« Heino Eller, Neenia/Tallinn Chamber Orchestra/Tonu Kaljuste(Cond)(ECM New Series 1745) | トップページ | Naunz/Thomas Larcher(P)(ECM New Series 1747) »

2018年9月21日 (金)

In Montoreal/Charlie Haden(B) & Egberto Gismonti(G, P)(ECM 1746)

1746

In Montoreal/Charlie Haden(B) & Egberto Gismonti(G, P)(ECM 1746) - Recoreded July 6, 1989. - 1. Salvador 2. Maracatu 3. First Song 4. Palhaco 5. Silence 6. Em Familia 7. Loro 8. Frevo 9. Don Quixote

全9曲中7曲がエグベルト・ジスモンチの、2曲がチャーリー・ヘイデンのオリジナル。西洋的でもブラジル的でもある、彼らの独特なコラボレーションがそこにあります。不思議な色をなしてギターとベースが融合する1曲目、叙情的にせまってくるピアノが印象的な2曲目、おなじみヘイデン作の強烈な哀愁が漂ってくる3曲目、きれいなフレーズの演奏を聴かせている4曲目、ピアノをバックにベースがメロディを奏で、淡々とベースとピアノとでアドリブが続くヘイデン作の5曲目、ギターが音のかたまりとして元気に耳に飛びこんでくるような6曲目、個性的なピアノが聴ける7曲目、ピアノとベースがスリリングに展開していく8曲目。そして、美しいドラマチックなバラードの9曲目。 ヘイデンの連続していたコンサートの、ある一日の風景。(01年8月22日発売)

« Heino Eller, Neenia/Tallinn Chamber Orchestra/Tonu Kaljuste(Cond)(ECM New Series 1745) | トップページ | Naunz/Thomas Larcher(P)(ECM New Series 1747) »

ECM1702-1750番」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

名盤。"Silence"は聴き比べのたのしみ。

チャーリーヘイデンは数日間にわたって、いろいろなメンバーとこの時ほとんどの日のライヴをCDに残していますが、ECMから出たのはこのアルバムだけですね(たぶんジスモンチが出ていたからだと思いますが)。どれもいい感じです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/67146311

この記事へのトラックバック一覧です: In Montoreal/Charlie Haden(B) & Egberto Gismonti(G, P)(ECM 1746):

« Heino Eller, Neenia/Tallinn Chamber Orchestra/Tonu Kaljuste(Cond)(ECM New Series 1745) | トップページ | Naunz/Thomas Larcher(P)(ECM New Series 1747) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック