私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

2017/11/20

The Study Of Touch/Django Bate's Beloved

2534
またECMの新譜が4枚入ってきたので、聴いていきます。そろそろ毎日更新がキビシイ時期ですね。でも新譜はなるべく早く聴いていきたいので。ジャンゴ・ベイツ、この人はJMT/BAMBOO時代にリーダー作を5枚以上聴いた人ですが、けっこうテクニシャンで、しかもあまり素直ではない面も持っています。ここでもしっとりとくる場面もあるかと思いきや、浮遊感を伴う、けっこう複雑そうな演奏をフリー的感覚もありながら、トリオでやってのけていますし。聴きやすいアルバムか、と言うと、ま、ちょっと覚悟はしておけ、って感じのサウンドなのですが、極端にトンガって聴こえるわけでもないので、いわゆるディープなECMファン向けのピアノ・トリオという感じでしょうか。


The Study Of Touch/Django Bate's(P) Beloved(ECM 2534)(輸入盤) - Recorded June 2016. Petter Eldh(B), Peter Bruun(Ds) - 1. Sadness All The Way Dpwn 2. Giorgiantics 3. Little Petherick 4. Senza Bitterness 5. We Are Not Lost, We Are Simply Finding Our Way 6. This World 7. The Study Of Touch 8. Passport 9. Slippage Street 10. Peonies As Promised 11. Happiness All The Way Up

(17/11/19)6曲目がIain Ballamy作、8曲目がチャーリー・パーカー作の他は全曲ジャンゴ・ベイツ作。彼は以前、First House名義でECMに2作残しているし、Beloved名義では他レーベルからもアルバムが出ているようです。そのECM初作品。いかにもECMらしいゆったりした曲から、やや賑やかな、少しフリーの要素も持つような自由な曲まで、曲もタイトル曲の9分台のものから、3分以下の曲も3曲あったりと、アルバムの中で、そしてECMらしく、いろいろな演奏をしています。ただし、トリオとしてはヨーロッパ的であって、非4ビート系(変拍子もあり?)の曲が続くし、曲調も割と硬派なものが続きます。その中に1、3曲目のようなしっとりしたバラードの曲が混ざります。やはりこういう曲調であればECMから出すのもうなずけます。

2017/11/19

日々雑感

いよいよ自分の出るライヴまで1か月を切ったので、若い頃には2時間ライヴってやったことがあるのだけど、30年ぶりに、2年半前から20-30分のライヴを年2回ほどやってきた身にしては、やはりプレッシャーもあるので、ブログの更新が少し間隔が開くかもしれません。今まで2か月間ぐらいほぼ毎日更新だったのですけれども。仕事もこれから繁忙期ですし。

そんな中で、先日も書きましたけど、ECMがストリーミング配信を11月17日からいろいろなところで、デジタル音源化されたほぼ全部をやっているので、当ブログ(アクセス解析をつけてないけど、おそらくホームページにも)のアクセス数が上がっています。ツイッターを検索してみると、これを機会に、高いけど廃版の「ECM catalog」の本を買ったとか、いろいろ読むことができますが、あの本も、’10年あたりまでの掲載なんですよね。批評というまでにはいかないですけど、おおよそどんなアルバムかという簡単な説明は、当ブログで、CD化されたものは、先月発売のものまでは、おそらく網羅していると思います。今日も4枚、11月発売のECMのCDが届きましたが、なるべく早くブログにアップしたいとは思いますが。

ホームページではECMの番号順に掲載もしています。(ECMに関してはホームページとブログ、本文は同じものが掲載されてます。)

ECMのCD特集のページ

お手軽に見る目的では、ある程度いいんじゃないかな、と思います。

それと、これはたまたま偶然なんですけど、ホームページとブログで、最近ウェザー・リポートのアルバムコメントの手直しをしました。そうしたら、廉価で全24枚組CD-BOXが11月3日(24日の表記のあるところも)発売されるんですよね。そういう意味で、ウェザー・リポートのページにもアクセスがある程度コンスタントにあります。

そんなわけで、いつもよりはアクセス数が多いですけど、やはりジャズ(フュージョンあるいはクラシック)の世界なので、爆発的にと言うわけにはならないです。まあ、自分のブログ(サイト)にしては、こういうことがあったというわけで。

2017/11/17

Lost Tribes/The Zawinul Syndicate

Zawinullost
ザ・ザヴィヌル・シンジケートの3作目だけ残っていたので、これを聴いて一段落。時代も’92年発売となってくると、いつものジョー・ザヴィヌル節はあれど、ベースやドラムスのリズムがけっこう洗練されてきて、曲によっては都会的なフュージョンに聴こえるものもあって、やはりソニーではこのアルバムで一段落してしまったのだあ、という感じも。その後も他レーベルから名作に値するようなアルバムも出していましたけど。これを考えると、やはり’70年代初期からのウェザーリポートの変遷を今回、まとめて聴けて良かったなあと思います。BOXセットも出るし、タイミング的にも良かったかもですね。


Lost Tribes/The Zawinul Syndicate(Sony) - Released 1992. Joe Zawinul(Key), Mike Baker(Ds), Randy Bernsen(G), Bobby Thomas Jr(Hand Ds, Fl, Vo), Gereld Veasley(B), Bill Summers(Per), Lebo M.(Vo), etc. - 1. Patriots 2. South Africa 3. Lost Tribes 4. Rua Paula Freitas 5. Victims Of The Groove 6. Night Clock 7. Afternoon 8. San Sebastian 9. In A While, In A While 10. Changes

久しぶりに全曲ジョー・ザビヌルの(あるいは共作の)作曲。メンバーが若返りをして、ジョー・ザヴィヌルのバンドという性格を強めています。ただ、少々インパクトの強さがなくなってきたようにも感じ、これ以後ソニーからはアルバムが出ていません。それでも、シンセサイザー、ベース、ドラムスその他の音は、やはり彼らのものですね。2曲目のように、アフリカ的なヴォーカルがシンセサイザーの音と共に出てくると、ああ、ザヴィヌル節だなあ、と思えます。結局は無国籍的民族音楽を取り入れたファンクでしょうが、アフリカ風の明るいサウンド。3曲目のタイトル曲のバラードを聴いてもやはり独自のメロディアスな方向性を感じます。4曲目は都会的な雰囲気があります。やはり基幹部分は同じでも時代と共に変化していきます。

2017/11/16

ECMがストリーミング配信に進出

ECMがストリーミング配信に進出。TIDALのようなHigh Fidilityをうたっているところとか、Spotify、Apple MusicのようなMP3?音源までいろいろ。本来はCDとかLPがいいんだけど、違法なストリーミングサイトとか、違法ダウンロードとかの対策のためでもあるらしいです。ECM公式の詳細が英語で下記に書いてあります。なんかCDがいらなくなってしまいそう。

https://www.ecmrecords.com/public/docs/ECM_and_Streaming.pdf

私はまだストリーミングをやってないので、やっている人から教えていただいたり、ラインナップを見たりしてますが、いちおう日本のみの販売を含め、CD化されたもの(デジタル音源化されたもの)は網羅しているんじゃないかと思います。情報に修正あったら、ご連絡ください。


(11月17日追記)コメント欄に貴重な情報をいただき、「かなり網羅されていますが,たとえば Keith Jarrett At the Blue Noteなどは全38曲中23曲のみ(?)配信されており,...」とのことでした。別な方のご意見として、調べてもらったら、Spotifyでは(MP3の圧縮音源)23曲、TIDAL(非圧縮音源)では38曲全曲が配信されているという事でした。ちょっとややこしいですが、どうやら、配信の曲数に違うものがあるようです。

This Is This/Wether Report

Weatherthisis
ウェザー・リポートの16日目にして最終作。ただし、「ザ・ザヴィヌル・シンジケート」の3作目のホームページのコメント手直しが残っているので、それが続きますが。この録音後、ウェイン・ショーターとの決別が決定的となり、この録音の段階でも新バンド「ウェザー・アップデート」(メンバーは、ジョー・ザビヌル(Key)、ジョン・スコフィールド(G)、ヴィクター・ベイリー(B)、ピーター・アースキン(Ds)、ミノ・シネル(Per)という強力なメンバーの予定でした。)の構想の曲(おそらく7曲目)も入っているのですが、このメンバーでのアルバムは結局出てきませんでした。そしてその後’88年に「ザ・ザヴィヌル・シンジケート」が出て来るんですけれどね。


This Is This/Wether Report(Sony) - Released 1986. Joe Zawinul(Key), Wayne Shorter(Ts, Ss), Omar Hakim(Ds, G, Vo on 2), Victor Bailey(B), Mino Cinelu(Per), Peter Erskine(Ds except 2), Carlos Santana(G on 1, 5) - 1. This Is This 2. Face The Fire 3. I'll Never Forget You 4. Jungle Stuff, Part 1 5. Man With The Copper Fingers 6. Consequently 7. Update 8. China Blues

ジョー・ザヴィヌル作が1-3、5、7-8曲目、ミノ・シネル作が4曲目、ヴィクター・ベイリー作が6曲目。グループのラストアルバムで、ウェイン・ショーターの曲はなし。ショーターの出番も少ないような気も。何と1、5曲目にカルロス・サンタナも参加。曲も少しポップ化路線を歩んでいる感じ。強力なリズムのファンクで、ギターも同化しつつ存在感のあるタイトル曲の1曲目、民族色のヴォーカルも見せつつリズミカルな2曲目、ザヴィヌル作らしい静かなバラードの3曲目、アフリカ的なヴォーカルも混ぜつつ、ファンクしている4曲目、意外にメロディアスなフュージョンの5曲目、これもソフトなゆったりしたフュージョンの6曲目、グループらしいサウンドで4ビートのアップテンポの7曲目、チャイナっぽくなく、ブルースに聴こえない8曲目。

2017/11/15

Sportin' Life/Wether Report

Weathersportin
ウェザー・リポートの15日目。メンバー交代後の後期アルバムの中では一番好きなアルバム。この時代、他のフュージョンバンドもそうですが、ヴォーカルをフィーチャーしたアルバムが多かったですね。時代の流れなのか、あるいは売れセンを意識したのかどうか。ここでも、あくまでもこのグループとしてのサウンドを前提に、ヴォーカルというか、コーラスも楽器としてとらえられる面も多いですけど、その中で4曲目のように、普通のヴォーカル曲もあったりします。基本的なザヴィヌルサウンドは変わりないですけど、リズムがやたらタイトになっていたりして、サウンド全体からくる印象はだいぶ変わってきたのではと思います。


Sportin' Life/Wether Report(Sony) - Released 1985. Joe Zawinul(Key), Wayne Shorter(Ts, Ss), Omar Hakim(Ds, G, Vo), Victor Bailey(B), Mino Cinelu(Per, G, Vo), Bobby McFerrin(Vo), Carl Anderson(Vo), Dee Dee Bellson(Vo), Alfie Silas(Vo) - 1. Corner Pocket 2. Indiscretions 3. Hot Cargo 4. Confians 5. Pearl On The Half-Shell 6. What's Going On 7. Face On The Barroom Floor 8. Ice-Pick Willy

ジョー・ザヴィヌル作が1-3、8曲目、ウェイン・ショーター作が5、7曲目、ミノ・シネル作が4曲目で、6曲目はマービン・ゲイのヒット曲をこのグループらしい独自なアレンジで。ヴォーカリスト(しかも有名な人も)を何人も起用して、ヴォーカルあるいはコーラスが前面に出てきたアルバム。ウェザー・リポートとしてはけっこうポップな感じ。後期の作品の中では印象に残る曲が多い。演奏は基本はグループのサウンドだけど、出だしの早口コーラスが印象的な1曲目、ややスローでビートがしっかりしている2曲目、パーカッションが躍動しているファンクの3曲目、シネルのヴォーカルの軽いポップの4曲目、浮遊感のあるファンクの5曲目、しっとりとしつつ独自な色のバラードの7曲目、ヴォーカル&強烈なリズムでせまってくる8曲目。

2017/11/14

Domino Theory/Wether Report

Weatherdomino
ウェザー・リポートの14日目。やっぱりベースとドラムスが代わると、音的にはけっこう変化してきてますけど、やぱりジョー・ザヴィヌルのバンドという性格は強く、核となる部分はあまり変わってないんじゃないかと思います。もちろんグループ初期の時代と比べて、シンセサイザー関係の格段の進歩というものは無視できないですが。どこかにありそうでなさそうな民族音楽的な要素も健在ですし。ただ、このあたりは私はリアルタイムで聴いていたはずなんだけど、初めて出会った「ナイト・パッセージ」の影響を大きく受けているので、今聴き返しても、あまり強い印象がのこっていない(と言うと失礼になるかな)のも事実ではありますね。


Domino Theory/Wether Report(Sony) - Released 1984. Joe Zawinul(Key), Wayne Shorter(Ts, Ss), Omar Hakim(Ds, G, Vo), Victor Bailey(B), Jose Rossy(Per), Carl Anderson(Vo on 1) - 1. Can It Be Done 2. D Flat Waltz 3. The Peasant 4. Predator 5. Blue Sound-Note 3 6. Swamp Cabbage 7. Domino Theory

ジョー・ザヴィヌル作が2-3、5、7曲目、ウェイン・ショーター作が4、6曲目。ウィリー・ティー作の1曲目にカール・アンダーソンのヴォーカル曲。アレンジを除けば割と普通のバラードなので、意外かもしれない。相変わらずの音だけど、徐々にサウンドが変わりつつあります。11分台ものワルツ・ファンクで民族的なコーラスが時折り出てくるノリの良い2曲目、民族音楽の要素を取り入れたような、少しエキゾチックな、それでいて奥行きのある3曲目、タイトなリズムの分、ハードフュージョンというような表現が似合う4曲目、変化に富むスローファンクなんだけど、後半、ハッとするような印象に残るメロディの5曲目、6拍子でこのグループらしい音のファンクの6曲目、 小刻みなベース、ドラムスが速射砲的な効果を出す7曲目。

2017/11/13

Procession/Wether Report

Weatherprocess
ウェザー・リポートの、しばらくおいて13日目。ジャコ・パストリアスやピーター・アースキンの、いわゆる黄金期のメンバーからヴィクター・ベイリーとオマー・ハキムにメンバー交代しています。ベースのカリスマ性は薄れましたけど、個人的にはベイリーは好きな人。このアルバムを久しぶりに聴いたのと、彼の初リーダー作の印象が強かったので、彼はフレットありのベースを弾いていたのかと思いきや、聴き直したら、このアルバムではフレットレス・ベースを弾いていますね。まあ、ベースの場合、両方弾ける人も珍しくはないんですけど。交代後ののグループらしさが出てるのは、やはり6曲目のタイトな曲かな。個人的にはこのメンバーも好きです。


Procession/Wether Report(Sony) - Released 1983. Joe Zawinul(Key), Wayne Shorter(Ts, Ss), Omar Hakim(Ds, G, Vo), Victor Bailey(B), Jose Rossy(Per), Manhattan Transfer(Vo on 4) - 1. Procession 2. Plaza Real 3. Two Lines 4. Where The Moon Goes 5. The Well 6. Molasses Run

ジョー・ザヴィヌル作が1、3-4曲目、ウェイン・ショーター作が2曲目、2人の共作が5曲目、オマー・ハキム作が6曲目。ベースとドラムスがメンバーチェンジ。派手さこそないもののヴィクター・ベイリーのベースもなかなかいいと思います。以前からのグループ路線をそのまま引きずっているような、徐々に盛り上がっていくシンプルなリズムの1曲目、やや静かでもメリハリのある浮遊感のある曲の2曲目、スピーディーなリズムの上を多少のたくったシンセが舞うテーマの3曲目、マンハッタン・トランスファーが参加してもグループに同化しているけれども、ヴォーカル曲で華を添える4曲目、日本でのライヴのインプロヴィゼーションを収録した静かな5曲目、ハキムとベイリーののコンビで、かなりタイトな演奏をしている6曲目。

2017/11/12

ディア・ファミリー/桑原あい X 石若駿

Kuwabaradear
国内盤新譜が1枚届いています。桑原あいは以前から注目しているピアニストで、どちらかと言うと、上原ひろみを連想させるような曲調だけど、今はフォロワーという感じは全然しなくて、独自のジャズ・フュージョン路線を行っているテクニシャンです。通常のジャズとは違いますし。仮バンドのライヴにゲスト出演するくらいだから、その腕はたいしたもの。ここでの石若駿との変幻自在な一体感は、やはりたたものではありませんでした。ベースがいなくても全然不足感はないですし、こういうケースも珍しいです。まあ、ここでとにかくすごい、と言ってもはじまらないので、どこかで聴いてみて下さい、としか言うしかないのですが...。


ディア・ファミリー/桑原あい(P) X 石若駿(Ds)(Verve)
Dear Family Ai Kuwabara(P) x Shun Ishiwaka(Ds)(Verve) - Recorded Mar 17, 2017(on 1) and August 8-11, 2017. - 1. Dear Family -TV Version- 2. Idea For Cleanup 3. The Great U's Train 4. Improvisation #1 5. Family Tree 6. Tuneup 7. Andy And Pearl Come-Home 8. Granpa's Sunglass 9. Inprovisation #2 10. Dog DOesn't Eat Dog World 11. Dear Family Bonus Tracks: 12. Saturday COme Slow 13. Sunday Morning

1曲目のみTVのオープニング曲の録音なので、日付が違います。2人の共作が1、4、9、11曲目、桑原あいの作曲が3、6、10曲目石若駿の作曲が2、5、7-8曲目。ほぼ対等な関係。ボーナストラックは他人の曲でも境がない。13曲で47分と短めだけど、ピアノとドラムスのデュオでも音の不足を全然感じさせず、旋律とか変拍子とか、この2人ならではのテクニックが大いに生かされた曲が多いです。でも、静かな曲もあり、そういう曲ではしっとり感も。TVのオープニングの、爽やかでかつ複雑な面を持つ1曲目は印象が強いです。よくこういう曲ができるなあと。ところどころ瞬間的に変幻自在になるので、このコンピネーションは鉄壁と思われる曲が随所にあり。インプロヴィゼーションもなかなか面白い。現代のジャズ。(17年11月8日発売)

2017/11/11

J.S. Bach/Suiten Fur Violoncello/Thomas Demenga

2530
ECM New Seriesの新譜3日目で一段落。今回の3枚とも、現代音楽度が低め(あるいはない)で、聴くのに身構えないですんだのですが、ここでトーマス・デメンガの無伴奏チェロ組曲が出るとはねえ、と感慨深いものがあります。今までの印象から、現代音楽方面の方が多い人だったので。でも、バッハは様式美として完成されているなあと、県検知のあまり高くない私でも、この完璧な演奏を聴いて思いました。周りにも、バッハは特別、という人が割と多いですもんね。これを演奏者ごとに同じ音源を聴いてみるともっと面白いのでしょうが、私はジャズメインで、ほぼNew Seriesだけを聴いているので、ここはグッとガマンかな。


J.S. Bach/Suiten Fur Violoncello/Thomas Demenga(Cello)(ECM New Series 2530/31)(輸入盤) - Recorded February 2014. - Johann Sabastion Bach: [CD1] 1-6. Sute I G-Dur BWV1007 7-12. Suite II D-Moll BWV1008 13-18. Suite III C-Dur BWV1009 [CD2] 1-6. Suite IV Es-Dur BWV1010 7-12. Sute V C-Moll BWV1011 13-18. Suite VI D-Dur BWV1012

(17/11/08)バッハは18世紀ドイツの有名な作曲家。今回は無伴奏チェロ組曲の全曲。以前にはトーマス・デメンガはNew Seriesに現代音楽との組み合わせで、バッハの作品を扱ったことがありましたが、今回はCD2枚組でひとつのテーマで演奏しています。やはりバッハ作品ならではの完成度の高さと、チェロの奥深い響きで、残響具合やミキシングはECM独特かもしれないですが、素晴らしい作品に仕上がっているのではと思います。

«Yuuko Shiokawa/Andras Schiff/Bach/Busoni/Beethoven

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

メールアドレス

友人が運営しているサイト