら4ビートもアリの普段の彼女的な7曲目、詩情的な明るいフォークの8曲目、詩的で静かなバラードが印象的な9曲目。(17年2月8日発売)

«Moonの4弦ベースとAtelier Zの5弦ベースのネックや弦高を調べてみたら

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

メールアドレス

友人が運営しているサイト