掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

2018/12/17

キコエル 木村昌哉トリビュート/藤井郷子オーケストラ東京

Fujiikikoeru
月刊藤井郷子12月号。とうとう今年は毎月CDを出すというところで、その完結編まで来てしまいました。いろいろなフリージャズを聴くことが出来て、なかなか興味深かったです。まあ聴く人を選ぶということはありますが、好きな人には、今年のこの企画、けっこう楽しみだったんじゃないでしょうか。その12月号として、オーケストラ東京(何と今年8月の録音です)が出てきて、その過激な、そしてある意味荘厳なアルバムに仕上がっていて、うれしくなってしまいました。これだけ表現の幅の広い、何でもやってしまうフリージャズのピアニスト(時に指揮者、今年は時に作曲家)は他ではいないと思います。


キコエル 木村昌哉トリビュート/藤井郷子(Cond)オーケストラ東京(Libra Records)
Kikoeru Tribute To Masaya Kimura/Satoko Fujii(Cond) Orchestra Tokyo(Libra Lecords) - Recorded August 14, 2018. Sachi Hayasaka(Ss, As), Kunihiko Izumi(As), Kenichi Matsumoto(Ts), Daisuke Fujiwara(Ts), Ryuichi Yoshida(Bs), Matsuki Tamura(Tp), Yoshihito Fukumoto(Tp), Takao Watanabe(Tp), Yusaku Shirotani(Tp), Haguregumo Nagamatsu(Tb), Yasuyuki Takahashi(Tb), Toshihiro Koike(Tb), Toshiki Nagata(B), Akira Horikoshi(Ds) - 1. Amadare 2. Farewell 3. Kikoeru 4. Neppa 5. Stop And Go 6. Ah Dadada

全曲藤井郷子作曲。亡くなった木村昌哉(Ts)へのトリビュート。そういうところまで気にしなくても、曲として興味深いものが多い。当然フリー度はかなり高め。単音の繰り返し的なものからはじまり、それが強弱をつけながら発展していく、万華鏡を覗いているような感覚に陥る1曲目、ゆったりとしつつも、少々暗めで荘厳な感じもして高みへ登っていき、その後サックスとドラムスのバトルと、間のバックが時に入り盛り上がる17分台の2曲目、静かな場面から時折浮かび上がるビッグバンドが幽玄な表情を持ち、その後盛り上がる12分台の3曲目、出だしのテーマから勢いがあってベースが強調され豪快に突き進む4曲目、フリーでいながらロックビートもあってけっこう面白い5曲目、人の声と楽器が混ざる実験色の強い6曲目。(18年12月8日発売)

2018/12/16

XII/大西順子セクステット

Onishixii
12月に入ってくるアルバムが今日も、またいいですねえ。個人的ベスト3を11月締め切り、というのはもったいないかもしれない。今日のアルバムは大西順子の3管編成のセクステットのアルバム。もうここまでくると、彼女独自のサウンドの世界(楽曲は全員が提供しているにしても)ではないかなあ、と思います。拍子とか3管のハーモニーに深入りするとちょっと難しい感じがあるので、今回はあくまでも流れていくというか、進んでいくにまかせて聴いていましたけど。いろいろな曲があるので、変化に富んでいるのもいいですね。でもやはり現代ジャズはこういう方向なのかな。少し聴く人を選ぶかもなあ、なんてことも思いました。


XII/大西順子(P、Key)セクステット(Somethin' Cool)
XII/Junko Onishi(P, Key)Sextet(Somethin' Cool) - Recorded August 29 and 30, 2018. Akihiro Yoshimoto(Ts, Fl), Miki Hirose(Tp, Flh), Yuzo Kataoka(Tb), Yosuke Inoue(B), Shinnosuke Takahashi(Ds) - 1. One Lap Beyond 2. Falling Rocks 3. Apple Of My Eye 4. Dr. Pu! Poon 5. Baby I'm Yours 6. July 7. Teenager 8. Dark Chime 9. Head Towards The Light 10. Cura De Gatos 11. Unity 1 12. Remembering Spring

大西順子作が3、7曲目、全員の曲が11曲目、広瀬未来作が1、6、12曲目、吉本章紘作が2、8曲目、井上陽介作が4-5曲目、片岡雄三作が10曲目、高橋信之介作が9曲目と全員がまんべんなく曲を提供。曲の感じも3管の良さを生かしながら、サウンド的には新しめ。響き的には懐かしい部分もありますが、拍子とかハーモニーを聴いていると、けっこうな難曲なのでは、とも思わせます。ゴリゴリと、時にラテンやボッサ的に、時にスマートなバラードで、ロックビート的な曲もあったりと。カッコいい今のジャズの演奏が12曲60分ほど続きます。ジャズにしては曲を短めに凝縮した感じがスタジオ録音としてはいいかも。2曲目のようにフェンダーローズなどのエレキピアノを使っている曲も多め。とにかく表現の幅が広いです。(18年12月5日発売)

2018/12/15

館山のコンコルドの佐久間さん、亡くなられる

150505concorde
150505concorde2
150505concorde3
昨日、知り合いから訃報が飛び込んできました。千葉県館山にある、コンコルドという、真空管アンプの聖地でもあり、ハンバーグがおいしいお店の佐久間駿さんが亡くなられたとのこと。ご冥福をお祈り申し上げます。

コンコルドに行ったのは意外に古く、’98年から館山にあったSTEPという片桐さん経営のCDショップ(’09年に閉店)と通販の取引をはじめ、1か月に1-2回、国内盤を送ってもらってました。そして何年かに1回、直接買い付けに車で行ったりもして、その時に片桐さんからお昼をごちそうになったのがコンコルドのハンバーグでした。お店のメニューはこのハンバーグだけ。片桐さんは佐久間さんと友人で、都内でアンプ試聴会がある時は、お手伝いをされていたこともよくありました。真空管アンプでお店の半分ぐらいを埋め尽くす、ってけっこう変わったお店でしたが、そこが世間で言われるところの真空管アンプの聖地と知ったのはもっと後のこと。実は今回の訃報も、片桐さんからでした。

私の長男も真空管アンプを作るようになったので、’15年の5月に彼を連れて、アンプ試聴会にコンコルドまで行ってきました。その時の経験、だいぶインパクトがあったんじゃないかな。私が確かその時で4-5回目の訪問で、試聴会の時に行くのは初めてでした。その後も彼の大学のオーディオ研究会(今はそれもなくなりましたが)の合宿ついでに寄らせてもらい、特別に試聴会をやってもらったりしてました。

影響力のあった人のようで、若い頃から雑誌に寄稿、本も出版したりしていたそうですが、お亡くなりになったことで、真空管アンプというものもまた、業界的にもマスコミ的にも変わっていくんだろうなと思います。

2018/12/13

トリロジー2/チック・コリア・トリオ

Chicktrilogy2
最近更新間隔が開いてますが、今月1日に2時間も人前で演奏をやったのはアマチュアには体力的にも精神的にもけっこう負担でしたし、その後じわじわと仕事の繁忙期が来てます。昔は平気だったのだけど、やはり歳ですかねえ。今日のアルバム、まるでアルバムコメントになってません。ただ、個人的に11月までに聴いたアルバムということでベスト3を決めてますが、それを取っ払って12月までにしてしまえば、このアルバムが今年のベスト3に食い込んでいる可能性がだいぶ高いです。来年に持ち越しかな。まあ、とりあえずは聴いてみてくださいということで(現時点では日本盤しかないのがちょっと残念ですけど)。


トリロジー2/チック・コリア(P)・トリオ(Universal)
Trilogy 2/Chick Corea(P), Christian McBride(B), Brian Brade(Ds)(Universal) - Recorded October 3 and 11, December 3, 2010, November 16 and 23, 2012, June 21, 28 and 30 , July 7 and 26, 2016. - 1. How Deep Is The Ocean 2. 500 Miles High 3. Crepuscule With Nellie 4. Work 5. But Bueautiful 6. La Fiesta 7. Eidertown 8. All Blues 9. Pastime Paradise 10. Now He Sings, Now He Sobs 11. Serenity 12. Lotus Blossom

CD2枚組のライヴで、収録時期もいろいろ。このメンバーでのベストの演奏を集めたという感じ。チック・コリア作が2、6、10曲目に合って、その間をスタンダートやジャズメン・オリジナルがあるという内容。セロニアス・モンクの曲も3、4曲目にあります。スティーヴィー・ワンダーの曲も9曲目に。正攻法で行って、なおかつコリアのカチッとしたジャストな感覚はあるし、音もいいしで、2枚組なのにあっという間に聴いてしまった印象。やはりこのメンバーは最強なんじゃないかと思えるほどです。彼のラテンフレイバーを残しつつ、音も良いので、どの曲をどうかというよりも、あっという間に2枚組を聴いてしまったという印象。やはり一流のミュージシャンはこういうサウンドになるんだなという印象。非の打ちどころが見つからないです。(18年12月5日発売)

2018/12/11

今年買ったCDの枚数

今年もそろそろ今年買ったCDの枚数を数える時期になってきました。12月の入荷予定は少なく、だいたいわかってますので加味します。枚数に変更があれば、書き換えていきます。

今年1-6月

国内盤 20枚(井筒香奈江新譜旧譜CD9枚含む)
輸入盤 27枚
ECM輸入盤 21枚
中古盤 3枚

計 71枚

今年7-12月

国内盤 13枚
輸入盤 20枚
ECM輸入盤 19枚
DVD   1枚(ECMです)

計 53枚

1-12月

国内盤 33枚(井筒香奈江新譜旧譜CD10枚と藤井郷子新譜12枚含む)
輸入盤 47枚
ECM輸入盤 40枚
中古盤  3枚
ECMのDVD 1枚

計 124枚

というわけで、例年より国内盤が多かったかな。ECMは例年50枚ぐらい出てたので、減りました(とはいえ21枚組BOXも1枚と数えてるんですが)。来年はもっと減らさなきゃ。

2018/12/10

The Art Ensemble Of Chicago And Associated Ensembles

2630
ECMの21枚組CDBOXが届きました。実は未発表録音などはないようなので、買おうかどうか迷ったんですけど、某通販でかなり安い値段の表記の時があったので、手を出してしまいました。要するに、2日前に届いてはいるのですが聴いてないのです(笑)。でも、まとめてシカゴの前衛のアート・アンサンブル・オブ・シカゴとそのメンバーのECM作品を聴いてみるにはいい機会だし、何せ限定6千BOXということで、入手して良かったです。でも、CDがチャンと入っているか、音は普通に出るのかの確認だけは急がないと。けっこうヘヴィーなアルバムもあるので万人におススメするというわけにはいきませんけれども、聴いてみるといいかもなあ、とも思います。


The Art Ensemble Of Chicago And Associated Ensembles(ECM 2630)(輸入盤) - Nice Guys/Art Ensemble Of Chicago(ECM) - Recorded May 1978. Lester Bowie(Tp, etc.), Joseph Jarman(Sax, etc.), Roscoe Mitchell(Sax, etc.), Malachi Favors Maghostus(B, etc.), Famoudou Don Moye(Per, etc.) - 1. Ja 2. Nice Guys 3. Folkus 4. 597-59 5. Cyp 6. Dreaming Of The Master Full Force/Art Ensemble Of Chicago(ECM) - Recorded January 1980. Lester Bowie(Tp, etc.), Joseph Jarman(Sax, etc.), Roscoe Mitchell(Sax, etc.), Malachi Favors Maghostus(B, etc.), Famoudou Don Moye(Per, etc.) - 1. Magg Zelma 2. Care Free 3. Charlie M 4. Old Time Southside Street Dance 5. Full Force Urban Bushmen/Art Ensemble Of Chicago(ECM) - Recorded May 1980. Lester Bowie(Tp, Bass Ds, Long Horn, Vo), Joseph Jarman(Sopranino, Ss, As, Ts, Bs, Bass Sax, Vo, Bcl, Cl, Bassoon), Roscoe Mitchell(Ss, As, Ts, Bs, Bass Sax, Piccolo, Fl, Bongo, Conga, Cl, Bamboo Fl, Gongs, Glockenspiel, Whistles, Bells, Pans, Vo), Malachi Favors Maghostus(B, Per, Melodica, Bass Pan Ds, Vo), Famoudou Don Moye(Trap Ds, Bendir, Bike Horns, Whistles, Comga, Tympani, Chekere, Conch Shell, Long Horn, Elephant Horn, Gong, Cymbal, Chime, Wood Blocks, Belafon, Cans, Bass Pan Ds, Vo, etc) - 1. Promenade: Cote Bamako 1 2. Bush Magic 3. Urban Magic a) March b) Warm Night Blues Stroll c) Down The Walkway d) Rm Express 4. Sun Precondition Two a) Soweto Messenger b) Bushman Triumphant c) Entering The City d) Announcement Of Victory 5. New York Is Full Of Lonely People 6. Ancestral Meditation 7. Uncle 8.Peter And Judith 9. Promenade: Cote Bamako 2 10. Odwalla/Theme The Third Decade/Art Ensemble Of Chicago(ECM) - Recorded June 1984. Lester Bowie(Tp, Flh, Bass Ds, Cymbal Rack.), Joseph Jarman(Sax, Bcl, Fl, Per, Synth, etc.), Roscoe Mitchell(Sax, Fl, Per, etc.), Malachi Favors Maghostus(B, Per, Melodica, etc.), Famoudou Don Moye(Per, etc.) - 1. Prayer For Jimbo Kwesi 2. Funky AECO 3. Walking In The Moonlight 4. The Bell Piece 5. Zero 6. Third Decade Divine Love/Leo Smith(Tp, Flh, Per, etc)(ECM) - Recorded September 1978. Dwight Andrews(Afl, Bcl, Ts, etc), Bobby Naughton(Vib, etc), Charlie Haden(B), Lester Bowie(Tp), Kenny Wheeler(Tp) - 1. Divine Love 2. Tastalun 3. Spirituals: The Language Of Love The Great Pretender/Lester Bowie(Tp)(ECM) - Recorded June 1981. Hamiet Bluiett(Bs), Donald Smith(P, Org), Fred Williams(B), Phillip Wilson(Ds), Fontella Bass(Vo), David Peaston(Vo) - 1. The Great Pretender 2. It's Howdy Doody Time 3. When The Doom (Moon) Comes Over The Mountain 4. Rios Negroes 5. Rose Drop 6. Oh, How The Ghost Sings All The Magic!/The One And Only/Lester Bowie(Tp, etc)(ECM) - (All The Magic!) - Recorded June 1982. Ari Brown(Ts, Ss), Art Matthews(P), Fred Williams(B), Phillip Wilson(Ds), Fontella Bass(Vo), David Peaston(Vo) - All The Magic 1. For Louie 2. Spacehead 3. Ghosts 4. Trans Traditional Suite 4. Let The Good Times Roll The One And Only (The One And Only) - 1. Organic Echo 2. Dunce Dance 3. Charlie M. 4. Thirsty? 5. Almost Christmas 6. Down Home 7. Okra Influence 8. Miles Davis Meets Donald Duck 9. Deb Deb's Face 10. Monkey Waltz 11. Fradulent Fanfare 12. Organic Echo(Part 2) I Only Have Eyes For You/Lester Bowie's(Tp) Brass Fantasy(ECM) - Recorded February 1985. Stanton Davis(Tp, Flh), Malachi Thompson(Tp), Bruce Purse(Tp, Craig Harris(Tb), Steve Turre(Tb), Vincent Chancey(French Horn), Bob Stewart(Tuba), Phillip Wilson(Ds) - 1. I Only Have Eyes For You 2. Think 3. Lament 4. Coming Back, Jamaica 5. Nonet 6. When The Spirit Returns Avant Pop/Lester Bowie's Brass Fantagy(Tp)(ECM) - Recorded March 1986. Stanton Davis(Tp), Malachi Thompson(Tp), Rasul Siddik(Tp), Steve Turre(Tb), Frank Lacy(Tb), Vincent Chancey(French Horn), Bob Stewart(Tuba), Phillip Wilson(Ds) - 1. The Emperor 2. Saving All My Love For You 3. B Funk 4. Blueberry Hill 5. Crazy 6. Mocho (Dedicated To Machito), 7. No Shit 8. Oh, What A Night Tribute To Lester/Art Ensemble Of Chicago(ECM) - Recorded September 2001. Roscoe Mitchell(As. Ts, Ss, Sopranino Sax, Bass Sax, Fl, Whistles, Per), Malachi Favors Moghostut(B, Bells, Whistles, Gongs), Famoudou Don Moye(Ds, Congas, Bongos, Counsel Ds, Bells, Whistles, Gongs, Chimes) - 1. Sangaredi 2. Suite For Lester 3. Zero/Alternate Line 4. Tutankhamun 5. As Clear As The Sun 6. He Speaks To Me Often In Dreams Nine To Get Ready/Roscoe Mitchell(Ss, Ts, Fl, Vo)(ECM) - Recorded May 1997. Hugh Ragin(Tp), George Lewis(Tb), Matthew Shipp(P), Craig Taborn(P), Jaribu Shahid(B, Vo), William Parker(B), Tani Tabbal(Ds, Jimbe, Vo), Gerbel Cleaver(Ds) - 1. Leola 2. Dream And Response 3. For Lester B 4. Jamaican Farewell 5. Hop Hip Bir Rip 6. Nine To Get Ready 7. Bessie Harris 8. Fallen Heroes 9. Move Toward The Light 10. Big Red Peaches Composition/Improvisation Nos. 1,2&3/Roscoe Mitchell(As)(ECM) - Recorded September 2004. Evan Parker(Ts, Ss), Anders Svanoe(As, Bs), Corey Wilkes(Tp, Flh), John Rangecroft(Cl), Neil Metcalfe(Fl), Nils Bultmann(Viola), Philipp Wachsmann(Vln), Marcio Mattos(Cello), Craig Taborn(P), Jaribu Shahid(B), Barry Guy(B), Tani Tabbal(Ds, Per), Paul Lytton(Ds, Per) - 1.-1 2.-2 3.-3 4.-4 5.-5 6.-6 7.-7 8.-8 9.-9 Boustrophedon (In Six Furrows)/Evan Parker(Ss)(ECM) - Recorded September 2004. Roscoe Mitchell(As, Ss), Andrews Svanoe(As), John Rangecroft(Cl), Neil Metcalfe(Fl), Corey Wilkes(Tp, Flh), Nils Bultmann(Viola), Philipp Wachsmann(Vln), Marcio Mattos(Cello), Craig Taborn(P), Jaribu Shahid(B), Barry Guy(B), Tani Tabbal(Ds, Per), Paul Lytton(Ds, Per) - 1. Overture 2. Furrow 1 3. Furrow 2 4. Furrow 3 5. Furrow 4 6. Furrow 5 7. Furrow 6 8. Finale Far Side/Roscoe Michell(Sax, Fl) And The Note Factory(ECM) - Recorded March 17, 2007. Corey Wilkes(Tp, Flh), Craig Taborn(P), Vijay Iyer(P), Jaribu Shahid(B), Harrison Bankhead(B, Cello), Tani Tabbal(Ds), Vincent Davis(Ds) - 1. Far Side / Cards / Far Side 2. Quintet 2007 A For Night 3. Trio Four For Eight 4. Ex Flover Five Bells For The South Side/Roscoe Mitchell(Sopranino, Ss, As, Bass Sax, Fl, Piccolo, Bass Recorded, Per)(ECM) - Recorded September 2015. James Fei(Sopranino, As, Contra-alto Cl, Electronics), William Winant(Per, Tubular Bells, Glockenspiel, Vib, Marimba, Roto Toms, Cymbals, Bass Drum, Woodblocks, Timpani), Hugh Ragin(Tp, Piccolo Tp), Tyshawn Sorey(Tb, P, Ds, Per), Craig Taborn(P, Org, Electronics), Kikanju Baku(Ds, Per), Jaribu Shahid(B, Bass Guitar, Per), Tani Tabbal(Ds, Per) - 1. Spatial Aspects Of The Sound 2. Panoply 3. Prelude To A Rose 4. Dancing In The Canyon 5. EP 7849 6. Bells For The South Side 7. Prelude To The Card Game, Cards For Drums, And The Final Hand 8. The Last Chord 9. Six Songs And Two Woodblocks 10. R509A Twenty B 11. Red Moon In The Sky/Odwalla New Directions/Jack DeJohnette(Ds, P)(ECM) - Recorded June 1978. John Abercrombie(G, Mandolin), Lester Bowie(Tp), Eddie Gomez(B) - 1. Bayou Fever 2. Where Or Wayne 3. Dream Stalker 4. One Handed Woman 5. Silver Hollow Jack DeJohnette(Ds, P) New Directions In Europe(ECM) - Recorded June 9, 1979. John Abercrombie(G), Lester Bowie(Tp), Eddie Gomez(B) - 1. Salsa For Eddie G. 2. Where Or Wayne 3. Bayou Fever 4. Multo Spiliagio Made In Chicago/Jack DeJohnette(Ds)(ECM) - Recorded August 29, 2013. Henry Threadgill(As, Bfl), Roscoe Mitchell(Sopranino, Ss, As, Baroque Fl, B-Recorder), Muhal Richard Adams(P), Larry Gray(B, Cello) - 1. Chant 2. Jack 5 3. This 4. Museum Of Time 5. Leave Don't Go Away 6. Ten Minutes

(18/12/10)限定6千BOXの21枚組CDセット。既発盤のBOXでアート・アンサンブル・オブ・shぎカゴのグループ名義、その各メンバーが参加したアルバムと、ECMの集大成的な内容になっています。ECM 1126, 1167, 1211/12, 1273, 1143, 1209, 1246/47, 1296, 1326, 1808, 1651, 1872, 1873, 2087, 2494/95, 1128, 1157, 2392。シカゴの前衛ジャズの面々なので、聴くのに覚悟を要するアルバムもありますが、その割にはグループの名義でのユーモラスな場面もあったり、なぜかレスター・ボウイが参加しているということで、「New Directions」名義のアルバムが入っていたりします。ただ、未発表音源等はない模様で、既にひととおり聴いた身にとっては、いつこれを聴くか、という問題がつきまといます。とりあえずは限定販売なので。

2018/12/05

井筒香奈江さんのこと(今年のベスト3にちなんで)

今年のベスト3に井筒香奈江さんのグループのアルバムをあげましたけど、知らない方も多いだろうと思います。ジャズの曲も歌いますけど、彼女のアルバムの一連のシリーズ「時のまにまに」では、ニューミュージックやJ-POPをシンプルに歌い上げていて、ジャズヴォーカルととらえると、少し方向が違うかな、という気もしています。今回のアルバムの中ではたぶんはじめて、オリジナル曲を取り上げてますが、その2曲がYouTubeに上がっていたので、聴きたい方は聴いてみてください。



そして彼女の連作、「時のまにまに」シリーズから1曲。「ひこうき雲」

2018/12/03

Lebroba/Andrew Cyrille

2589
11月末近くなってECMの新譜が1枚届いていて、自分たちのライヴも終わったので聴いてみました。実はアルバムを聴く前にプロデューサーはマンフレート・アイヒャーではなくてSun Chungということは知っていた(彼はアイヒャーの後継者とされる)し、私もフリージャズは割と聴いていて好きな方ではあるのですが、このアルバムを聴いて、アイヒャーのような、何かもう一つのマジックのようなものが足りない、と思いました。果たしてブラインドでそこまで判定できるかどうかは分かりませんけど。せっかくこれだけのメンバーを集めているわけだし。個人的には、アイヒャーが引退した時が、自分のECM追っかけの終わりの時かなあ、と漠然と考えてます。


Lebroba/Andrew Cyrille(Ds)(ECM 2589)(輸入盤) - Recorded July 2017. Wadada Leo Smith(Tp), Bill Frisell(G) - 1. Worried Woman 2. Turiya: Alice Coltrane - Meditations And Dreams: Love 3. Lebroba 4. TGD 5. Pretty Beauty

(18/12/02)3人のインプロヴィゼーションが4曲目、Andrew Cyrille作が3、5曲目、Wadada Leo Smith作が2曲目、ビル・フリゼール作が1曲目。フリー・インプロヴィゼーションに近い語り合い、というような趣きで、静かで少しとっ散らかったようなサウンドが興味深い。それでいて1曲目などは、トランペットのちゃんとしたメロディが浮かぶ部分も多い。小刻みなドラムスと、例によって例のごとくのギターとの組み合わせ。2曲目は何となく愁いのあるアフリカを思い起こすようなサウンドが17分間。こういう演奏もアリだと思いますが、自由過ぎて空間表現の融合が今ひとつのような気も。おおむねゆったりした演奏が続きますが、4曲目のように、やや激しめな曲も。ミキシングで少し抑えている感じ。ここが、と言うのがちょっと難しい。

2018/12/02

昨日はライヴハウスで演奏してきました

1538583
昨日、三軒茶屋のGrapefruit Moonというライヴハウスで、ライヴをやってきました(昼の部)。満員のお客さんで少々緊張気味。この時は、最初にオリジナル曲とプログレをやる「Another Side」という4人組のバンドと、ニューミュージック系の曲をやるコーラスが特徴の「The Voices」という6人組のバンドが出演。ところが最初の4人組がそのまま6人組と掛け持ちなので、ベースの私は2部2時間ほどを出ずっぱりということで、体力を消耗しました(笑)。アマチュアなので、これで3か月の練習期間というのはけっこうきつかったです。

で、本番、まあ、うまくいったのですが、それでも間違いは数々あれど(笑)。来てくださった方々からは良かったと言ってくださっているので、それが幸いというか何というか。無料のコンサートではないので(無料だからと言って手を抜くわけではないですが)、力が入りました。これもライヴの運営を積極的に進めてくれるメンバーの方や、お手伝いをしてくれている方がいてくれてこそのライヴなので、来てくださった方々もそうですが、感謝です。

ところで、ベースが安定している、という評価も複数の方からいただいていてうれしいです。これは、他のベースの人をあまり見てないので(CD出すような人は別格ですし)、よく分からないのですけど、あまり派手なことはしないことは確かですね。

あとはベースの音がいい、とのことですが、これはベースはDIを通して音が直接ミキサーに行ってしまうので、Atlier ZとかMoonとかの、新品で買えば20万円台くらいのベースを中古で狙っていたのを使っているからかもしれません。アクティヴ・ベースで、素性がいいですし。昨日使ったのはAtelier Zですが、これがネックが季節によって調整が必要なのがちょっと手間ですけど。ネックが動かないものは、動かないものなんですけどねえ。

何より、繁忙期を前に一段落ついて、ホッと一息です。見に来てくださった方々、ありがとうございました。

2018/11/26

Franz Schubert/Die Nacht/Anja Lechner/Pablo Marquez

2555
ECM New Series2日目で一段落。ちょっとやることがあったので聴きながら。それほどに聴きやすいアルバムです。外ジャケにはAn ECM Productionとあり、アイヒャーの名前が無かったのですが、中ジャケにはしっかりプロデューサーとしてクレジットされています。今までは持ち込み音源かどうか、外ジャケで判断していたのですが、こういう例もいくつか出ているので、油断はできないですね(笑)。とにかく聴きやすいアルバムなので、どこかで耳にしていてもいいんじゃないかな、と思います。ピアノではなくて、ギターのシューベルト、けっこういいですね。これも検索するとそんなには珍しくないようではあります。


Franz Schubert/Die Nacht/Anja Lechner(Cello)/Pablo Marquez(G)(ECM New Series 2555)(輸入盤) - Recorded November 2016. - Friedrich Burgmuller: 1. Nocturne Nr.1 In A-Moll Franz Schubert: 2. Nacht Und Traume Friedrich Burgmuller: 3. Nocturne Nr.3 In C-Dur Franz Schubert: 3. Der Nicht 4. Der Leiermann 6-8. Sonate In A-Moll "Arpeggione" 9. Fischerweise 10. Meeres Stille Friedrich Burgmuller: 11. Nocturne Nr.2 In F-Dur Franz Schubert: 12.Romanze Friedrich Burgmuller: 13. Nocturne Nr.1 In A-Mol

(18/11/25)フランツ・シューベルトは19世紀オーストリアの作曲家、Friedrich Burgmullerは19世紀ドイツの作曲家。ここではシューベルトの楽譜も、チェロとギター版を使っていて、当時はピアノ版よりも先に出ていたそうです。「夜」を中心に、ブルグミュラーの「ノクターン」を間に入れて、全編にわたり聴きやすく、穏やかな時間が過ぎていきます。ドイツのチェリストとアルゼンチンのギタリストも相性は良く、不思議な色彩感覚があります。

«Beethoven/Liszt/Till Fellner/In Concert

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メールアドレス

友人が運営しているサイト