2018年11月20日 (火)

Trojan Women/Eleni Karaindrou(ECM New Series 1810)

1810

Trojan Women/Eleni Karaindrou(ECM New Series 1810) - Recorded July 2001. Socratis Sinopoulos(Lyra, Laouto), Christos Tsiamoulis(Ney, Suling, Outi), Panos Dimitrakopoulos(Kanonaki), Andreas Katsiyiannis(Santouri), Maria Bildea(Harp), Andreas Papas(Bendir, Daouli), Velinika Iliopoulou(Vo), Chorus Of Captive Trojan Women, Antonius Kontogeorgiou(Chorus Director) - 1. Voices 2. Lament 1 3. Desolate Land 1 4. Lament 2 5. Hecuba's Lament 6. Parodos-The Land I Call Home 7. Parodos-Home Of My Forefathers 8. Parodos-I Wish I'm Given There 9. Cassandra's Theme 10. Cassandra's Trance 11. First Stasimon-An Ode Of Tears 12. First Stasimon-For The Phygian Land A Vast Mourning 13. Andromache's Theme 14. Andromache's Lament 15. Terra Deserta 16. Astyanax' Theme 17. Hecuba's Theme 1 18 Hecuba's Theme 2 19. Second Stasimon-Telamon, You Came To Conquer Our Town 20. Second Stasimon-The City That Gave Birth To You Was Consumed By Fire 21. An Ode Of Tears 22. desolate Land 2 23. Lament 3 24. Third Stasimon-In Vain The Sacrifices 25. Third Stasimon-My Beloved, Your Soul Is Wandering 26. Hecuba's Theme 27. Lament For Astyanax 28. Exodos 29. Exodos-Accursed Town 30. Astyanax' Memory

邦題「トロイアの女たち」。古代ギリシャの話に基づく舞台劇に、エレニ・カラインドルーが作曲したものです。ギリシャの古楽器を使用していて、その物語の悲劇性と合わせて、エキゾチックで哀愁が漂っています。録音には声楽曲も含まれていて、心の中に染み入ってくる感じ。やはりギリシャの音楽、という感じはあり、深く沈んだ感触はブルー。 彼女の作風によるものか、かの地の風土なのか、どこか懐かしい響き が伝わってきます。(02年6月21日発売)

2018年11月19日 (月)

Sofienberg Variations/Christian Wallumrod(P, Harmonium) Ensemble(ECM 1809)

1809

Sofienberg Variations/Christian Wallumrod(P, Harmonium) Ensemble(ECM 1809)(輸入盤) - Recorded October 2001. Nils Okland(Vln), Arve Henriksen(Tp), Per Oddvar Johansen(Ds), Trygve Seim(Ts) - 1. Sarabande Nouvelle 2. Memor 3. Edith 4. Alas Alert 5. Small Pitcure #1 6. Sarabande Nouvelle, Var. 1 7. Psalm 8. Liturgia 9. Smal Picture #3 10. Small Picture #2 11. Small Picture #3 1/2 12. Edith, Var. 13. Memore, Var. 14. Sarabande Nouvelle, Var. 2 15. Losting temple

(03/03/07)7曲目がノルウェイの民謡で、それ以外はChristian Wallumrodのオリジナル。比較的短めの曲が15曲。ジャズというよりはヨーロッパのややシリアスでブルーな情景の映画音楽を聴いている雰囲気。その重く沈んだ雰囲気は1曲目に出ています。ピアノ中心の2-3曲目はジャズっぽくはないですが、旋律が美しい。何曲かはヴァリエーション(変奏曲?)(1、6、14曲目、2、12曲目、3、13曲目)があり、比べてみるのも面白いかも。5、9-11曲目は組曲の小品で、インプロヴィゼーションにしてはまとまっているような気も。7曲目も民謡というよりはゆったりとしたメロディのオリジナルの感触です。しっとりとしたメロディが心に入り込んでくる8曲目、内省的な15曲目。なお、Trygve Seimは1、6、14曲目にのみ参加。

2018年11月18日 (日)

Tribute To Lester/Art Ensemble Of Chicago(ECM 1808)

1808

Tribute To Lester/Art Ensemble Of Chicago(ECM 1808) - Recorded September 2001. Roscoe Mitchell(As. Ts, Ss, Sopranino Sax, Bass Sax, Fl, Whistles, Per), Malachi Favors Moghostut(B, Bells, Whistles, Gongs), Famoudou Don Moye(Ds, Congas, Bongos, Counsel Ds, Bells, Whistles, Gongs, Chimes) - 1. Sangaredi 2. Suite For Lester 3. Zero/Alternate Line 4. Tutankhamun 5. As Clear As The Sun 6. He Speaks To Me Often In Dreams

亡くなったレスター・ボウイへ捧げたアルバムで、ECMへの久しぶりの作品。ここでは3人編成での演奏です。1曲目はパーカッションの洪水の中を時おり響き、泳ぐ音、それが淡々と連なっています。2曲目は「レスター組曲」で、5分のうちサックス、次にクラシックっぽいフルートの優しいメロディー、後半はより低いバリトンサックスに持ち替えフォービートでメロディアスに。故レスター・ボウイ作との共作(?)のオーソドックスで渋いフォービートの3曲目、出だしバリトンサックスの重々しさが印象的なフォービートで、後半はソプラノサックスを吹きまくる4曲目。5-6曲目はおそらくフリー・インプロヴィゼーション。やはりソプラノサックスがずっと暴れまくる12分台の5曲目、再びパーカッション中心でせまる13分台の6曲目。(03年11月5日発売)

2018年11月17日 (土)

In Concert Robert Schumann/Andras Schiff(P)(ECM New Series 1806/07)

1806

In Concert Robert Schumann/Andras Schiff(P)(ECM New Series 1806/07) - Recorded May 30, 1999. - 1. Humoreske B-dur Op. 20. Novelletten Op. 21 2. 1. Markiert Und Kraftig 3. 2. Ausserst Rasch Und Mit Bravour 4. 3. Leicht Und Mit Humor 5. 4. Ballmassig. Sehr Munter 6. 5. Rauschend Und Festlich 7. 6. Sehr Lebhaft Mit Vielem Humor 8. 7. Ausserst Rasch 9. 8. Sehr Lebhaft Klaviersonate F-moll Op. 14 10. 1. Allegro 11. 2. Scherzo. Molto Comodo 12. 3. Quasi Variazioni. Andantino De Clara Wieck 13. 4. Prestissimo Possible Nachtstucke F-dur Op. 23 14. 4. Ad Libitum - Einfach

邦題「イン・コンサート~シューマン・リサイタル」。アンドラーシュ・シフによるシューマン曲集のライヴ録音でCD2枚組。 シューマンは19世紀作曲家。録音が良いせいか、あるいは演奏のせいか、それともロマン派のシューマンの曲だからなのか分かりませんが、ゆったりと落ち着いて聴けます。クリアーなピアノの音が好み。クラシック門外漢の私でも敷居は高くなく、比較的楽しめました。ECMにしては珍しく正統派クラシック。(02年6月21日発売)

2018年11月16日 (金)

Dans La Nuit, Music For The Silent Movie By Charles Vanel/Louis Sclavis(Cl)(ECM 1805)

1805

Dans La Nuit, Music For The Silent Movie By Charles Vanel/Louis Sclavis(Cl)(ECM 1805) - Recorded October 2000. Dominique Pifarely(Vln), Vincent Courtois(Cello), Francois Merville(Per, Marimba), Jean Louis Matinier(Accordion) - 1. Dia Dia 2. Le Travail 3. Dans La Nuit 4. Fete Foraine 5. Retour De Noce 6. Mauvais Reve 7. Amour Et Beaute 8. L'accident Part 1 9. L'accident Part 2 10. Le Miroir 11. Dans La Nuit 12. Lafuite 13. La Peur Du Noir 14. Les 2 Visages 15. Dia Dia 16. Dans La Nuit

’30年代の無声映画にサウンドをつけたそうで、いわゆるジャズ色は少ないですが、その音は構築とインプロヴィゼーションの狭間にある感じ。楽器編成からも分かりますが、3曲目のタイトル曲のようにフレンチ音楽の香りを漂わせていたり、クラシック/現代音楽風であったり。でも、やっぱりフランスの「映画音楽」という感じ。メロディアスで、哀愁の漂う場面があるのがうれしいところ。大半がルイ・スクラヴィスのオリジナル。1、15曲目と3、11、16曲目(タイトル曲)はヴァリエーション。キッチリしたアレンジが心地よいです。10、12曲目はメンバー5人のフリー・インプロヴィゼーションのようですが、その緊張感のある感触は他の曲でも感じる事もあります。聴く人を選ぶアルバムかも しれません。(02年6月21日発売)

2018年11月15日 (木)

Towards The Wind/Stephan Micus(All Instruments)(ECM 1804)

1804

Towards The Wind/Stephan Micus(All Instruments)(ECM 1804)(輸入盤) - Recorded 1999 -2001. 1. Before Sunrise 2. Morning Breeze 3. Flying Horses 4. Padre 5. Birds Of Dawn 6. Virgen De La Nieve 7. Eastern Princess 8. Crossing Dark Rivers

(02/08/10)マルチ・インストルメント奏者ステファン・ミクスの一人での録音(多重録音の部分も)。全曲彼の作曲。無国籍的ワールドミュージックという印象。Bass Dudukという楽器での日本の民謡のような旋律を低音で淡々と演奏した1曲目、カリンバでの小品の2曲目、ギター、尺八、Dondon(何だろう)による、何となく日本的な哀愁を感じさせる旋律で後半盛り上がる3曲目、再びDudukを使用したスペイシーな哀愁を帯びたメロディの4曲目、たくさんの楽器を使用していて、やはり日本的な雰囲気の5拍子の5曲目、14弦ギターによるゆったりしたソロの6曲目、ギターとヴォーカルでの彼流フォークミュージック(?)の7曲目、音数は少ないながらも暗い川を渡る感じが映像的に見えてくるような8曲目。

2018年11月14日 (水)

Care-charming Sleep/The Dowland Project(ECM New Series 1803)

1803

Care-charming Sleep/The Dowland Project(ECM New Series 1803) - Recorded September 2001. John Potter(Voice), Stephen Stubbs(Chitarrone, Baroque G), John Surman(Ss, Bcl), Maya Homburger(Baroque Vln), Barry Guy(B) - 1. Refrain 1 2. Ancor Che Col Partire 3. Gia Piu Volte Tremante 4. Care-charming Sleep 5. Accenti Queruli 6. Weep, Weep, Mine Eyes 7. As I Walked Forth 8. Refrain 2 9. Refrain 3 10. She Loves And She Confesses 11. Angela Siete 12. Have You Seen But A Bright Lily Grow 13. Refrain 4 Amor Dov'e La Fe 14. Care-charming Sleep 15. Ancor Che Col Partire

(03/11/26)1、8-9曲目がメンバーのStephen Stubbsの作曲で、他の曲は16-17世紀のさまざまな作曲家の曲をメンバーがアレンジ。ヴォーカル曲が多いです。ジョン・サーマン やバリー・ガイが参加していますが、バロック音楽の雰囲気を損ねない部分で即興も入っているようです。同じ曲のヴァージョン違い(2曲目(ヴァイオリン)と15曲目(ヴォーカル)、タイトル曲の4曲目と14曲目)もあり。クラシックでは大冒険ですが、自然な感じ。 (04年1月21日発売)

2018年11月13日 (火)

Free And Equal/John Surman(Ts, Ss, Bcl)(ECM 1802)

1802

Free And Equal/John Surman(Ts, Ss, Bcl)(ECM 1802) - Recorded June 2001. Jack DeJohnette(Ds, P), London Brass: Andrew Crowley(Tp), Paul Archibald(Tp), John Barclay(Tp), Anne McAneney(Tp, Flh), Richard Bissill(Horn), Dan Jenkins(Tb), Richard Edwards(Tb), David Purser(Tb, Euphonium), David Stewart(Btb), Owen Slade(Tuba) - 1. Preamble 2. Groundwark 3. Sea Change 4. Back And Forth 5. Fire 6. Debased Line 7. In The Shadow 8. Free And Equal 9. Epilogue

ロンドン・ブラスを加えた編成でのライヴ録音。全曲ジョン・サーマンの作曲で、そこはかとない哀愁と、ジャズとは離れた位置にあるアレンジ。しっとりとした感触のメロディでさりげなくせまってくる1曲目、湿り気を帯びた寒色系のサウンドがゆったりと包み込んで後半自由になる2曲目、カッチリとしたアレンジの部分と自由なインプロヴィゼーションの部分でドラマチックな盛り上がりのある10分台の3曲目、緻密な哀愁系のテーマが印象的でやはり中間部が自由な11分台の4曲目、現代音楽を聴いているようでもあり、インプロヴィゼーションを聴いているようでもありの5-6曲目、アンサンブルの響きやソロもエキゾチックな7曲目、ブラスが前面に出てソロも印象的な変拍子のタイトル曲の8曲目、ゆったりと流れていく9曲目。(03年3月19日発売)

2018年11月12日 (月)

Always Let Me Go/Keith Jarrett(P), Gary Peacock(B), Jack DeJohnette(Ds)(ECM 1800/01)

1800

Always Let Me Go/Keith Jarrett(P), Gary Peacock(B), Jack DeJohnette(Ds)(ECM 1800/01) - Recorded April 2001. - 1. Hearts In Space 2. The River 3. Tributaries 4. Paradox 5. Waves 6. Facing East 7. Tsunami 8. Relay

東京でのライヴで、素晴らしい即興演奏集の2枚組。フリーから静かな牧歌的風景をたどってオーソドックスでゴキゲンな4ビートへ展開していく32分台の1曲目、きれいなメロディでしっとりくるバラードの、ソロピアノの2曲目、静かな場面からマイナーキー主体のワンコードで淡々と盛り上がっていき、ドラムソロもある3曲目、ちょっとシャープでノリの良いゴキゲンなサウンドの4曲目、静かな落ち着いたやり取りではじまり、盛り上がっていく中でフリーになったりジャジーになったり、ドラマチックで一本緊張感もある34分台の5曲目、3人のインプロヴィゼーションで小気味良いリズムとともに進んでいく6曲目、タイトル通り豪快でやや激しいフリー、その後の静寂の7曲目、自由でスピーディー、暖かみのあるサウンドの8曲目。(02年10月9日発売)

2018年11月11日 (日)

In Due Tempi/Cikada String Quartet(ECM New Series 1799)

1799

In Due Tempi/Cikada String Quartet(ECM New Series 1799)(輸入盤) - Recorded August 2001. Cikada String Quartet: Jenrik Hannisdal(Vln), Odd Hannisdal(Vln), Marek Konstantynowicz(Viola), Morten Hannisdal(Cello) - 1. Kalija Saariaho: Nymphea 2-5. John Cage: String Quartet In Four Parts 6-7. Bruno Madnerna: Quartetto Per Archi In Due Tempi

(05/08/04)Kalija Saariahoはフィンランドの、John Cageはアメリカの、Bruno Madnernaはイタリアの20世紀現代音楽家。ここではいかにも現代音楽という感じの演奏を繰り広げています。1曲目はやはりけっこう前衛的なアンサンブルで蒼系統のサウンド。2-5曲目はジョン・ケージ作なので覚悟していたら、あまり過激でもなく、ほのぼのとした場面もありました。6-7曲目のタイトル曲はややおっとりしていながらも現代音楽の香りが濃厚。

«Morton Feldman/The Viola In My Life(ECM New Series 1798)

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック