私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

2018/02/17

部屋のコンセントの交換(2穴からアース付きの3穴へ)

180216tap
昨日(16日)、電気屋さんに来てもらって、オーディオのところの電気のコンセントを2穴2つから、アース付きの3穴4つに変更してもらいました。今回はほぼ長男がお金を出してます。

昨年後半から、長男に引きずられる形でオーディオへの投資が続きました。まず、FostexのFE-208solという限定生産のスピーカー(2個8万円ほど)を長男が売り切れないうちに買うというので、お金を貸して、それはすぐ戻ってきました。今度はそのお金で同じFostexのT90A Superという、やはり限定生産のツィーターを私が欲しくなり(やはり2個8万円ほど)、買ってしまいました。その後、そのスピーカーの板とカット代5万円をまた長男に貸して、これは返してもらうよ、と言ったのですが、そのままズルズルと日が経ち(彼も真空管アンプにけっこうバイト代をつぎ込んでいたと思う)、じゃあ、オーディオをラインセレクタ―を使って全部つなげられたら返済不要としたら、実際そのように手間をかけて配線を考えてやってくれたけど、ラインセレクタ―2台の購入資金を追加で出して2万円ほど。他にも、いつ出荷になるか分からないけどOppo Sonica DACを注文しているので、これでさらに10万5千円ほどの投資です。昔なら考えられないペースで投資していますが、自分も好きでやっていることなので...。

で、昨日のコンセントの取り付けの話に戻りますが、たまたま部屋の隣に配電盤があったので、そこからアースを引いてくる作業が電気屋さんの大半の手間になります。隣の部屋はモールで配線を囲って、壁は別なコンセントの裏を穴を開けてアースを通し、部屋の中は、壁際に机などが続いているので、そのまま床を這わせています。やはり壁裏を通すには新築の時でないと無理。コンセントの2つから4つに増やす穴あけも大変だったようで、防音の効いた部屋なので、壁の石膏ボードが普通の家より3倍厚かったようですね。2枚の石膏ボードの間には防音材もはさまっていたし。まあ、電気屋さんなので、1時間半かけて、それなりにうまく工事をしてもらいました。

真空管アンプ3つが電気を食うし、3つ穴ソケットなので、この3つを壁のコンセントに直接差し、残りをオーディオ用にとりあえず今までのタップで配線、という方法を取ってます。これもそのうち3穴のものに交換するかも。音の効果の方はというと、スピーカーケーブルほどには差が分かりづらいですが、長男はちょっと音が変わったということを言ってました。まあ、今回はアースを取るのが主な目的だったのでいいのですが。

教訓。学生のオーディオの趣味は自分がアルバイトしていても、たとえ中級オーディオでも親のオーディオ資産があると助かるようだ(笑)。ある程度防音の効いた部屋もあるし。

2018/02/15

Two Way Street/Marc Copland, Dieter Ilg

Marctwoway
マーク・コープランドの共同名義のアルバムで、’92年の録音。中年音楽狂さんに教えてもらいました。この時期は国内盤にしか目がいってなかった頃で、このアルバムの存在を知るのがつい最近になってしまいました。幸いにも、割と廉価で未開封中古にあたり、喜んでます。まだ彼の経歴としては浅い方の録音(もう25年ほど前ですもんね)なので、今のような完全に確立された個性というものは少し薄めですけど、もうこの当時から、いわゆる彼らしさというのはありますね。彼の経歴の中で、インプロヴィゼーションが8ビートロック的だし、あまり目立つアルバムというわけではありませんけど、私としてはやはり好みのアルバムになると思います。


Two Way Street/Marc Copland(P), Dieter Ilg(B)(Jazzline)(輸入盤・中古) - Recorded November 24, 1992. Ralph Penland(Ds) - 1.Deep Fried 2. M.A.S.H 3. Darius Dance 4. Nani's Delight 5. Zingaro 6. I Fall In Love Too Easily 7. Easy To Love 8. Deep Fried - Reprise

(18/02/14)3人のインプロヴィゼーションが1、8曲目、マーク・コープランド作が3曲目、Dieter Ilg作が4曲目、他は映画音楽やボッサ、スタンダード。この時期にもコープランドらしさはあるも、一部の曲調的にはやや薄めか。1、8曲目はインプロヴィゼーションと言いつつも、8ビートでややロック的に進んで、その上をピアノが自由に飛び回っている感じ。静けさとともにピアノからはじまる情感たっぷりのバラードの2曲目、薄暗い雰囲気とユニゾンのテーマから徐々にややアップテンポの4ビートになる3曲目、8ビート的で流麗なピアノが聴ける4曲目、端正で綾織り系のバラードの10分の5曲目、ベースソロからはじまり、アップテンポの4ビートで軽快に進んでいく6曲目、ややゆったりとしてメロディアスなスタンダードの7曲目。

2018/02/14

音を聴く楽しみ

180211stereo
今まで自分は音楽としていちおう聴ければいいやということで、音自体の追求はあまりしてきませんでした。逆にそれが、何枚もCDを聴く原動力にもなっていたんですけどね。元の音も、価格的にはいわゆる中級オーディオなので、悪いというわけでもなかったし。

長男が自作オーディオをある程度本格的にやるようになったのは3年ほど前だったと思いますが、昨年後半あたりから、今ある自作オーディオのブラッシュアップとか、昨年12月にスピーカーの自作、今年はアンプの自作と、ペースがけっこう速くなってきました。当然経験が出てくるのと、本人がどうすれば音が良くなるか、あるいは本当の音の良さというのが分かっているようなので、作り上げたものも出来たばかりの時はともかく、徐々にそれなりに音が良くなり、さらに音をよくしようとしています。とうとう、コンセントをアース付きのものにしてくれというお願いが。けっこう高くつくのでは、とも思ったのですけど、今日電気屋さんに現場確認と見積もりに来てもらったら、部屋の隣の配電盤にまでアースは来ていて、手間を考えれば妥当な金額だったので、たぶんお願いすることになりそうです。

その長男の音楽の聴き方で目立つのが、音の良い音源をジャンルレスで、同じものを何回も聴く、という方法です。ジャズだけでなく、ロック、アニソンから歌謡曲、演歌まで。このあたり館山のコンコルドの佐久間さんの影響を受けているのかどうか分かりませんけど。私も最近、音楽的にも音的にも良いCDで、同じものを何度も聴く習慣がつきつつあります。これがブログにどう影響するかは分かりません。多少更新頻度は下がるかもしれないなあ、とも思いますが。結局、音の方にハマると、これはこれで深い世界ですね。人によって好みも違いますし。まあ、楽しみでもあるので、ちょっと寄り道をしてみようかと思います。予算の関係で、高級オーディオとかマイ電柱は無理でしょうけど(笑)。果たして聴き方が完全にかわってしまうのか、それともあまり変わりないのか。

2018/02/13

Love & Peace/Joachim Kuhn New Trio

Joachimlovepeace
ヨアヒム・キューン、やっと今月3日に発売された新譜にたどり着きました。11曲目など、数曲を除き、ゆったりめの耽美的な演奏が多いように感じますが、もうキューンも年齢的にもこういう方向でもいいんじゃないかと思います。時折昔見せたようなフレーズがバシッと出てくるところは、昔を知っている人にとってはいいですねえ。それにしても大手通販などを覗いて見ると、彼のリーダー作や共演作、まだまだ聴いてないものがいっぱいあるし、もう入手困難なものもありますね。彼に関しては、今回も4枚買ってしまったし、無理せずに気が付いたら追いかけて行きたいなあと思っています。ニュー・トリオで何枚出るかなあ。


Love & Peace/Joachim Kuhn(P) New Trio(ACT)(輸入盤) - Recorded May 15 and 16, 2017. Chris Jennings(B), Eric Schaefer(Ds) - 1. Love And Peace 2. Le Vieux Chateau 3. The Crystal Ship 4. Mustang 5. Barcelona - Wien 6. But Strokes Of Folk 7. Lied Ohne Worte No.2 8. Casbah Radio 9. Night Plans 10. New Pharoah 11. Phrasen

(18/02/11)ニュー・トリオ第2作。ヨアヒム・キューン作が6曲(1、4-6、10-11曲目)、ムソルグスキー作(2曲目)、The Doors作の3曲目、オーネット・コールマン作の10曲目など。46分で11曲と、こちらも全体的にまとまった感じの演奏。やはりゆったりとして耽美的な演奏が多めか。それでも昔をほうふつとさせるような11曲目のような活発な曲もありますけど、ワンマン的でトリオとしてまとまっているタイプのサウンドです。やはり年齢を経て、円熟味を増しているという気もしてます。これはこれでいい感じだし、時々速い16分音符のパッセージも聴かせてくれるしと、タダものではないところもあります。ただ曲の並びもあってか、美旋律的に流れていくような印象が強いです。それでも6曲目のような緩急自在な曲もあり。

2018/02/12

Beauty & Truth/Joachim Kuhn New Trio

Joachimbeauty
ヨアヒム・キューンのリーダー作の、だんだん新しいアルバムの方へ向かってますが、次に同じニュー・トリオで新作が待ってます。ただ、ニュー・トリオはキューンのワンマン・バンド的性格を持っていて、以前のジャン=フランソワ・ジェニー=クラークとダニエル・ユメールとのトリオでの三位一体感と比較してしまうと、っていうのはあると思います。それでも、楽曲としてはけっこう面白いしまとまっているので、これはこれでいいのかと。自分の年齢的な頑固さが出てきてしまっていて、新たに聴く分にはけっこういい印象が得られるのではないかな? 48分で12曲というのは少々まとまり過ぎのような気もしないでもないですが。


Beauty & Truth/Joachim Kuhn(P) New Trio(ACT)(輸入盤) - Recorded July 7 and 8, 2015. Chris Jennings(B), Eric Schaefer(Ds) - 1. Beauty And Truth 2. The End 3. Because Of Mouloud 4. Sleep On It 5. Intim 6. Transmitting 7. Summertime 8. Riders On This Storm 9. Machineria 10. Sleep Safe And Warm 11. Kattorna 12. Blues For Pablo

(18/02/11)ニュー・トリオをうたった第1作。ヨアヒム・キューン作は4曲(2、5-6、9曲目)で、クリストフ・コメダ作(10-11曲目)、ザ・ドアーズ作が(2、8曲目)、オーネット・コールマン作のタイトル曲は1曲目、その他スタンダードなど。ジャン=フランソワ・ジェニー=クラークとダニエル・ユメールとのトリオは三位一体で対等な関係だったけど、ここではリーダーとして、ドラムスとベースを従えている関係のように感じます。その点少々物足りない気はしてますが、選曲もいいし、キューンのリーダー作としてとらえると、けっこうピアノが目立っていい感じもしています。12曲で48分という収録時間は、やることを凝縮した結果だとも思いますし。だから新しいトリオとして別物としてとらえれば、納得がいくアルバムかなと思います。

2018/02/11

Points Of View/Tom Kennedy

Tompoints
以前はダウンロード販売しか見当たらなくて、そのうちCDはCD BABY直販だけ見つかっていて、海外から直接買い付けが苦手な私はそこでストップしていたところ、最近になって大手通販で取り扱うようになり、注文出来ました。たぶん海外買い付けよりは高いだろうけど、自分のような者にとっては助かります。ダウンロードは便利でいいのですが、ここはCDのブログなので、CDをやっぱりアップしていかないと、と時代にずれつつあるような行動をとってます。自分も歳だし、それでいいんじゃないかと。このアルバム、参加メンバーがかなりすごいことになっています。全体的にそれでもリラックスして演奏している感じはあるかな。


Points Of View/Tom Kennedy(B, Key)(自主制作) - Released 2017. Dave Weckl on 1-2), Bill Evans(Ss, Ts on 1-2), CHarles Blenzig(P on 1-7), Karla Harris(Vo on 3), Wes Ritenour(Ds on 3, 7), Chuck Roeb(G on 3), Bob Franceschini(Ss, Ts on 3-6), Lee Retenour(G on 4), Obed Calvaire(Ds on 5-6), Nick Marcione(Tp on 5), Randy Brecker(Tp on 7)., Mike Stern(G on 8), Richie Morales(Ds on 8), Bob Malack(Ts on 8) - 1. I'll Remember You 2. The Dark 3. New July 4. Just Listen 5. Roints Of View 6. Koolz 7. I'll See You 8. Gaslight Square Blues

(18/02/11)5-8曲目がトム・ケネディ作曲で、1-4曲目は参加メンバーの曲、スタンダード他。なかなかスゴいメンバーややリラックスしつつも、ベースをはじめ、それぞれのソロもあちこちで堪能できます。エレクトリックベースが5曲、4-5、7曲目はアコースティック。ジャンル的にはややフュージョン寄りですが、あまり甘くもなく、特にリーダーのベースがそれとなくだけど、目立っている感じ。こういう洗練された渋さは、なかなか味わえないかも。特に3曲目(ギターはチャック・ローブ)の都会的な渋い曲調は、聴いていて大人の曲だなあ、と思わせます。自主制作で好きなように演奏することが、ベーシストのリーダー作としてはうまく作用している感じ。5曲目はややアップテンポの4ビート。こういうジャズ的要素も少しあります。

2018/02/10

Voodoo Sence/Joachim Kuhn Trio Inviting Archie Shepp

Joachimvoodoo
ヨアヒム・キューンの割と新しいアルバム、まとめて買ったのはいいんだけど、繁忙期に入ってなかなか聴く時間がとれず、最近は長男もオーディオのところにへばりついているもんだから、それでバッティングしてこれまた自分のCDを聴く時間が減少しています。今日みたいな休みの日の朝とか、彼が寝ている時間に聴くことにしました。今日のアルバム、アフリカンとかモーダルとかのキーワードを持つメンバーとの録音です。もろにそのサウンドの曲もありますけど、そこに絡むキューンのカチッとした速弾きが妙に親和性があるので、なかなか面白いです。この中核になるトリオのアルバム、他にあるようですが、多作なので、すぐには追いついていけません。


Voodoo Sence/Joachim Kuhn(P) Trio Inviting Archie Shepp(Ts on 1, 3-4)(ACT)(輸入盤) - Recorded December 26-28, 2011, April 15, February 16, November 13, 2012. Majid Bekkas(Guembri, Voice, Kalimba(on 1), Balafon(on 4)), Ramon Lopez(Ds, Per), Special Guests: Kouassi Bessen Joseph(Talking Drum, Zinu Cingas(on 1-2, 4), Voice(on 2)), Gouria Danielle(Per(on 1, 4), Vocals(on 2)), Dally Jean Eric(Calabash on 1), Gilles Ahadji(Jembe(on 1, 4), Abdessadek Bounhar(Karkabou on 1-2, 4) - 1, Kulu Se Mama 2. Gbalele 3. L'eternal Voyage 4. Voodoo Sense 5. Crossing The Mirror 6. Fire Horse

(18/02/10)3-6曲目はヨアヒム・キューンの作曲ないし共作、1曲目はジョン・コルトレーンの演奏で有名な曲。曲によってゲストが変わります。1-3、4曲目はヴォイス入りのアフリカンなサウンド。ここまでダークでフリーのアフリカンな感じの出だしではじまるとは予想もつきませんでした。やや混沌とした中にカチッとしたピアノが絡んでいくのもなかなか面白い19分もの、まさにあっちの世界を行く1曲目、Kouassi Bessen Joseph作のやはりアフリカン色満載の2曲目、一転、渋いジャズバラードでややモーダルな雰囲気の3曲目、Kouassiとの共作なのでアフリカンの味が強い、タイトル曲の4曲目、バラード中心だけど、トリオでの編成にクセのあるややフリーの5曲目、エキゾチックでモーダルかつカチッとしたピアノの6曲目。

2018/02/06

ラインセレクターLuxman AS-4III

180206select
2月はやっぱり繁忙期なので落ち着いてCDを聴ける時間があまりなく、また、このところ動きが活発なオーディオの方を。手元には3枚のCDがあることはあるのですけど。

日曜日に長男に秋葉原で買ってきてもらったラインセレクターLuxmanのAS-4III。今まで私のオーディオと長男のと分離していたのだけど、再び新しく作ったアンプやスピーカーを含めて3系統、どのアンプ→スピーカーでも聴けるようにこれを買いました。1万円しなかったので、まあ、リーズナブルかな。しかもLUXMANという高級オーディオメーカーの製品だし。1in4outで使用(実際には3out分)。本当は3in3outぐらいので性能のいいのが欲しかったのですが、セレクターだけで6万するので、とりあえずはこれで。必然的にin側の方で手で結線を繋ぎかえる部分も出てくるかもしれないですけど、あまり頻度は多くないだろうということで。それか、もう一つ同じラインセレクタ―をその上流にかまして、それを4in1outで使うか。2つだと、信号の劣化がちょっと気にはなるかな。

欠点は2つボタンを押すと両方で音が出てしまうことだけど、まあ、それもガマン。結線がループしたりしないように予定しているので、もしそう言うボタンの押し方をしても、短時間なら問題はないはずです。

(追記)結局近日中に同じラインセレクタ―をもう1個買って、4in4outができるようにすることになりました。うちのオーディオはいわば中級機なので、そんなに接続による音質劣化を気にする必要もなさそうだということで。便利な方を優先します。

180207selector
(2月7日追記)結局、2つ体制になってしまいました。ハイエンド志向の人とか、音質重視の人はセレクター自体好まない接続ですが、自分はそんなにいい耳を持ってないし、長男がこれで満足いけばいいということにしておきます。


2018/02/05

長男が作った300Bプッシュプルモノラル真空管アンプ

180205amp
長男があと1年で就職なので、就職活動の前に、と思ったのかどうか分かりませんが、300Bプッシュプルモノラル真空管アンプを作りました。昨年春ごろから回路図を書いていて、部品を集めはじめたのが昨年7月ごろ。今回のアンプは部品類の金額がはるので、昨年から週1日でやっていたアルバイトで足りるかどうかでしたけど、結果的にトランスがモデルチェンジのため数か月待たされて、値段が出てきたのがやっと12月ごろ。そうしたら1.5倍以上の値上がりだったので、トランスのメーカーを替えて、部品が揃ったのが、確か今年の1月20日だったかな。結果的に予算もその間にアルバイトで稼ぐことができました。

そこからが早かった。ケースの穴あけ、部品の取り付けなど、もう何台目かの製作だったので、わずか数日というスピード。まあ、回路に取りかかる時に、完成図面が見当たらなかったり、不注意から真空管を1本割ってしまったりと、アクシデントもありましたけど、2月2日には出来ていました。最初未調整で試験的に音出しをしたときには、何だか物量を投入した割には、ちょっと低音も足りないかな、全体的にもう少し何とかならないかなという音だったんですが、それからブラッシュアップをしていて、昨夜はまた徹夜。

今日お昼頃に私が外出から帰ってきたら、部屋でなかなかいい音で鳴っていました。どこをどう変えたのかは「ひみつ」だそうですが、私的には、納得の音楽らしい音。いちおうNAS(HDD)からYAMAHA CD-N301を通して、300Bアンプ、自作の大型バックロードホーンのスピーカー(FE208-SolとT90A-Super)という構成です。スピーカーも昨年12月の完成なので結構なハイペース。私のOnkyo Scepter1001から出る音よりもいいんじゃないかと思えるくらいです。これからもうじきDACも入ってくるし、一度は私のと長男のと分離したオーディオを、昨日買ったライン・セレクター(Luxman AS-4III)を使ってまたつなげる計画があり、長男に任せてあります。楽しみ。これからはブログアップ用のシステムも臨機応変にいこうかと。

(2月12日追記)その後も、真空管を挿す部分がグラグラのがあって部品を替えたり、トランスの鳴りの原因を調べたりと、自作ならではの、ここで完成、ってのがないところに足を突っ込んでいるようです。

2018/02/04

I Am A Man/Ron Miles

Roniamaman
昨日、自分が参加させてもらっていた30分ほどのライヴが終わったのですが、仕事の繁忙期に差し掛かりつつも何とか少しずつでも更新していこうと思います。先に、ロン・マイルスの新譜を聴きます。と言いつつ、これも昨年10月発売のものの買いもらしです。スゴいメンバーなんですが、肩の力を抜いて演奏している感じで、盛り上がる場面もあることはありますけど、むしろ淡々とした印象を受けます。まあ、こういう微妙なバランスでの演奏ができるのも、このメンバーだからこそだと思います。でも、それを物足りないと思う人もいるかもしれませんね。聴いていて、かなり絶妙な演奏だという印象でしたけど、人によってさまざまな受け取り方はあるのかもしれないサウンドですね。


I Am A Man/Ron Miles(Cor)(Yellow Bird)(輸入盤) - Recorded December 2016. Brian Blade(Ds), Bill Frisell(G), Jason Moran(P), Thomas Mogan(B) - 1. I Am A Man 2. Darken My Door 3. The Gift That Keeps On Giving 4. Revolutionary Congregation 5. Mother Juggler 6. Jasper 7. Is There Room In Your Heart For A Man Like Me?

(18/02/04)全曲ロン・マイルスの作曲。何ともスゴいメンバーでの演奏。淡々と進行していく感じが強い。不思議なリズム感、浮遊感と多少のメカニカルさを持った、自由度の高い1曲目、空気感を持ちつつ、究極のゆったりバラードと思えるところからややフリー的に盛り上がりを見せたりメロディアスに進行したりする12分台の2曲目、やはり自由度の高いミディアムの4ビートながら、彼らならではのジャズを演奏する3曲目、ビート的には16に近いけど、もう少し空白があるようでスリリングな場面もフリーもある4曲目、少し薄暗い感覚でゆったり進んでいく5曲目、4ビートになりそうでならなそうで、むしろ色合いに比して軽さのある6曲目、ビート的には多少は小刻みで、メランコリックな雰囲気からの盛り上がりがいい7曲目。

«Joachim Kuhn Birthday Edition

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

メールアドレス

友人が運営しているサイト